« 志賀高原と音楽 | トップページ | パピオンの子育て大変4 »

2006年7月17日 (月)

北朝鮮への安保理決議

今回の日本の外交は大正解だったと思う。戦後の日本の外交では特筆する出来事だったと思う。アメリカと中国の間に立って上手に立ち回ったと思う。北朝鮮は日本の動きを完全に読み間違えてしまったのでは。今までの日本の動きでは考えられなかったのではないだろうか。やはりこれからは日本の安全保障には外交が一番重要だ。不幸にして5年間の小泉の外交で失われたものを早く取り返さないと大変なことになる。今の外務官僚でも、やる気になれば出来るんだから、がんばってもらいたい。常任理事国になろうなんて馬鹿なことは考えないで、地道に動いていれば自然と転がり込んでくる。日本は平和憲法と医療や災害時の国際援助などで世界に貢献できるはずだ。いままで考え方・やり方が間違えていたのではないだろうか。

これ以上の国連決議を日本が求めた場合は、日本としては本気で戦争を決意するしかない。世界第2位の国防予算を持つ国としては、一度やってみたい人が多いのでは?怖いことです。今回は中国や韓国それとロシアは日本の変わりようにビックリしているのではないでしょうか?

本気で日本が平和憲法を捨てる時に何が起きるのか。一番心配しているのはアメリカの国務省ではないだろうか。今回の北朝鮮の国連大使を見ていると、戦前の日本が国際連盟を脱退した時の松岡大使とダブって見えます。

« 志賀高原と音楽 | トップページ | パピオンの子育て大変4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/2686218

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮への安保理決議:

« 志賀高原と音楽 | トップページ | パピオンの子育て大変4 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ