« 昨日の花之江の郷 | トップページ | 見沼田んぼの彼岸花 »

2006年9月18日 (月)

秋の花

E9161802 彼岸花は曼珠沙華とも言われていて、秋の代表的な花なのです。しかし仏花とも言われているせいか昔から歌に歌われることのない花でした。こんなに目立つ花はないはずなのですが。桜の花は昔の農耕には大切な田植えを促す花でした。彼岸花は刈り入れを促す花ではなかったのでしょうか?曼珠沙華は御目出度いことが起きる前に天から赤い花が降ってくると言う仏教の経典に由来すると言われています。お隣の韓国では「相思華」と言われていて、花は葉を思い、葉は花を思うとの意味だそうです。

彼岸花を歌った歌は万葉集に僅か読み人知らずの1首だけです。

    道の辺の

  壱師(いちし)の花の

    いちしろく

  人皆知りぬ

  わが恋妻は

(意味)道端の壱師の花(彼岸花)は人目を引きますが、私の恋しい妻のことまで人に知られてしまいました。

E9161727 萩の花は昔からよく歌われている花で秋の花の代表選手です。万葉集の中で山上憶良は有名な秋の七草の歌を歌っています。

 


   萩が花

  尾花葛花

    なでしこの花

  女郎花また藤袴

  朝顔の花

この歌の朝顔の花は桔梗の花と言われている。

« 昨日の花之江の郷 | トップページ | 見沼田んぼの彼岸花 »

コメント

こんばんは。
この時期の花之江の郷もいろいろな花が咲いているのですね。彼岸花ももう少しですね。
私の記憶が間違っていなければ、彼岸花って、食べられるんですよね(花なのか根なのか分かりません)。ただ、あく抜きをしないと毒があるので・・・稲の育ちが悪いときに重宝されたのでしょうかね。。

こんばんは~
お久しぶりです。いまだ直リンクからは入れませんが、どうにかコツを覚えました(笑)。
以前も書きましたが、フットワークが軽くて羨ましいです。
下のほうの照葉峡、去年通りました。
とても綺麗だったので、車を止めたかったのですが、
こちらはマイクロバスで駐車するスペースが見つからず通り過ぎました。
う~ん、残念!!(^^;

確か花言葉は「悲しい思い出」でしたよね。
意味深だなぁ(^^)

さんぽみちさん、今晩は。
詳しいですね。彼岸花の根に
リコリンと呼ばれる毒があり、
飢饉の時は水で良く晒して食べ
たそうです。それと根が田んぼ
の畦を強くするとも、根の毒が
モグラを寄せつけないとか言わ
れています。

isao isaoさん、今晩は。
照葉峡は本当に道が狭いですよ
ね。マイクロバスでは苦労した
でしょう。

ひろさん、今晩は。
花言葉は確かに「悲しい思い出」
です。お彼岸に咲く花だからで
しょうか?
古今集にも新古今集にも千載集
にも一首もないのです。西行の
山家集にあるかもしれませんが、
聞いたことがありません。不思議
な花です。やはり悲しい花なので
しょうか!

こんばんは(^^)
私はこのお花、一番大好きなのです。
なので、この季節になって咲いている姿を
見ると、とても嬉しくなります(^-^)♪
素敵なお花ですよね!
私も、早くたくさんの曼珠沙華を撮りたいです。
でも、時間との都合で難しいのですよね(^^;
会社休もうかなぁ。。。(^皿^)
二枚目のショット、ソフトタッチな感じが
とても幻想的で素敵です☆

chocorin2さん、お早うござい
ます。
彼岸花は本当に季節限定です。
あっと言う間に咲いてしまいます。赤い色はデジカメではなか
なか難しい色です。巾着田のよ
うに大群生の彼岸花も良いです
が、田の畦に数本まとまって咲
いているのも素敵です。巾着田
は大混雑ですからたどり着くの
が大変です。高麗神社あたりに
も咲いているはずです。やはり
一日コースですね。急に風邪を
引くか・・・・!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/3487111

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の花:

« 昨日の花之江の郷 | トップページ | 見沼田んぼの彼岸花 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ