« 昨日の花之江の郷 | トップページ | 昨日のさいたま市郊外 »

2006年9月11日 (月)

米国産牛肉と集団的自衛権

R0010652 先ほど吉野家へ昼御飯を食べに行ったところ店の前と中にポスターが貼ってありました。9/18に牛丼復活祭を1日だけやるそうです。皆さん食べますか?私は食べません。今まで吉野家の牛丼は沢山食べてきました。狂牛病の牛肉を知らずに食べてきています。発症するのは20年後当たりですか?そもそもアメリカ産牛肉の輸入再開には疑義があります。輸入再開に反対する専門委員が辞職するような牛肉を、何故輸入再開するのでしょうか?ポチの小泉が自己責任とのたまう愚かさ!人生色々、会社も色々・・・・。日本の総理大臣の発言する言葉ではないでしょう。国家とは国民の平和な生活かつ安全な生活を守るものではないでしょうか?アメリカのために牛肉の輸入は再開するが、責任は取れないから勝手に自己責任で食べてくださいと言う総理大臣がこの世の中に存在することが不思議!日本が牛肉の輸入再開をしなければ経済制裁を課すとの脅しをかけてくるアメリカは日本の本当の友好国なのでしょうか?

次期総理の安倍官房長官は集団的自衛権をアメリカなどと結ぼうと考えています。集団的自衛権は同盟国が理由の如何に関わらず、同盟国が交戦状態になった相手国に対し自動的に宣戦布告することなのです。つまり、アメリカのような戦争大好きな国が勝手に始める戦争の尻拭いで日本人の血を流すことなのです。同盟国になったらイラクのように陣地に籠って外に出ずに、陣地の中でジッとしていることは出来ないのです。最前線に出て殺し殺される世界に入ることなのです。現代の戦争はゲリラ戦ですから戦争から遠く離れている日本国内も当然戦場になります。小泉も滅茶苦茶な政治家でしたが、まだ安倍よりマシかもしれません。安倍には太平洋戦争を始めた血筋が流れているのです。私は太平洋戦争は仕掛けられた戦争だと思います。しかし、仕掛けられた戦争を防ぐ事が出来ず、また早く戦争を止めることが出来なかった結果、日本人をはじめ世界の人々に多数の犠牲者を出したことは大罪だと思います。アメリカ軍の無差別空爆や原爆は明らかに非戦闘員を殺すことが目的であり、これも戦争犯罪であると思います。東京裁判で敗戦国である日本が一方的に裁かれたことは不条理ではあると思いますが・・・。安倍は集団的自衛権をアメリカと結ぶために日本の憲法を改正しようとしているのです。与えられた憲法でも、世界に誇れる憲法ならば改正する必要はないでしょう。日本は平和憲法を前面に出して平和外交をしたほうが世界の国々の尊敬を得られると思います。日本は日本より凄い平和憲法を持っている中米のコスタリカを見習うべきかも知れません。

最近、小泉について呆れたことは、アメリカのプレスリーの生家でマスコミに対し「Love me Tender」と言った事です。さすがのブッシュもビックリした顔をしていました。英語が全く出来ないエセ慶応大学卒業生では考えられますが、この意味は「ベットの上で優しく愛撫してね~」って意味です。恥ずかしい!国辱ものです。

« 昨日の花之江の郷 | トップページ | 昨日のさいたま市郊外 »

コメント

こんにちは
 これだけ狂牛病の怖さが報道されても、「吉野家の牛丼でなければ」と親子で並ぶ方々がおられて、びっくりしました。
 ここだけでなく、何処の店や加工品に使われるのかわらないのが怖いですね。
 国産牛と偽って出回るかも知れないし・・・
 輸入しないのが一番です。

 「日本は敗戦後、国民を戦争でただの一人も殺していない」と言われたジャーナリストの大谷氏の言葉が忘れられません。
 誰がこの事を破ろうとしているのか、国民一人一人が知らなければいけない時に来ていますね。

ささゆりさんの仰るとおりです。大東亜共栄圏の時代に似てきています。2.26事件の時の政治環境や経済環境が非常に似てきています。格好良いパフォーマンスがもてはやされ、常識的なマスコミが沈黙をする時代。言論には暴力で。非常に似ています。

こんばんは。

米国産牛肉輸入再開・・・
あるアンケートによると、国民の約6割が輸入再開に反対、約4割が賛成という結果が出ています。
因みに、禁輸している間7割の方が別に困らなかったとも。

では何故、危険承知で輸入再開するのでしょうか?
やはり米国による政治的圧力&大統領来日のお土産なのでしょうかね。
国民の食の安全より、米国との関係を優先する日本の総理。どうかしてます。


私事で恐縮ですが、実は私牛肉が大の苦手です。吉野家さんには一度も入ったことが御座いません。

まーぼーさん、今晩は!
何か日本がおかしくなってきているように思えるのです。昔から総理大臣は言葉を大事にしてきたと思います。説明責任を放棄した軽い言葉は歴代の総理大臣はしませんでした。小泉の言葉がいい加減なのは責任放棄です。それが持て囃されるのは日本人の民主主義の放棄です。怖い時代になって行く前兆でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/3400807

この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉と集団的自衛権:

« 昨日の花之江の郷 | トップページ | 昨日のさいたま市郊外 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ