« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

伊豆の修善寺

11/25に修善寺へ行って来ました。混雑する場所なのでワンちゃん達は伊豆高原の家に置いて来ました。今年の修善寺の紅葉は遅れていたそうですが、数日前からの冷え込みで一気に始まったようです。昨年も11/23に行って最盛期でした。今年もほぼ同じ状態でした。

修善寺は相変わらず沢山の人出でした。あまりの混雑に人物を入れないで撮るのが非常に難しかったです。富士山は修善寺への途中の伊豆スカイラインからです。お墓は暗殺された2代将軍源頼家の墓と、頼家が殺された後、叛乱を図り殺された頼家の側近13士の墓です。

Pb258178Pb258186 Pb258187 Pb258189 Pb258190 Pb258191 Pb258196 Pb258200 Pb258201 Pb258202 Pb258203 Pb258208 Pb258209 Pb258210 Pb258212 Pb258214 Pb258218 Pb258224 Pb258226 Pb258231 Pb258233 Pb258234 Pb258235 

2006年11月29日 (水)

白浜神社&下田市

11/24白浜神社と下田市へ行って来ました。白浜神社は伊豆半島で一番古い神社です。下田市はアメリカのペリー提督の来航により開港地となり、ハリスが領事館をはじめて開いた土地です。またロシアの使節プチャーチン提督が軍艦ディアナ号で来航した地でもあります。町並は、白黒のコントラストの美しいなまこ塀で有名です。なかなか風情がある街だと思います。

白浜神社Pb247946 Pb247950 Pb247951 Pb247945 Pb247957 Pb247959 Pb247960 Pb247962









下田市街

Pb247965 Pb247966 Pb247976 Pb247968 Pb247970 Pb247971 Pb247975 Pb247977 Pb247981 Pb247982 Pb247984 Pb247986 Pb247989 Pb247990 Pb247993 Pb247996 Pb247998 Pb247999 Pb248000 Pb248004

2006年11月28日 (火)

伊東市一碧湖

11/24&25に一碧湖へ行ってきました。紅葉は進んでいるような進んでいないような?一碧湖は道路で二つに分かれています。普通は大きな方を一碧湖と呼んでいますが道路の反対側にも少し小さい沼があります。沼の回りには遊歩道がついていますが普段はあまり人が行かないところです。この沼は野鳥の宝庫です。最初の2枚がこの沼の画像です。残りは25日の早朝の一碧湖です。一碧湖の欠点は無料駐車場の狭さです。少し市役所も考えてくれると良いのですが。

Pb247935 Pb247940 Pb258103 Pb258107_1 Pb258118 Pb258119 Pb258121 Pb258123 Pb258126 Pb258127 Pb258131 Pb258132 Pb258134 Pb258136 Pb258138 Pb258141 Pb258145 Pb258147 Pb258150 Pb258159 Pb258161 Pb258163 Pb258165 Pb258171 Pb258173

2006年11月27日 (月)

伊豆のバガテル公園の秋

11/23河津町のバガテル公園に行って来ました。バガテル公園はパリのバガテル公園を模写したフランス風公園です。春のバラが有名です。秋のバラは花数は少ないのですが色は深みがあるように思います。ここの公園の秋はバラも良いですが公園の中の紅葉も建物とマッチして、フランスの田舎にいるような感じでとても綺麗です。テラスで食事やお茶も出来ますのでワンちゃんを連れても楽しいですよ。

今回の伊豆行きは悪天候の予報だったのでE-1を持って行きました。

Pb237819 Pb237820 Pb237821 Pb237826 Pb237832 Pb237833 Pb237839 Pb237841 Pb237844 Pb237848 Pb237850 Pb237852 Pb237855 Pb237867 Pb237868 Pb237875 Pb237876 Pb237877 Pb237879 Pb237885  

Pb237891 Pb237887_2 Pb237891_1 Pb237893 Pb237894 Pb237895 Pb237905 Pb237906 Pb237910

2006年11月26日 (日)

さいたま新都心

11/22さいたま新都心のけやき広場のイルミネーションを撮りに行って来ました。イルミネーションを撮るのは本当に久しぶりです。上手く撮れませんね!難しいです。

先程、3泊4日で伊豆高原から帰ってきました。伊豆も一気に紅葉が始まってきました。今年の紅葉は例年より遅れていて、色が少し悪いように感じられました。今回は少し足を伸ばし河津から下田へ回ってきました。CFからパソコンへデーターを移して、RawからJpegへの現像に時間がかかります。何とかもっと早くならないでしょうか!

Eb226475 Eb226480 Eb226489 Eb226491 Eb226500 Eb226502 Eb226505 Eb226507 Eb226512 Eb226514 Eb226515 Eb226519 Eb226523 Eb226527

Eb226484_3 踊る少年

Eb226496_1 語らい

2006年11月23日 (木)

11/21大宮の氷川神社

一昨日、時間が少し空いたのでカメラバックを担いで大宮氷川神社へ行って来ました。紅葉にはまだ早いです。大宮の氷川神社は武蔵野国一宮です。もともと大宮区高鼻の氷川神社は男体神社で、女体神社は緑区宮本の氷川女体神社にあり、二神社の中間に位置する見沼区中川の中山神社を王子社として、三社一体で武蔵野一宮の氷川神社としていたらしいです。大昔、旧神主家の西角井家は出雲系で承平天慶の乱の平将門の乱の原因を作ったと言われ、平将門側についた足立郡司武蔵武芝の子孫といわれています。昔の話ですから良く分かりません。昔から神主家(武蔵野国造家)は五家あったとされています。

参道の一番奥にある東角井家(神主家97代目)

Eb216372 Eb216373 Eb216374_1 Eb216375_1 Eb216380_1 Eb216381_1











大宮氷川神社

Eb216395_1 Eb216398_1 Eb216400 Eb216401_1 Eb216408_1 Eb216413_1 Eb216414_1 Eb216415_1 Eb216416_1 Eb216419_1 Eb216429_1 Eb216431_1 Eb216440_1 Eb216442_1 Eb216446_1

Eb216456_1_1 Eb216453_1_1

Eb216463_1 Eb216466_1 Eb216470_1 Eb216473_1

2006年11月22日 (水)

11/18栃木県黒羽&烏山

雲巌寺の後に黒羽城址から烏山の落合と龍門の滝へ行って来ました。黒羽城址の紅葉は今年は色も悪そうでパッとしていません。烏山の落石は紅葉で有名ですが色が少しおかしい色でした。龍門の滝は少し始まっていましたが色があまり良くありませんでした。これからが紅葉の本格的な季節ですので少しは良くなるかと思いますが!今年はあまり期待できないかもしれません。

黒羽城址

Eb186307 Eb186308 Eb186309 Eb186311 Eb186313 Eb186315 Eb186317

Eb186320_1 Eb186321_1 Eb186322_1 Eb186324_1











黒羽から烏山までの道で

Eb186325_1 Eb186327 Eb186331








烏山落石

Eb186335 Eb186344







烏山龍門の滝

Eb186345 Eb186346 Eb186347 Eb186350 Eb186354 Eb186359 Eb186360 Eb186361 Eb186368 Eb186370

2006年11月21日 (火)

11/18栃木県黒羽町雲巌寺2

雲巌寺の昨日の続きです。境内に入る前の約200mほどの道路沿いの山モミジは見事です。あと1週間ほど経てば素晴らしい紅葉になると思います。今でも赤・黄・緑の組合せの紅葉が最高潮です。雲巌寺の紅葉は12月初め頃まで十分に楽しめますよ!

Eb186149_1 Eb186150_1 Eb186243 Eb186247 Eb186250_1 Eb186253 Eb186255 Eb186256 Eb186259 Eb186260 Eb186263 Eb186266 Eb186269 Eb186273 Eb186276 Eb186277 Eb186280 Eb186284 Eb186285 Eb186295 Eb186299 Eb186302

2006年11月20日 (月)

11/18栃木県黒羽町雲巌寺1

渡良瀬遊水地の後に黒羽町の雲巌寺に行きました。雲巌寺は臨済宗妙心寺派の禅寺です。禅宗四大道場の一つです。他の道場は筑前・聖徳寺、越前・永平寺、紀州・興福寺があります。

ここの紅葉は素晴らしいです。今年は少し遅れ気味のようです。お寺の境内の中は3分ぐらいでしょうか。外は5分ぐらいです。今日は境内の中の紅葉を中心にします。明日は境内の外の紅葉をアップします。

雲巌寺へ向かう道路からの紅葉

Eb186140 Eb186142Eb186137_1 Eb186138_1   








雲巌寺境内とその周辺

Eb186154 Eb186156 Eb186160 Eb186163 Eb186167 Eb186170 Eb186173 Eb186178 Eb186184 Eb186188

Eb186191_1 Eb186195Eb186199 Eb186202 Eb186204 Eb186205 

Eb186209 Eb186211 Eb186213

Eb186214 Eb186216 Eb186219 Eb186222 Eb186225 Eb186228 Eb186237

2006年11月19日 (日)

11/18渡良瀬遊水地

昨早朝、渡良瀬遊水地へ行って来ました。朝は寒かったです。今日から天気が下り坂なので、冷えれば霧が良く湧くと思ったのです。結果、湧き過ぎました。自然相手ですから仕方ありませんね。今回は何時もの土手の上ではなく、土手下の沼の前で撮りました。まあ、幻想的に撮れたと思いますが、霧の中は写真には難しいですね。特にデジカメは苦手ですね。同じような画像が多くなってしまいました。お許しを!太陽が二つ写っているのは場所を移動してボートを手前にいれました。引き上げる寸前の画像です。写真は何時シャッターチャンスがくるか分からないですね!

渡良瀬遊水地の後は、黒羽町の雲巌寺へ紅葉を撮りに行きました。今年の雲巌寺は例年のように紅葉が綺麗でした。まだ紅葉していないモミジが多く来週末まで楽しめると思います。雲巌寺他の画像は明日アップします。

話が違いますが、合併合併で町の名前が変わってしまい、サッパリ訳が分かりません。

Eb186019 Eb186029 Eb186030 Eb186033 Eb186040 Eb186045 Eb186049 Eb186053 Eb186060 Eb186064 Eb186068

Eb186075 Eb186073 Eb186070_1

Eb186077 Eb186083 Eb186085 Eb186093 Eb186102 Eb186107 Eb186113 Eb186122 Eb186134

Eb186135

2006年11月18日 (土)

11/15出流山(いずるさん)

昨夕、保険の代理店から連絡がありました。相手のJA共済から当方の過失は0。代車代は勘弁して欲しいとの話があったそうです。まったくフザケタ話ですが了解しました。加害者は全面的に非を認めているそうです。こちらは保険会社に代車の提供を求めました。カーナビ・スタッドレスタイヤつきのSUV車でエスクード2700CCと同程度との条件をつけました。2週間も借りれば結構な金額になったでしょう。弁護士特約付きの保険だったので東京海上側は弁護士の手配の準備をしていたそうです。鑑定士も動き始めたそうでした。ふざけた解決をしたら東京海上を私の顧問弁護士を使って告訴すると言ってありました。こちらは本気でした。私はとにかくJA共済から1割の過失と言われたことに我慢できませんでした。

皆様に事故の件でご心配をおかけしたことをお詫びいたします。それと数々のアドバイスに感謝いたします。ありがとうございました。

11/15の足利学校の後、佐野市出流原町の磯山弁才天から栃木市の出流山満願寺へ回りました。紅葉にはまだまだでした。

磯山弁才天

Eb155937 Eb155939 Eb155946 Eb155949











出流山満願寺。山の中のお寺なので日の入りが早く写真には少し暗すぎました。

Eb155952 Eb155956 Eb155958 Eb155960 Eb155962 Eb155968 Eb155970 Eb155977 Eb155978 Eb155979 Eb155980 Eb155992 Eb155995

2006年11月17日 (金)

11/15鑁阿寺(ばんなじ)

足利学校そばの鑁阿寺(ばんなじ)の画像です。このお寺は足利氏が居住していた平城づくりの屋敷跡です。足利市内はユックリ歩くと面白いところのように見受けられます。織姫公園にも行きましたが、紅葉にはまだ早かったです。

Eb155900 Eb155901_1 Eb155902 Eb155907 Eb155911 Eb155915 Eb155917 Eb155924 Eb155926 Eb155928 Eb155930 Eb155933

2006年11月16日 (木)

11/15足利学校

車の修理は40万円以上かかるそうです。相手保険会社と揉めている為、全額を私が支払い、後刻精算させることになりそうです。修理期間は2週間程度かかるとのことで来週の連休には間に合いません。交通事故鑑定人はもう動いているそうです。この修理金額から考えても、危機一髪で怪我から逃れられたのは幸いだったと思います。相手保険会社の主張通りこちらが止まっていたら衝突寸前の回避処理が取れずにお互いに怪我をした可能性が強かったと思います。怪我をしなくて良かったとつくづく思います。

昨日は宇都宮で打ち合わせがあり、打ち合わせの前にカメラを持って写真を撮りに行きました。本当は桐生川へ行こうと思ったのですが、時間的に厳しかったので途中から予定変更し足利学校へ行って来ました。足利学校は櫂の木の大木があります。母の家の庭にも樹齢25年ほどの櫂の木があります。全国の櫂の木はナンバーリングされていて所有者がはっきりしています。櫂の木の花は春に真っ白な花を咲かせ、秋には紅葉が楽しめる木です。日本の櫂の木は中国の孔子廟の前に植わっている木の子孫達です。

我が家の御先祖様は新田義貞の郎党で四天王のひとりでした。義貞戦死後は義貞の弟の脇屋義助に従い北陸方面の大将として戦死しました。胴塚は福井県の勝山市にあり、首塚は埼玉県の上里町にあります。足利氏何するものぞ?!?!

画像は足利学校の敷地の中です。PLを強く使いすぎたようです。庭のゴムホースが笑えます。紅葉にはまだまだ早すぎです。

Eb155855 Eb155857 Eb155859 Eb155860 Eb155862 Eb1558681 Eb155868 Eb155870 Eb1558701 Eb155878 Eb155881 Eb155882 Eb155884 Eb155885 Eb155886 Eb155887 Eb155889 Eb155891 Eb1558911 Eb155892

2006年11月15日 (水)

11/5の海野宿

上田城の後に海野宿へ行って来ました。北国街道の宿場町として栄えた街です。昔の旅行ガイドブックには必ず載っていたのですが、最近のガイドブックには、あまり載っていないようです。もともと海野は武田信玄に最後まで抵抗した海野氏の土地です。木曽義仲の鎌倉幕府打倒の旗揚げが宿場の入り口に鎮座している白鳥神社前で行われたとの伝説が残っています。今回は主にシグマ30mmF1.4を使ってみました。

Eb055429 Eb055430 Eb055432 Eb055470 Eb055433 Eb055434 Eb055436 Eb055439 Eb055442 Eb055444 Eb055447 Eb055450 Eb055451 Eb055452 Eb055453 Eb055456 Eb055458 Eb055462 Eb055472

Eb055465 Eb055464 Eb055463 Eb055473  

Eb055477 Eb055482

2006年11月14日 (火)

11/5の上田城

一昨日の貰い事故について相手側の保険会社のJA共済甘楽の担当者から昨日の午後に私の携帯に電話がありました。東京へ行く電車に乗っている時だったのですが、相手側は私にも非があるとの主張でした。とんでもない話です。相手の保険会社は貴方が停車しなかったのは非があるとの主張で言いがかりとしか思えませんでした。車は急には止まれないし、私が変な運転をしていた相手の車を早く発見し、ブレーキを踏んで左側のガードレールに寄って回避処置を取ったが、停車寸前に相手側が30Kmほどのスピードで私の車に突っ込んできたのであり、私が万全な回避処置を取ったから、お互いに怪我をしなかったのですよ。と言ったのですが。相手は貴方は止まらなかったのですよねと重ねて主張。警察官の前で相手のお爺ちゃんは非を認めていたと言っても、貴方は止まらなかったと再び・・・・。私は事故の原因は100パーセント相手側にあり、こちらは事故原因は全く無いと言いました。馬鹿みたいな話です。保険会社間で話してもらいたいが、こちらは非がない一方的な貰い事故でしたと言って電話を切りました。駆け引きでしょうが大変頭にきた失礼な話です。早く車を返してくれって感じです。

昨日の朝も、もう1台の車で事務所へ出勤しようと8m道路から国道へ出ようと一時停止のため減速中でした。その時突然に国道から左ハンドルの大型アメ車が凄いスピードで曲がってきました。スピードの出しすぎで、やっと曲がった感じで大きく私の車の前まで回りこんできました。相手はビックリしたようで必死にブレーキをかけてハンドルを切って走り去って行きました。私はただ唖然!最近日本がおかしくなってきていますね。何で皆さんそんなに焦って急いでいるのかな?昨夜も常磐線が人身で止まっていました。飛び込み自殺は東京では日常になってしまいました。都内で人に会う時は飛び込み自殺があったら時間に間に合わないからと言うことにしています。子供の自殺・先生の自殺、これは日本の文化になってしまいそうな感じですね。

11/5の野尻湖からの帰り道に上田城へ行って来ました。紅葉の始まりでした。上田は真田氏の発祥の地です。昔、真田氏が上田に進出する前に居城としていた城跡に行ったことがあります。もう一度行きたいのですが地図を見ても何処だったか分かりません。ガイドブックを見ても温泉宿や日本中何処でも同じのイタリアンレストラン等の事しか記事がありません。市役所に聞かないとダメかもしれません。時間があれば別所温泉に行って見たかったのですが来年の秋の楽しみにします。

Eb055404 Eb055405 Eb055407 Eb055409 Eb055410 Eb055411 Eb055414 Eb055416 Eb055417 Eb055418 Eb055419 Eb055421

2006年11月13日 (月)

11/12の妙義山

昨早朝、妙義山から荒船湖まで行って来ました。帰ろうとしたとき、下仁田の左へ大曲りの道路幅の広いカーブで車をぶけられてしまいました。上り坂の国道245号へ入る少し手前の旧245号線でした。相手は軽4輪車で83歳のお爺さんでした。こちらは変な走り方の車が来たと思ってブレーキを踏んで左ガードレールに寄ったのですが、相手の車が突っ込んできました。ぶつかった時はこちらは多分時速5Km以下で相手は30Kmぐらいでしょうか!避けようがありませんでした。警察官の前でのお爺さんの説明では車がいないと思ってカーブをショートカットしたら、目の前に車がいたとの事でした。良く前方が見えるカーブなのですがね!83歳のお年では仕方が無いですかね?幸いにして両者に怪我はありませんでした。私の車はSUV車でしたが、かなりのショックがきました。右前頭部から運転席のドアの寸前まで細長く擦られた感じでした。運手席のドアは1/3ほど開けることができました。幸いにしてタイヤは少し擦れた痕があっただけで、かすかに右前輪のクリアランスが取れる状態で警察官と車が動くかチェックした結果、何とか動いたので運転して浦和まで帰ってきました。不思議なことに相手の車は少しのダメージだけでした。浦和でスズキのサービスに持ち込みましたが事故の時よりダメージが増えていました。走って帰ってくる途中で風圧などでダメージが増えアコーデオンみたいになってしまいました。危ないところでした!

Eb125843

私は運転免許を取ってから40年以上たちます。運転していて、車をぶつけられたのは、免許を取って3ヶ月目で後ろから追突されたのと、今年の夏に伊豆でサイドミラーを擦られたのと、今回で3回目です。当然ぶつけたことはありません。ぶつけられるのは余り気分が良いものではありません!先日は高速道路で運転中に飛石でフロントガラスに大きなヒビが入りました。次は横断歩道を渡っている時に脇見の右折中のドラックに引っ掛けられそうになり、避ける拍子に腰をひねったためにいまだに少し痛みが残っています。危険を予知する能力は健在のようですが、今年はだんだん体に近づいてきているような感じです。車の修理が終ったら神社でお払いでもしてもらおうかと思っています。

妙義山の紅葉ですが、まだかなり早いです。読売新聞のHPには見頃となっています。先日の大芦渓谷と同じで信用してはいけないのでしょうね。今年の妙義山は赤い色が出るのか心配です。枯葉色が多い年かも知れません。本当は恩賀道路で裏妙義を走りたかったのです。表が駄目な時は意外と裏が良いのですが!下仁田は寒桜も多いところです。事故にもかかわらず、帰り道でもしっかりと写真を撮ってきました。

Eb125761  Eb125767 Eb125770

Eb125774Eb125778 Eb125780 Eb125785 Eb125779_2

Eb125787 Eb125789 Eb125792 Eb125793 Eb125800 Eb125803

Eb125804 Eb125807 Eb125814 Eb125816 Eb125819 Eb125824 Eb125827 Eb125834 Eb125835 Eb125850 Eb125851

2006年11月12日 (日)

11/10大芦渓谷&古峰神社

大芦渓谷は栃木県鹿沼市内から古峰神社への道の古峰神社の手前にある大芦川沿いの渓谷です。渓谷という感じはあまりしません。昨年は11月15日に行きましたが紅葉も7分でした。今年は昨年より少し遅れていると思います。大芦渓谷と古峰神社の間の木々は葉をすっかり落としていました。理由は分かりませんが、霜や風の流れが影響していると思われます。

大芦渓谷

Eb105639 Eb105641 Eb105644 Eb105650 Eb105652 Eb105659 Eb105671 Eb105672 Eb105675 Eb105676 Eb105755 Eb105756 Eb105759







古峰神社

Eb105689 Eb105693 Eb105697 Eb105703 Eb105706 Eb105708 Eb105711 Eb105717 Eb105720 Eb105723 Eb105726 Eb105727 Eb105731 Eb105734 Eb105742

2006年11月11日 (土)

11/10渡良瀬遊水地の朝

昨日、早起きして渡良瀬遊水地へ行って来ました。適度な霧が出ましたが、真赤に焼ける朝焼けは見られませんでした。焼け方は普通でしょうか?その後は鹿沼市の大芦渓谷と古峰神社へ行って来ました。読売新聞のHPでは大芦渓谷は見頃とされていましたが、行って見ると1週間以上早かったです。古峰神社が丁度見頃でした。読売新聞の情報も信用できませんね。やはり観光協会に電話をして確かめなければいけないのでしょうね。本当は古峰神社の後に前日光の小来川から日光の清滝へ回りたかったのですが午後一番に打ち合わせがあったので、回れませんでした。

Eb105516 Eb105520 Eb105521 Eb105523 Eb105578 Eb105591 Eb105529 Eb105557 Eb105561 Eb105564 Eb105568  Eb105531

Eb105594 Eb105604 Eb105615 Eb105621 Eb105623 Eb105629 Eb105631 Eb105634 Eb105636

2006年11月10日 (金)

11/5の妙高山いもりヶ池

11/5早朝、妙高のいもりヶ池に行って来ました。紅葉は終わりかけていました。いもりヶ池に写る妙高山を撮りましたが、数枚撮ったところで風が出てしまいました。諦めてそばのモミジ林で名残の紅葉を!最後は妙高の田園の風景です。

Eb055350 Eb055351 Eb055355 Eb055357 Eb055360 Eb055362 Eb055366 Eb055368 Eb055370 Eb055371 Eb055373 Eb055374 Eb055379 Eb055381 Eb055383 Eb055387 Eb055391 

2006年11月 9日 (木)

11/4の鏡池とその近辺

11/4の早朝に野尻を出て戸隠の鏡池へ行きました。早朝の野尻は5℃。戸隠は氷点下0℃でした。野尻湖畔は星が綺麗でした。戸隠は生憎の天気で霧と雲に悩まされての撮影でした。太陽や雲などから今日はダメと判断して早めに撤収しました。けっこうシットリ系で撮れたと思います!鏡池は最近雑誌なので取り上げられて有名になり、カメラマンが多数押しかけてくる撮影ポイントになっています。10月中旬から下旬にかけて紅葉と戸隠が池に写り込み、とても綺麗です。早朝は割合に風が無いのですが、すぐに風で池の表にさざなみが立ってしまいます。11月にはいると紅葉も終わり鏡池も静かになってきます。この日も30人ぐらいのカメラマンがいました。

鏡池

Eb045117 Eb045119 Eb045122 Eb045126 Eb045134 Eb045135 Eb045136 Eb045137 Eb045139 Eb045146 Eb045147 Eb045155 Eb045156 Eb045170 Eb045173 Eb045174 Eb045176









4日のお昼は飯綱町のレストラン・結婚式場・ジャム製造・ワイナリー等で有名なサンクゼールでワンちゃん達を連れて食事をしてきました。昔のサンクゼールが今ほど有名でない頃、ここのジャムはフルーティーで大変美味しかったのですが、最近は普通の高級ジャムになっています。美味しいのですが昔の素朴な味が懐かしい!レストランは昔は不味く陰気な雰囲気で有名でした。外部からの経営参加により経営方針が変わって一変しました。今のレストランは眼下にフランスのプロヴァンスに似た三水町の田園風景を見下ろしながら食事が出来るお洒落なレストランになりました。土日は数日前から予約しないと席が取れません。味は東京並み以上かもしれません。ワンちゃん連れはレストランとは少し離れた別棟のテラスでワンちゃんを連れて食事が出来ます。昔は斑尾高原牧場と言っていました。今でも斑尾高原牧場が正式名称なのでしょうか?写真はテラス前の葡萄棚などです。

Eb045269 Eb045272 Eb045275 Eb045278













ペンション フィールドノートへ野尻への帰りに寄ってきました。中へ入らずに外から写真を撮ってきました。

Eb045285 Eb045287 Eb045288 Eb045289

2006年11月 8日 (水)

11/3&4&5の野尻湖2

昨日の続きです。

話が違いますが・・・・・!

一昨日、東京で交差点を横断中に右折してきた脇見運転のトラックにはねられそうになりました。変な運転をしている車だと注意をしていたので、間一髪前方に跳んで事なきを得ました。その際、突然だったので跳んだ拍子に腰を少し捻ってしまいました。一昨夜、みんなとお酒を飲みながら「どうだ大した条件反射能力だろう!まだまだ若いんだ!」と言ってお酒を飲んでいた時から少し腰がおかしくなってきました。今はだんだん痛くなってきています。皆さんも変な運転をする車には十分に気をつけてください。今年は私には色々ある年です。

11月4日の野尻湖畔2

Eb045311 Eb045312 Eb045313 Eb045316 Eb045319 Eb045321 Eb045322 Eb045325 Eb045327 Eb045328

Eb045335 Eb045334 Eb045336 Eb045338








11月5日の野尻湖畔

Eb055343 Eb055346 Eb055348 Eb055396 Eb055401

2006年11月 7日 (火)

11/3&4&5の野尻湖1

今年の野尻湖の紅葉はかなり遅れていたため、丁度紅葉にいいときに当たりました。例年11月3日頃の野尻湖は紅葉が終わりかかり葉っぱが赤と言うより茶に近い色になっていていました。風が吹くと枯葉が散り、帰る頃は冬の山になっていました。今年は過去40年で最高の紅葉でした。

野尻湖は避暑地の軽井沢が俗化してきたので外国人宣教師達が軽井沢から野尻湖へ大正年間に移ってきたのが始まりです。日本で軽井沢に次いで2番目に古い避暑地です。現在は野尻湖の西側に国際村があり東側の民宿等の上の山に日本人の別荘地帯があります。今は閉鎖されてしまっていますが、昔、皇太子妃美智子さんが体調を崩された時に内密で滞在していた野尻湖ホテルが野尻湖を見下ろせるベストポジションでした。以前は野尻湖ホテルでコーヒーを飲むのが楽しみだったのですが。当時、突然黒服を着たイカツイ男達が現れ「当ホテルは現在改装のため閉鎖されています」と言われて追い返されたことがありました。最近になり当時美智子妃が長期滞在されていて皇太子が度々訪れていたと聞いてナルホドと思いました。

11月3日の野尻湖畔

Eb035017 Eb035019 Eb035028 Eb035042 Eb035059 Eb035068 Eb035086 Eb035091 

Eb035100 Eb035102 Eb035103 Eb035108 Eb035109 Eb035113 Eb035115

Eb035093







11月4日の野尻湖畔1

Eb045184 Eb045190 Eb045194 Eb045195 Eb045197 Eb045198 Eb045199

Eb045209 Eb045211 Eb045213 Eb045224 Eb045225 Eb045246 Eb045249 Eb045256 Eb045257 Eb045258

2006年11月 6日 (月)

11/3の小諸懐古園

軽井沢の後に小諸市の懐古園へ行ってきました。少々紅葉には早かったですが、綺麗でした。最初は曇りでしたが途中から晴れてきて散策には絶好の天気でした。

その後、小諸の懐古園を出て高速道路で一路野尻湖へ向かいました。

小諸の懐古園

Eb034935 Eb034937 Eb034942 Eb034943 Eb034944 Eb034947 Eb034948 Eb034957 Eb034959 Eb034966 Eb034967 Eb034969 Eb034970 Eb034977 Eb034984 Eb034990 Eb034993 Eb034995

Eb035006 Eb035008

2006年11月 5日 (日)

11/3の軽井沢

11/3の軽井沢の画像です。

3日に自宅を出て長野県野尻湖へ!5日の午後遅く自宅へ帰りつきました。3日は軽井沢の雲場池へ行って来ました。生憎の曇り空でした。写真には少し明るさが足りなかったですが、デジカメには晴れすぎよりも良かったかもしれません。軽井沢は紅葉も進み、かなり見頃となっていました。

軽井沢の後は、小諸の懐古園へ行って来ました。懐古園は紅葉には少し早かったかも知れませんが、園内散策中に太陽が出てきて綺麗でした。

野尻湖は私が今まで40年近く野尻湖へ毎年のように行っていますが、過去にこれほど綺麗な野尻湖畔を見たことがないほど綺麗でした。今年の野尻湖畔は紅葉が例年よりかなり遅れているようで、例年の11月3日頃は紅葉が殆ど終わりかけていますが、今年は珍しくタイミングが合ったようです。

残りの画像は後刻アップします。

軽井沢雲場池周辺

Eb034833 Eb034836 Eb034837 Eb034839 Eb034840 Eb034843 Eb034849

Eb034859 Eb034857_1 Eb034853_1 Eb034854

Eb034870 Eb034863 Eb034861

Eb034875 Eb034880 Eb034882 Eb034887 Eb034889











旧軽井沢

Eb034825 Eb034900 Eb034901 Eb034906 Eb034909 Eb034910 Eb034911 Eb034916 Eb034917 Eb034923 Eb034926

Eb034927 Eb034930

2006年11月 2日 (木)

11/1八方ヶ原

11/1塩原の街を出て、八方ヶ原観光道路で八方ヶ原へ向かいました。少し入り口が分かりにくく、カーナビの案内も少し不安です。八方ヶ原への道に入ると、しばらくの間は車のすれ違いにも苦労する道が続きます。途中から道も多少広がります。八方ヶ原は春のツツジが有名なところです。秋はほとんど人に知られていない紅葉の名所です。帰りは矢板ICからです。塩原渓谷と日塩もみじラインが塩原地方では有名ですが、紅葉のシーズンの土日は非常に混み合います。車を停められるスペースが少ないため写真の撮影には苦労します。八方ヶ原への道は空いているので割合に走りやすいです。昔は未舗装でガードレールも無かったのですが、今は結構良い道路になっています。途中、雄飛滝などへのハイカーのために駐車場があり、その周辺と少し上の道路からが紅葉のベスト撮影ポイントです。

Eb014723 Eb014730 Eb014731 Eb014754 Eb014755 Eb014760 Eb014762

  Eb014775 Eb014773 Eb014767_1 Eb014771

Eb014777_1 Eb014778Eb014781 Eb014784    

Eb014780 Eb014802Eb014799Eb014804_1

11/1日塩もみじライン2

日塩もみじラインの白滝から塩原の街までです。もみじの紅葉は綺麗ですね!これで寒くなれば一気に赤く色付くと思います。日塩もみじラインの料金所を過ぎると高原野菜の売店が10店舗ほど並んでいます。ここの大根とキノコは美味しいです。この秋大根を食べたくて、昔はこの道を良く走りました。片品村の大根も有名ですが塩原の大根は格別です。丁度紅葉の季節が食べごろです。早速、昨晩はキノコ汁にしました。

Eb014598 Eb014617 Eb014618 Eb014627 Eb014626_1 Eb014639 Eb014643 Eb014646

Eb014651 Eb014653 Eb014661 Eb014672 Eb014676 Eb014683 Eb014685 Eb014699 Eb014703 Eb014709 Eb014713 Eb014714 Eb014717 Eb014718

2006年11月 1日 (水)

11/1日塩もみじライン1

  今日は今市から日塩もみじラインへ入り塩原へ抜けて八方ヶ原へ行って来ました。日塩もみじラインの鶏頂山周辺は紅葉が終わりかかっていました。全般的に今週末が最盛期だと思います。

今日は白滝の手前までの画像をアップします。

Eb014443 Eb014457_1 Eb014461 Eb014469 Eb014472Eb014498 Eb014503 Eb014522 Eb014532 Eb014533 Eb014535 Eb014542 Eb014545 Eb014565 

Eb014589 Eb014576 Eb014581 Eb014584 Eb014591_1 Eb014595

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ