« 今年最後の野尻湖 | トップページ | 宇都宮&烏山の秋 »

2006年12月26日 (火)

上田市塩田平

12/24上田市の塩田平に寄って来ました。隣の別所温泉には何度も行っているのですが塩田北条氏の本拠である塩田平には行ったことがありませんでした。

Ec248557 R0011248 最初が無言館です。ここは第二次世界大戦での戦没画学生の絵が展示されています。戦死や戦病死した画家の卵たちの無念さが胸に響きます。ここを訪れて戦争を賛美する人はいないと思います。しかし、2005年6月18日に市内の右翼が無言館の前庭にある慰霊碑「記憶のパレット」に赤いペンキを流した事件が起きました。この慰霊碑は戦没画学生の403名の名前がきざまれています。みんな戦争なんか行かず絵を描いていたかったろうと思うと涙がこぼれてきてしまいそうになります。最近日本に蔓延する経済優先で隣の人のことをかんがえない利己的な人達の哀しい発想力表現力に重ねあわすと日本が戦争への道を歩き始めているのではないかと心配になります。日本の将来に黄色信号が見えてきます。だれも戦争なんかしたいとは思わないでしょうが、愛国心と言う美名の下に戦争に雪崩を打って入り込んでいったのは僅か70年ほど前です。絶対戦争など始めてはいけません。「愛国心」もその時の政権の都合のいいように解釈されます。十分に注意する必要があります。私は人一倍、国を愛する気持ちが豊かだと思っています。

私の父は学生時代に反戦活動で治安維持法違反で2回特高警察に逮捕され、2.26事件では二等兵として警視庁襲撃に参加し、太平洋戦争では輸送部隊の主計将校として中国戦線で勤務しました。父はこんな馬鹿な戦争で死ぬことは無い、どんなことをしてでも生きて家族の元へ帰れと部下に常々言っていたそうです。ゲリラに襲撃された時は絶対に銃を打ち返さず全速力でトラックから離れジッとしていろと命令していたそうです。そのためか部下に戦死者は出さなかったそうです。20年ほど前にそれを聞きつけた右翼が父を卑怯者と言い、右翼から命を数回狙われることになりました。襲撃の情報が入ると警察からSPが2名付くのですが、父は「馬鹿者は短刀か拳銃か」と聞きます。拳銃だと言うと、拳銃ではそう簡単には弾は当たらないが短刀は痛いなと言っていました。本当に腹が据わっていました。やはり鉄砲玉の下をくぐってきた人は違うのです。私の小学校・中学校・高校の先生の中には特攻隊上がりの人やインパール作戦の生き残りの人たちがいました。彼らは自分達の地獄からの生還の体験から本当の反戦主義者でした。

与謝野晶子の有名な反戦の詩

君死にたまふことなかれ 

  
    旅順口包圍軍の中に在る弟を歎きて
 
          

あゝをとうとよ、君を泣く、
君死にたまふことなかれ、
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも、
親は刃
(やいば)をにぎらせて
人を殺せとをしへしや、
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや。

(さかひ)の街のあきびとの
舊家
(きうか)をほこるあるじにて
親の名を繼ぐ君なれば、
君死にたまふことなかれ、
旅順の城はほろぶとも、
ほろびずとても、何事ぞ、
君は知らじな、あきびとの
家のおきてに無かりけり。

君死にたまふことなかれ、
すめらみことは、戰ひに
おほみづからは出でまさね、
かたみに人の血を流し、
(けもの)の道に死ねよとは、
死ぬるを人のほまれとは、
大みこゝろの深ければ
もとよりいかで思
(おぼ)されむ。

あゝをとうとよ、戰ひに
君死にたまふことなかれ、
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまへる母ぎみは、
なげきの中に、いたましく
わが子を召され、家を守
(も)り、
(やす)しと聞ける大御代も
母のしら髮はまさりぬる。

暖簾
(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻
(にひづま)を、
君わするるや、思へるや、
十月
(とつき)も添はでわかれたる
少女ごころを思ひみよ、
この世ひとりの君ならで
あゝまた誰をたのむべき、
君死にたまふことなかれ。

龍光寺。 塩田北条氏の菩提寺。塩田北条氏は鎌倉幕府の連署であった北条義政が引退して一族を連れて塩田の地・塩田城に移り三代にわたり支配した土地です。

Ec248558Ec248571Ec248563








中禅寺。中部日本最古の建築物である薬師堂です。

Ec248572 Ec248573 Ec248575 Ec248576 Ec248577 Ec248578

Ec248579 Ec248581










前山寺(ゼンザンジ)。弘法大師が開基したと言われる古刹。塩田北条氏の塩田城の鬼門に当たる土地。三重塔は未完成と言われている。山門前の売店で店番をしている3匹の猫が可愛かったです!

Ec248585 Ec248589 Ec248594 Ec248595 Ec248596 Ec248599 Ec248600 Ec248611 Ec248613

Ec248615_1

« 今年最後の野尻湖 | トップページ | 宇都宮&烏山の秋 »

コメント

初めておじゃまします。
すばらしいブログですね。
私も今年、無言館を訪れましたが、ペンキ事件の事は知りませんでした。これからもよろしくお願いいたします。

まさとさん、おはようございます。
ペンキ事件の犯人がどうなったのか分かりませんが、当時の新聞では上田市内の右翼青年が犯人として事情聴取されているとのニュースをみまましたがどうなっているんでしょうね?警察は右翼には弱いですからね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/4672138

この記事へのトラックバック一覧です: 上田市塩田平:

« 今年最後の野尻湖 | トップページ | 宇都宮&烏山の秋 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ