« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

新宿御苑2

新宿御苑の続きです。寒桜は咲き初めでした。他の桜も蕾が大きくなってきているようです。今年の桜の開花は早いですね!3月中に散ってしまうかもしれませんね!

E1270482_1 E1280612 E1270556 E1280606 E1280608 E1270560 E1280602 E1280695 Imgp0543 Imgp0688

Imgp0587 Imgp0695 Imgp0699 Imgp0702

2007年1月30日 (火)

見沼グリーンセンター1

さいたま市北区の「市民の森・見沼グリーンセンター」の温室へ行って来ました。花が少ない時期なので温室で撮るのが一番です。カメラはE-330で半分ほどの写真はソフトフィールターのソフトンBを使っています。温室の外にはロウバイが沢山咲いていました。ロウバイは香りが良いですね!東洋の自然な香りですね!

E1230205 E1230206 E1230207 E1230208 E1230210 E1230213 E1230215 E1230216 E1230217 E1230218 E1230222 E1230225 E1230228 E1230229 E1230230 E1230239 E1230243 E1230246 E1230248 E1230263 E1230264

2007年1月29日 (月)

新宿御苑1

1月27日と28日に新宿御苑へ行って来ました。二日間にわたって御苑に行ったのは後で述べる理由がありました。

27日には蕾だった梅が28日には花が咲いていました。水仙は27日は綺麗でしたが28日は花の数も減ってしまいました。暖かさのせいでしょうね!

今回は梅です。香りが良かったです!梅の香りを詠った歌を古今集から二首。いずれも読み人知らずです。

    梅が香を

  袖にうつして

    とどめてば

  春はすぐとも

  かたみならまし

<意>あたり一面に漂っている梅の香りを、袖にたき込めるように残せたら、たとえ春が過ぎ去っても春の形見として残せるのに。

    梅の花

  立ちよるばかり

    ありしより

  人のとがむる

  香にぞしみぬる

<意>梅の木の傍らに立ち寄っただけなのに、たちまちにしてその香りにしみてしまい、誰かさんの移り香とおもわれて人から咎められてしまった。(凄い意味深な歌だと思います)

E1280702

E1280707 E1280709 E1280660 E1280663 E1280666 E1280685 E1280720

Imgp0537 Imgp0546 Imgp0592 Imgp0550     

Imgp0706 Imgp0656_1 Imgp0680 Imgp0687

Imgp0672 Imgp0674 Imgp0677














27日に新宿御苑へ梅の花と水仙と福寿草を撮りに行きました。帰りに新しいカードリーダーを買って家に帰ったのですが・・・・!自宅のパソコンにカードリーダー経由でCFからデーターを送っていたところ突然アクセスランプが消えてしまいデーターが飛んでしまいました。CFのデーターの復活をしようとも思ったのですが、面倒なので28日に撮影を再挑戦することにしました。27日に撮影したのは2枚のCFでしたので2枚目は大丈夫でした。トラブルのあった1枚目のCFはカメラにさしても使用できないとのコメントが出てきてしまい、CF自体に損傷が起きたのではと心配しました。幸いカメラでカードの初期化をしたところ無事撮影が出来るようになりました。そんな理由で28日に再挑戦することになりました。本当は28日は谷中あたりを散策しようかと思っていたのですが次回に延期です。

2007年1月28日 (日)

富士山と手賀沼の夕景2

1月25日の富士山と手賀沼の続きです。今日はK10Dでの画像です。レンズが18-200mmでは望遠側で一眼レフ換算で300mmですので少し不足です。やはり最低400mmは欲しいところです!

Imgp0468 Imgp0470 Imgp0471 Imgp0472 Imgp0475 Imgp0480 Imgp0496 Imgp0498 Imgp0508 Imgp0458 Imgp0461 Imgp0512_1 Imgp0524 Imgp0528

2007年1月27日 (土)

菅生沼(すがおぬま)の上沼

茨城県坂東市と常総市に接する菅生沼です。冬は上沼に白鳥が飛来するようです。私も初めて行って来たのですが、どのような沼なのか良く分かりませんでした。自然が良く残されていて面白い沼だと思いました。夕景を撮りに行ったのですが雲が多く生憎の天気でした。HPをチェックしたのですが菅生沼についてヒットはするのですがイマイチ分かりませんでした。分からない方が自然を残すために良いのかも知れません!

E1119611

E1119619 E1119623 E1119627 E1119628 E1119633 E1119636 E1119637 E1119641 E1119642 E1119647 E1119654 E1119657

2007年1月26日 (金)

富士山と手賀沼の夕景1

昨日1月25日再び手賀沼へ行って来ました。湖畔で水鳥の写真を撮っていると地元の女性カメラマン達が通りがかりました。この数日は富士山の山頂に太陽が沈む日で、私が写真を撮ってた場所では撮れないそうで、女性達が撮影場所まで案内してくれました。太陽が出ていると富士山は見えないのですが、太陽が手賀沼の向かい側の山間に沈む寸前、突然、富士山が現れました。最初は太陽の下に雲が出ているのかと思っていたのですが、雲ではなく富士山でした。前日の24日は200メートルほど我孫子寄りが撮影ポイントだったそうで、柔らかい夕焼けで富士山が綺麗だったそうです。地元のカメラマン達に感謝でした!

今日はE-330に1.4倍のテレコンを付けて50-200mmレンズで撮った写真をアップします。K10Dの18-200mmレンズでの写真は近々アップします。

E1250292 E1250293 E1250295 E1250296 E1250297 E1250299 E1250303 E1250307 E1250315

E1250269_1 E1250272_1 E1250275 E1250280 E1250288 E1250327_1

2007年1月25日 (木)

新宿新都心と川口グリンセンターのカトレア

16日新宿でK10Dの修理終るまで、時間があったのでその間に周辺をブラブラして撮った写真です。新宿の西口も昔と全く変わりました。

E1160068 E1160070 E1160072 E1160078 E1160081 E1160084 E1160085 E1160088












17日川口グリーンセンターでの写真です。使用カメラは両方ともE-330です。

E1170089 E1170094 E1170096 E1170097 E1170100 E1170101

2007年1月24日 (水)

渡良瀬遊水地の朝焼け2

渡良瀬遊水地の朝焼けの続編です。カメラは前回はペンタクスのK10Dでしたが、今回はオリンパスのE-330です。比較するのは難しいです、と言うより区別するのが難しいですね。どちらかと言えばK10Dはシャープ。E-330は色合いなどがソフトです。

E1200137 E1200141 E1200145E1200157   E1200146 E1200152 E1200153

E1200159 E1200164

E1200166 E1200179 E1200194_1 E1200198 E1200201 E1200182 E1200193

2007年1月23日 (火)

渡良瀬遊水地の朝焼け

1月20日に早起きをして渡良瀬に行って来ました。残念ながらまたもや霧が湧かず残念な結果でした。 天候が下り坂なのでもう少し綺麗に焼けるかと思ったのですが期待外れでした。霧も湧かず朝焼けも大した事が無いので、ゴルフ場の中の池に上ってくる太陽を入れて撮ってみました。

今回の画像はペンタクスのK10Dです。RAWから現像して今回分かったのですがゴミが写りこみます。やはりオリンパスのシステムの方が優れているのかもしれませんね。それと結構ノイズが気になります。これは多分K10DのISOのシステムに私が慣れていないせいかと思います。E-330での画像は次回にアップします。

Imgp0297 Imgp0316Imgp0311 Imgp0318

Imgp0320_1 Imgp0326Imgp0336_1 Imgp0338  

Imgp0343 Imgp0345 Imgp0351 Imgp0353 Imgp0355 Imgp0360 Imgp0366 Imgp0369  Imgp0364

2007年1月22日 (月)

上野東照宮ぼたん苑5

18日にK10Dの2回目の撮り始めで上野のぼたん苑へ行ってきました。夜は新年会だったのでセカンドバックをカメラバッグにして行って来ました。やはりK10Dは素晴しいですね。これで上野の牡丹も5回目です。春の牡丹の艶やかさが楽しみですね!

江戸時代の俗曲

   立てば芍薬

   座れば牡丹

   歩く姿は

   百合の花

Imgp0084 Imgp0086 Imgp0088 Imgp0096 Imgp0098 Imgp0101 Imgp0118 Imgp0120 Imgp0122 Imgp0130 Imgp0131 Imgp0132 Imgp0139 Imgp0140

Imgp0142_1 Imgp0154 Imgp0171 Imgp0175 Imgp0136 Imgp0163 Imgp0184 Imgp0185

2007年1月21日 (日)

手賀沼の夕景

千葉県我孫子市の手賀沼の夕景です。ペンタックスのK10Dでの撮影は3回目です。柏や流山へは時々行きますが手賀沼は初めてでした。tender-feelingさんからのアドバイスで行ってきました。一つ不思議に感じたことは手賀沼で出合った地元の高校生達全員が、知らない人達にきちんと挨拶をしてくることでした。今の日本人が忘れてしまっている大事なことをきちんと教育で教えているのですね。私も写真を撮りに行った時、出来るだけ会う人達に挨拶をするようにしていますが、挨拶をしても返事の無い人がけっこういます。

手賀沼の夕景ですが生憎と途中から雲が多く出てきてしまい不完全燃焼の状態でした。当然残照はありませんでした。近いうちに再挑戦したいと思っています。

オリンパスE-330での画像

E1190102 E1190108 E1190115 E1190118 E1190126 E1190129









ペンタックスK10Dの画像

Imgp0188 Imgp0192 Imgp0204 Imgp0205 Imgp0209 Imgp0214 Imgp0222 Imgp0230 Imgp0232 Imgp0239 Imgp0246 Imgp0258 Imgp0276

Imgp0273_1 Imgp0281 Imgp0282 Imgp0284 Imgp0285 Imgp0287 Imgp0288 Imgp0293









やはり、K10Dの解像度とシャープさは素晴しいですね。それと手ブレ補正は凄いと思います。K10Dの写真はすべて手撮りです。E-330は三脚を使いました。

2007年1月20日 (土)

伊豆の初春

昨年暮れから初春にかけての伊豆。

伊豆の家の庭に咲く花。

Ec308695 Ec308700

水仙

Ec308705 姫コブシの蕾。初めて見ました。例年より暖かいせいでしょうか?花も蕾も今まで見たことがありません。いつもタイミングがあわなくて!

Ec308707 Ec308719

藪椿。山茶花は終っていました。

Ec308714 ミモザの蕾。この花粉はアレルギーには大敵!私も苦手ですが花が黄色くて綺麗です!

Ec318951 最近庭に遊びに来る三毛猫。御飯をねだるのが上手。







近所の花など。

Ec298620 Ec298631 Ec308725 Ec308724






稲取漁港

Ec308729   

Ec308727

Ec308731

2007年1月19日 (金)

K10Dの試し撮り

15日にペンタクスのK10Dを購入しました。レンズはシグマの18-200mmを同時に購入しました。偶然に時間調整で入ったビックカメラの有楽町店で予約キャンセルの最後の1台が在りましたので思わず衝動買いをしてしまいました。翌朝、カメラの設定をしていたところ、起動しないトラブルが頻発しました。バッテリーを抜き差しすると起動します。午後に新宿へ行く用事があったので早速ペンタクスのサービスに持ち込み分解修理することとなりました。幸い約1時間ほどで修理は終りました。現在は快調に動いています。試し撮りを一昨日の悪天候の中で川口グリーンセンターの温室でしてきました。確かに手振れ補正は効いています。曇天で暗い温室の中でフラッシュ無しで撮ってきました。ソフトレンズはペンタックスの28mmソフトを使いました。カメラの使い勝手は今まで私の使っていたE-1やE-330などとかなり違うように感じられました。使い方はかなり難しそうです。慣れるまで時間がかかりそうな予感がします。

Imgp0004 Imgp0005 Imgp0007 Imgp0010 Imgp0011 Imgp0013 Imgp0016 Imgp0018 Imgp0020 Imgp0025 Imgp0043

Imgp0045_1 Imgp0046 Imgp0047 Imgp0050 Imgp0053

Imgp0054_1 Imgp0056 Imgp0060 Imgp0065 Imgp0070 Imgp0071 Imgp0083

2007年1月18日 (木)

上野東照宮ぼたん苑4

上野のぼたん苑の4番目です。最後は上野の不忍池です。

牡丹を歌った李白の清平調詞の3番

  名花傾國兩相歓

  長得君王帯笑看

  解釈春風無限恨

  沈香亭北倚欄干

<通釈>名花と傾国の美女とはお互いに照り映えている。これを君主がにこやかに満悦至極で見ている。沈香亭の欄干に寄りかかって名花と美女を愛でていると、春の憂いや恨み言など跡形もなく消えてしまう。

李白はお酒が大好きで何度も酒による失敗で免職をされています。この清平調詞の3編を玄宗皇帝と楊貴妃の前で詠んだときも泥酔状態で権力者高力士に履いていた靴を脱がさせて恨みを買い、後ほど讒言されたとも言われています。酒の詩人とも言われ、詩人として同時代の杜甫と双璧といわれています。日本の遣唐使だった阿倍仲麻呂とも親交が深く、阿倍仲麻呂が唐朝廷に仕え中国名を朝衡(晁衡)と言った時からの詩の友でした。阿倍仲麻呂は百人一首で有名です。阿倍仲麻呂は玄宗皇帝の帰国許可を貰い鑑真和上を連れて日本に帰る途中で難破をし帰国を断念しました。このとき阿倍仲麻呂が無事に帰国できていれば日本の歴史も変わっていたかもしれません。藤原氏に出世の邪魔をされ、ただ昔の和歌に牡丹を読み込んだ歌が増えるだけだったかもしれませんが。 

阿倍仲麻呂が唐の都の長安で読んだ大和の国への望郷の歌です。どのように日本に伝わったのかは分かりません。

   天の原 

  ふりさけみれば 

   春日なる 

  三笠の山に

  出でし月かも

E1129852 E1129854 E1129855 E1129867 E1129868 E1129871 E1129872

E1129875_1 E1129889   E1129877

E1129823 E1129842 E1129858

E1129888








不忍池。電線の上にとまっているカモメは風が吹くと皆で尻尾を上げ下げしてバランスを取っていました。

E1129900

E1129893

E1129902 E1129906

2007年1月17日 (水)

渡良瀬遊水地

1月14日の早朝の渡良瀬遊水地です。この日は霧がほとんど湧かない朝でした。最近は霧があまり湧きません。霧が湧くと土手の上から撮ると面白いのですが!山は筑波山です。

E1149912_2   E1149921_1 E1149932 E1149938 E1149941 E1149948 E1149955 E1149964 

E1149967_1E1149969 E1149975 

E1149979_1 E1149980 E1149985 E1149987 E1149991 E1149995 E1149996 E1140002 E1140014 E1140016 E1140024













渡良瀬はバルーンのメッカです。富士山をバックにして次々とバルーンが上がって行きます。中学生達がクラブ活動でしょうか、自転車でグランドへ向かって全速力で走っていました。

E1140035 E1140037 E1140050 E1140053 E1140056

2007年1月16日 (火)

上野東照宮ぼたん苑3

先日の続きの上野東照宮ぼたん苑です。冬の牡丹は少し小ぶりですが美しいですね!牡丹を冬に咲かすのは大変な苦労と技術が必要だそうです。

新古今集より太宰大弐(だざいのだいに)重家の歌

    形見とて

  見れば嘆きの

    ふかみ草

  なになかなかの

  にほひなるらん

(意)形見と思って見ると悲しみがいよいよ深い深見草(牡丹)。このように見ると、悲しさが加わり、なんとつらい美しさなのでしょうか。

E1129767 E1129771 E1129775 E1129788 E1129792 E1129795 E1129800 E1129803 E1129804 E1129807 E1129812 E1129813 E1129819 E1129820 E1129824 E1129828 E1129832 E1129848 E1129849 E1129851













李白の清平調詞の2番

  一枝濃艶露凝香

  雲雨巫山枉断腸

  借問漢宮誰得似

  可憐飛燕倚新粧

<通釈>赤く燃え立つ牡丹、その露を受けている姿は丁度楊貴妃が寵愛を受けているのに例えられる。古代に楚王の夢に現れたという巫山の神女は幻でしかなかた。お尋ねしますが、漢の宮殿内でも眼前の美女に匹敵する女性がいただろうか。わずかに化粧を凝らした趙飛燕がいるくらいだ。

玄宗皇帝が、楊貴妃と長安の興慶宮(こうけいきゅう)で、牡丹の花を見ながら、遊宴の際、李白に命じて作らせた歌。三首の連作で、いずれも牡丹の美しさを、楊貴妃の美貌にかけてうたったもの。

2007年1月15日 (月)

さいたま市見沼あたり7

見沼あたりです。

国昌寺。日光の東照宮の眠り猫で有名な左甚五郎作と言われている龍です。左甚五郎が日光の仕事を終えて、江戸へ帰る途中でこの国昌寺で龍の彫刻をしたといわれています。仏様はいつもは閉まっている障子が新春のためでしょうか、少し開いていました。

E1089354 E1089360 E1089363 E1089364












さぎ山記念公園&見沼自然園。この二つの公園は隣り合っています。

E1089368 E1089372     E1089374

     E1089375E1089376E1089378E1089380_1E1089382E1089383E1089385E1089381

2007年1月14日 (日)

上野東照宮ぼたん苑2

1月12日に昼の新年会の後に再び上野東照宮ぼたん苑へ行って来ました。今回はE-330にペンタックスの28mmソフトレンズをつけたのと、ズイコーレンズにフィールターのソフトンBをつけたのと2種類の画像をアップします。前回1/10の小さいデジカメR-4での上野東照宮ぼたん苑とは撮り味が違うと思います。牡丹はややソフト気味に撮るのが良いようです!

E1129673 E1129674 E1129675 E1129676 E1129679 E1129680 E1129688 E1129692 E1129699 E1129707 E1129709 E1129710 E1129714 E1129721 E1129723 E1129731 E1129733 E1129736

E1129739 E1129744 E1129745 E1129752 E1129756 E1129758

E1129760 E1129764 E1129766










牡丹の花は8世紀には間違いなく日本に入ってきていたと思います。不思議なことに和歌ではあまり歌われていません。昔は「二十日草」とか「深み草」とも呼ばれていたようです。

詞花和歌集から藤原忠実の歌

   咲きしより

 散り果つるまで

   見しほどに

 花のもとにて

 二十日へにけり

もっとも有名な楊貴妃と牡丹を歌った李白の三連作の漢詩の一番

清平調詞 其一  李 白

雲想衣裳花想容
春風払檻露華濃
若非群玉山頭見
会向瑤台月下逢

<通釈>
雲を見れば、楊貴妃の美しい衣裳が目に浮かび、牡丹の花を見れば、楊貴妃の美貌が連想される。心地よい春風が宮殿の手摺りを吹き抜け、牡丹を濡らす美しい露は艶やか。楊貴妃ほどの美人は、群玉山辺りで見かけられなければ、瑤台の月明かりの下でしか巡り会えないだろうな。

2007年1月13日 (土)

さいたま市見沼あたり6

今年新春の見沼あたりです。

見沼の斜面林

E1089296 E1089297 E1089298 E1089309 E1089312 E1089313











氷川女体神社

E1089320 E1089327_1 E1089328 E1089330 E1089332

E1089334_1 E1089335 E1089340 E1089343

2007年1月12日 (金)

上野東照宮ぼたん苑

1月10日に新年会の前に上野東照宮のぼたん苑へ寄ってきました。大きなカメラを持って行けなかったのでリコーのR-4で撮って来ました。汐留のイルミネーションの時もR-4で撮りましたが、液晶でピントを合わせるのが私には難しすぎます。近々、E-330を持って再挑戦するつもりです。

R0011337 R0011339 R0011340 R0011343 R0011345 R0011351 R0011356 R0011365 R0011373 R0011374 R0011378 R0011387 R0011390 R0011392 R0011394 R0011400 R0011417 R0011424 R0011428 R0011430

2007年1月11日 (木)

新年の涸沼in茨城

1月9日に茨城の涸沼(ひぬま)へ夕景を撮りに行ってきました。久しぶりの涸沼でした。この日は雲がほとんど無く、好天過ぎる日でした。ペアーの白鷺がユックリと湖面を眺めていて、遠くに筑波山が見えて静かな暖かな夕方でした。

湖面の上に雲があると沈んだ太陽からの光が雲に当たり湖面が赤く焼けてきます。これが残照です。湖面が赤く焼け空が青く、自然のグラデーションは素晴らしいの一言に尽きます。天気が良すぎるとなかなか現れません。夕景は日が沈む時と沈んでからの残照と2回チャンスがあります。日が落ちてから数人いたカメラマン達が引き上げてしまいましたが、私は現れる可能性が低い残照を待って一人で撮り続けていました。そこに私を涸沼へ導いてくれたHIROさんが偶然現れてたのです。初めてお会いすることが出来ました。私が涸沼へ写真を撮りに行くようになったのはHIROさんの素晴らしい涸沼のHPを見てからです。偶然でした。

HIROさんのHP http://www2.ttcn.ne.jp/hhiros/

E1099390E1099394 E1099398 E1099401 E1099426

E1099435 E1099453 E1099468 E1099470 E1099480 E1099483 E1099494 E1099510 E1099520 E1099529 E1099538 E1099543 E1099554 

E1099562 E1099577 E1099578 E1099587 E1099594 E1099596 E1099603 E1099607

2007年1月10日 (水)

総願寺 関東三大不動の1つ

1月7日の埼玉県加須市の総願寺です。総願寺は関東三大不動の1つです。地名は加須市不動岡です。加須市は手打うどんの美味しいところです。市内に沢山の手打うどん屋が営業しています。それぞれ店によって味が違いますが、基本は硬めのうどんです。私の父も加須市出身なので私も幼い時から硬いうどんに慣れています。それぞれ好みがあるので、あっちの店が美味しいという人もいれば、こっちの店のほうが美味しいと言う人もいてなかなか面白いです。加須のうどんは総願寺の門前で手打うどんを参拝客に振舞ったのが始まりとされています。昔から稲作の裏作で小麦を作っていました。地元の小麦粉を使った手打うどんは、やはり美味しいです!是非一度お試しを!

E1079272

E1079276 E1079277 E1079280 E1079282 E1079287 E1079289 E1079291 E1079293 E1079295

 

2007年1月 9日 (火)

天城高原のベゴニアガーデン

年末31日に、2006年最後の写真撮り納めで、天城高原の天城東急のベゴニアガーデンへ行ってきました。久しぶりのベゴニアガーデンでした。やはりベゴニアは綺麗ですね!美しい花は美しく撮る・・・これが難しいのです!今年は花を美しく撮ることを心がけようと思っています。花のマクロ撮影は難しいです。撮るのは簡単なのですがね。やはり私は一歩引いて撮ってしまいます。それの方が花の美しさが撮れるのではないかと思っていますが、出来ればあと一歩ほど寄りたいですね!

Ec318890 Ec318893 Ec318894 Ec318895 Ec318899 Ec318902 Ec318904 Ec318905 Ec318908

Ec318911 Ec318913 Ec318915 Ec318917 Ec318918 Ec318919 Ec318920 Ec318922 Ec318925

Ec318926 Ec318927 Ec318932 Ec318936 Ec318937











午後遅くにベゴニアガーデンへ行ったので、帰り道は道路が一部凍結していました。この辺りは標高1000メートル以上あるので冬の夜はスタッドレスでないと危ないところです。冬は厳しいですが夏は快適なところで軽井沢や箱根と同じような気温です。天城高原ゴルフ場の春は色々な桜が沢山咲いていて綺麗です。夏は軽井沢の感じでゴルフを楽しめます。ゴルフを止めた私には今は関係がありません!ゴルフの会員権も売却してしまいました。

Ec318887 Ec318946 Ec318949

2007年1月 8日 (月)

下田市爪木崎の野水仙

12月30日に下田市の爪木崎に行ってきました。本当は下田の町を歩きたかったのですが時間がなくなってしまい、下田アンパンで有名な平井製菓の牛乳あんパンを買ってきただけでした。これが本当に美味しいアンパンなんです。お勧めです。

爪木崎の水仙は開花の時が毎年違います。今年は暖かいせいか例年より早いようです。アロエの赤い花と野水仙は良く似合います。爪木崎は野水仙の香りで満たされていました。爪木崎で偶然に写生をしている私の長兄夫婦とバッタリ出会いました。前夜、伊豆高原の行きつけのイタリアンで一緒に食事をしたのですがお互いに爪木崎の話はしていませんでした。長兄の別荘も我が家から1Km程のところにあります。電車とバスを乗り継いで来たそうですが、私の車は家族とワンちゃんたちで一杯でしたので爪木崎で分かれました。

Ec308736 Ec308776 Ec308783 Ec308785 Ec308786 Ec308753 Ec308755 Ec308762

Ec308763_1 Ec308766 Ec308769 

Ec308774_1 Ec308778 Ec308779 Ec308768_1Ec308780











爪木崎の海岸。海鵜が沢山いました。

Ec308740 Ec308757 Ec308756

2007年1月 7日 (日)

年末年始の伊豆高原の日の出

1月1日の伊豆高原の日の出。雲が多く伊豆大島の上に厚い雲がありました。厚い雲の上から太陽がやっと出てきました。最近の伊豆の気候は変わってきました。伊豆大島から直接太陽が上がってくる日の出は珍しく、ほとんどが伊豆大島の上に厚い雲が出てしまい、厚い雲の上から太陽が出てきます。気候もこの数年非常に寒く、伊豆高原の高いところでは早朝の車の運転に気をつけないと道路凍結で事故を起こすそうです。伊東が暖かいのは昔の話になってしまいそうです。

E1018966 E1018969E1018980  E1018972

E1018981 E1018990 E1018989_1











1月3日の日の出?です。天気が悪すぎました。

E1039004 E1039006 E1039009








12月30日の城ヶ崎海岸の日の出。

Ec308637   Ec308642 Ec308647    

Ec308641Ec308638Ec308652Ec308666Ec308656Ec308680








12月31日の城ヶ崎海岸の日の出。最後の写真は地震雲かな?確か地震があったと思います。

Ec318800 Ec318803 Ec318824 Ec318834

2007年1月 6日 (土)

年末年始の伊東市一碧湖

一碧湖です。年末は伊東も冷え込みました。大きな鳥の名前は分かりません。青サギにしては大きいですし?

Ec308789 Ec308792 Ec308798 Ec318845 Ec318855 Ec318857 Ec318863 Ec318866 Ec318868 Ec318870








一碧湖の道路を挟んだ反対側にある沼です。沼池と呼ぶそうです。ここは野鳥の宝庫です。猫ちゃんが数匹で日なたのなかで寝転んでいました。この池の縁に誰かが大きなねぐらを作ってくれたようで、猫小屋の中にそれぞれの寝床が作ってありました。寝床だけで10匹近い数でした。

E1028993 E1028997 E1029000 E1029003 Ec318876 Ec318881 Ec318885

Ec318884

2007年1月 5日 (金)

新春の日光

今日、日光へ行ってきました。今朝会う予定だった人が体調を崩してしまい延期になったので、急遽日光へ写真を撮りに飛んで行きました。日光は雪が例年よりかなり少ないようでした。日光東照宮の中へ入るのにお金を払わなければいけなくなったようです。以前は確か建物の中へ入る時だけ拝観料を払って、境内は無料だったと思いましたが・・・・。今は拝観料を払わないと境内の中へ入れなくなっていました。今回は外から撮るだけにしました。もう日光東照宮へは行かないつもりです。世界遺産の管理にお金がかかるのは当然でしょうが・・・・!

江戸時代までは日光のほとんどの土地は日光二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)の土地でした。つまり現在の日光国立公園はすべて二荒山神社の神域でした。神社としては伊勢神宮に次いで日本で2番目に広い神域です。徳川秀忠・家光の時代に戦略的な要地として日光に家康を祭るため日光東照宮がおかれました。この裏には江戸幕府と神社側との、かなり激しい遣り取りがあったと思います。歴史的には記録が全く残っていません。天下の怪僧天海が取り仕切ったそうですから、多分凄かったのでしょうね!家光の時代に氷川神社や鹿島・香取神宮の神主家達に大きな変化があり、数家が竈の灰も持ち出すことが出来ずに追い出されています。これは歴史の闇なのでしょうか!この話は氷川神社の元神主家で家光に追い出された角井家の前の当主に聞いた話です。今の大宮駅は明治時代に、この追い出された角井家の敷地の庭先に作られたのです。当時は誰もが駅を作ることに反対で角井家の当時の当主が仕方なく駅用地を提供したとのことです。歴史は調べると面白いですね!話があちらこちらへ飛んでしまいました。

JR日光駅。昔の雰囲気が残っています。

E1059132_1_1





日光東照宮の外側

E1059138 E1059136_1 E1059139 E1059145 E1059140 E1059142 E1059143 E1059144 

E1059150

E1059153_1 E1059155 E1059164 E1059207 E1059168 E1059173 E1059195 E1059197 E1059202

E1059204 E1059213 E1059216

E1059218_1

E1059223










二荒山神社

E1059177 E1059178 E1059179 E1059183









中禅寺湖

E1059227 E1059229 E1059233 E1059234 E1059237

E1059270





立木観音

E1059238 E1059239 E1059240_1









竜頭の滝

E1059245 E1059248 E1059263_1 E1059250_1 E1059255_1

2007年1月 4日 (木)

新年4日の渡良瀬遊水地

今朝、早起きをして新年早々渡良瀬遊水地へ行ってきました。今朝は割合暖かく6時半で渡良瀬は0℃でした。普通ならば今頃は-4℃程度なのですが!自宅を出る時は真っ暗で東の空の雲の具合は分かりませんでしたが西の空に月が綺麗に輝いていました。渡良瀬では東の空に雲が残っていて朝焼けには微妙な感じでした。最初は堤防の上に三脚を立てたのですが、霧が湧きそうもないので急遽車に戻り、堤防下の池に向かいました。沼の周りには20人近くのカメラマンが三脚を立てていました。今朝はipodに入れてあるフォーレのピアノ五重奏曲を聴きながら久しぶりにノンビリと撮影が出来ました。やはり透明感のある曲と透明感のある景色は良く合いますね。

E1049014 E1049020 E1049042 E1049046_1 E1049047 E1049050 E1049052 E1049055 E1049063 E1049064 E1049069 E1049074 E1049076 E1049082 E1049084 E1049087 E1049093 E1049101 E1049108 E1049118 E1049121 E1049129





昔は、節分とは 立春、立夏、立秋、立冬の前日で年に4回ありました。E1049124_1春の節分が大晦日で立春が元旦とされていたそうです。年賀状に迎春・初春と書くのもこれです。今年の立春は2/4です。ちなみに今年の旧正月は2/18だそうです。アジアのほとんどの国で旧正月が新年です。



古今和歌集の第2番目の紀貫之の歌 

春たちける日よめる

   袖ひちて

 むすびし水の

   こほれるを

 春立つけふの

 風やとくらむ

(意)立春の日に詠んだ歌

暑かった夏の日に袖が濡れるのもいとわずに手にすくって楽しんだ山の清水。それが寒さで凍りついているのを、春立つ今日の暖かい風が今頃は融かしているでしょう。

2007年1月 3日 (水)

明けましておめでとうございます

昨年中は皆様に大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

皆さん良いお正月をお過ごしでしょうか?29日から今日まで伊豆高原に行って来ました。快晴は29日だけでした。年明けからは雨交じりの安定しない生憎の天気でした。本当は明日4日に帰って来る予定でしたが、上の娘の仕事の関係者から下関の河豚のセットが今日送られてくるとのことだったので急遽予定変更して帰って来ました。河豚の方がいいですよね!

早速ですがルイ君とマリアンちゃんの伊豆高原でのスナップを今年の最初のブログにしました。マリアンちゃんに春が来ました。伊豆に着いて気がつきました。慌ててペットショップに行って必要なものを購入してきました。本人はケロッとしています。31日にルイ君が突然初めてマリアンちゃんに貢物も持って行きました。いつもマリアンちゃんがオモチャなどを咥えてルイ君の足元へ貢物をするのですが、今回初めてルイ君がマリアンちゃんに貢物をしたのです。マリアンちゃんもビックリしたようで後ずさりをしていました。その後でルイ君がマリアンちゃんの背中に前足を乗っけてネ~!て感じで・・・・。マリアンちゃんは逃げ回っていました。何時もはマリアンちゃんがルイ君を追いかけているのですが!人間と同じですかね!今は以前と同じマリアンちゃんが近づくとルイ君はウ~!ルイ君はチャンスを逃したのかな?春はまだ遠い!

ルイ君とマリアンちゃん。ご飯をはさんで睨み合い。R0011254

マリアンちゃん

R0011264 R0011301_1 

R0011325_1

R0011287

R0011281

R0011270

ルイ君

R0011284_1

R0011321 R0011326

R0011271



ルイ君とマリアンちゃん

Ec308744

Ec308743



ワンちゃん用の・・・?何か可笑しい!

R0011275 R0011278 R0011276 R0011277



古今集から壬生忠岑(みぶのただみね)

   春きぬと

  人はいへども

   うぐひすの

  鳴かぬかぎりは

  あらじとぞ思ふ

(意)春がやってきたと人は言うが鶯が鳴き声を聞かせないうちは、私は春が来たのではあるまいと思っている。

伊豆の家の庭に鶯がつがいで飛んで来ました。まだ鳴いてはくれませんが春が近いと感じさせられました。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ