« さいたま市見沼あたり6 | トップページ | さいたま市見沼あたり7 »

2007年1月14日 (日)

上野東照宮ぼたん苑2

1月12日に昼の新年会の後に再び上野東照宮ぼたん苑へ行って来ました。今回はE-330にペンタックスの28mmソフトレンズをつけたのと、ズイコーレンズにフィールターのソフトンBをつけたのと2種類の画像をアップします。前回1/10の小さいデジカメR-4での上野東照宮ぼたん苑とは撮り味が違うと思います。牡丹はややソフト気味に撮るのが良いようです!

E1129673 E1129674 E1129675 E1129676 E1129679 E1129680 E1129688 E1129692 E1129699 E1129707 E1129709 E1129710 E1129714 E1129721 E1129723 E1129731 E1129733 E1129736

E1129739 E1129744 E1129745 E1129752 E1129756 E1129758

E1129760 E1129764 E1129766










牡丹の花は8世紀には間違いなく日本に入ってきていたと思います。不思議なことに和歌ではあまり歌われていません。昔は「二十日草」とか「深み草」とも呼ばれていたようです。

詞花和歌集から藤原忠実の歌

   咲きしより

 散り果つるまで

   見しほどに

 花のもとにて

 二十日へにけり

もっとも有名な楊貴妃と牡丹を歌った李白の三連作の漢詩の一番

清平調詞 其一  李 白

雲想衣裳花想容
春風払檻露華濃
若非群玉山頭見
会向瑤台月下逢

<通釈>
雲を見れば、楊貴妃の美しい衣裳が目に浮かび、牡丹の花を見れば、楊貴妃の美貌が連想される。心地よい春風が宮殿の手摺りを吹き抜け、牡丹を濡らす美しい露は艶やか。楊貴妃ほどの美人は、群玉山辺りで見かけられなければ、瑤台の月明かりの下でしか巡り会えないだろうな。

« さいたま市見沼あたり6 | トップページ | さいたま市見沼あたり7 »

コメント

こんばんは、シゲさん。
どれもこれも見事な牡丹です。
楊貴妃はこんなだったんですね~!
一度お目にかかりたいですよ^^;
詳しい説明も勉強になりました。

それと数日前の涸沼の夕陽、素晴らしいですね。今回の牡丹の花といい、あの夕陽といい、こだわりをもったシゲさんの写真技術・・・弟子にして下さい^^;
私もデジタル一眼欲しくなってきました!

なるなどソフトな感じでまた一味違いますね。
こういう感じもいいもんでする

おばんでございます。

あ~、行きたい上野寛永寺!

冬牡丹に蝋梅...もう、堪りませんね~。

水曜日まで持つでしょうか.....。
この日まで、出掛けられないのです。^^;

一休さん、こんばんは。
続編も考えています。少ししつこいかな?花が少ないこの季節貴重な冬牡丹です。
デジ一眼は良いですよ!

tanuki oyajiさん、こんばんは。
ソフトは使い方次第で良くもなり悪くもなりですね。

ろまんさん、こんばんは。
水曜日は雪かも?雪が降れば最高ですよ!牡丹と蝋梅は雪にピッタリです。

こんばんは。

上野動物園につい最近行ったのに、東照宮でこのイベントをやっていることに気がつきませんでした。また行かなくちゃ。

ほんとにみごとなぼたんですね。
楊貴妃のような美貌という表現はとても似合います。そしてソフトな効果がそれをますます引き立てているように思います。

Noribenzさん、こんばんは。
牡丹は本当に綺麗です。香りも好いです。是非花も香りも楽しんでください。春の牡丹より小ぶりですが綺麗です!まだ花も痛んでいませんでした。

李白の楊貴妃を想う気持ちをロマンチックに表してますね、さぞかしきれいな人だったのでしょうね、世界3大美人なんですから、でもこの牡丹も決して負けてないと想いますよ、お互い美しさを競ってます。

こんばんは。

牡丹の季節ですね。そういえば鎌倉八幡宮も牡丹祭り?なるものをやっていたような・・・。なんかこのまま春になっちゃいそうな・・・温かい。

こんばんは。

東照宮の冬牡丹は見たいと思っていました。
でも、今日は旧芝離宮恩賜庭園で見ましたよ。
別件で行ったものですから、写真には撮ってはいませんが・・・

たまに雪を被ったものを見ますが、そういったシチュエーションでは
なかなか撮れないでしょうね。
ましてや貧乏暇なしのしがないサラリーマンでは(笑)

今回はソフトで決めたんですね。
E330にペンタ28㎜ソフトをつけるとはなかなかですね。
ピント合わせが辛くはなかったですか?
私のはEF135㎜でAFが効きますが、いかんせん焦点距離が長すぎます。

全体的にいい雰囲気で撮られていますね。

上左が好みです、主役、脇役の対比が良いと思います。

こんばんは。
牡丹にソフトレンズは確かに合いますね。
上段の方がペンタックスの28mmでしょうか?

牡丹にソフトいいですね~!
日差しが強いと、色が飛んでしまうので優しい感じとアンダー目の雰囲気が最高ですね!!

甘酒、飲みました??

シゲさん こんばんわっ♪

もう、寒牡丹がさいているんですね。
お見事です。
この花びらの豪華さに見惚れてしまいますね。
牡丹と楊貴妃ってお似合いですね。

それにしても綺麗な作品となっていますね。
流石です。

なんとなく和歌でうたわれていないのが解かるような気がします。
日本人の感覚としては、詩にするなら、もっと儚い花を選びそうですね。

五郎さん、おはようございます。
楊貴妃と競うほどの美しさです。綺麗です!

さんぽみちさん、おはようございます。
鎌倉でも冬牡丹がありますか?あれだけの寺院がありますから、何処かで育てているでしょうね。後で調べてみます。

ZEISSさん、おはようございます。
E-330にペンタックスのソフトレンズを付けて撮るのはMFになりますのでかなりきついです。ソフトレンズはファインダーで見てもピントを合わせるが難しいです。

the-fujiさん、こんにちは。
ありがとうございます。私もあのショットがお気に入りのひとつです。花は対比させると存在感がでますね。

photobananasさん、こんにちは。
上のほうがペンタックスのソフトレンズで、下のほうがソフトンBフィールターです。

maeteruさん、こんにちは。
ソフトンBもなかなかいいですね。maeteruさんのブログで思い出したフィールターでした。甘酒は苦手です。どっちかというと冷酒のほうが!

yorikoさん、こんにちは。
牡丹と楊貴妃の組み合わせは想像力をかきたてさせられますね。李白の漢詩は見事だと思います。

シゲさん
おはようございます
牡丹をこんなにたくさん観たことないですね
写真っていいですね
つくづくそう感じます
肉眼でなくとも
感動はいただけますもんね~~
ソフト。。。素敵です。そして好きです
牡丹 とても難しそうですね
主張がきちんとあるお花のような気がします
優しく撮ってあげればよいのか
それともば~~んと派手の描写がいいのか。。。

とても勉強になります

和三郎さん、おはようございます。
仰るとおりかも知れませんね。牡丹が和歌にほとんど歌われていないのは派手すぎるのでしょうか?昔の日本人が今の時代の侘び寂びを理解できるのか疑問です。昔の桜は山桜でしょうから白かったと思います。しかし、寺院は朱や群青色などをべたべた使っていたようですから・・・・?昔は花を育てるということはあまり無かったのかもしれません。

vertさん、こんにちは。
花の撮り方は難しいですね。私は優しくしか撮れません。花って可愛いものですから可愛く優しくKilling me softlyです。少し意味が違うかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/4899847

この記事へのトラックバック一覧です: 上野東照宮ぼたん苑2:

» 上野東照宮の冬牡丹 [東京けいと日記]
2人の着物の先輩と、上野東照宮の冬牡丹を観に行きました。 今回ははしょって半幅帯で。 紫の格子柄着物(洗えるやつ)を着ていきました。 まずは上野で待ち合わせ。 「遅刻します」というメールが入ったので、じゃ買い物でもしようかなと思ってるうちに、洋服をバカ....... [続きを読む]

« さいたま市見沼あたり6 | トップページ | さいたま市見沼あたり7 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ