« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

花之江の郷

2月24日に栃木県都賀町の花之江の郷へ行って来ました。まだ早春で花の数も少なかったです。バイカオウレンは綺麗に咲いていました。セツブン草も数は少なかったですが元気に咲いていました。イチゲの花は花が閉じたままでした。日がさしてくると花が開くのですが時間がなくて待ちきれず写真を撮らずに帰ってきました。

バイカオウレンです

E2241360 E2241389 E2241391 E2241405 E2241407 E2241409 E2241419 E2241422 E2241427 E2241428 Imgp2146







セツブン草そのほかの花々

E2241369 E2241370 E2241379

E2241399E2241430_1 E2241432 E2241374 Imgp2139 Imgp2141 Imgp2152 












K10Dで少し遊んでみました。多重露出です。操作の方法が良く分からないで撮ってみました。失敗作ですが面白そうなので・・・・!

Imgp2132 Imgp2135

2007年2月27日 (火)

さいたま市内の2月

浦和市内の玉蔵院の地蔵堂と紅白の梅です。この隣の本堂の前に有名な枝垂れ桜があります。毎年NHKから中継車が出て、ニュースなどで生中継されます。以前、私が施主で法事をしたときに、丁度枝垂れ桜の満開と重なってしまいました。中継の時間と法事がぶつかってしまい、住職が気もそぞろでお経を上げました。後ろに座っていて住職の気持ちが手に取るように分かり、後ろから坊主頭をド突いてやろうかと思いましたが、参列している親戚の手前出来ませんでした。

玉蔵院は市内最古の寺院です。平安時代の創建で弘法大師が開基したと伝えられています。

Imgp1518_1 Imgp1597_1 Imgp1600_1 Imgp1602_1 Imgp1598_1 Imgp1604_1






見沼田んぼの春です。広い見沼を車で駆け回りました。広いのでもう一度行けと言われても辿り着けないと思います。烏瓜の場所は烏瓜の写真を撮りに行きたいので忘れません。

Imgp2059_1 Imgp2060_1 Imgp2062_1 Imgp2064_1 Imgp2068_1 Imgp2070_1 Imgp2072_1 Imgp2073_1 Imgp2074_1 Imgp2076_1 Imgp2079_1 Imgp2082_1 Imgp2083_1 Imgp2087_1 Imgp2085_1 Imgp2088_1 Imgp2091_1 Imgp2092_1 Imgp2099_1 Imgp2103_1 Imgp2105_1 Imgp2106_1

2007年2月26日 (月)

小石川後楽園2

2月21日の小石川後楽園の続きです。ますます田舎の雰囲気ですね!都心の後楽園ドームの隣にこんな自然が残っているのは不思議ですね!小石川後楽園は神田上水の分流を庭内に流し込み築園しました。園内は水が流れていて都心のオアシスのようです。

古今集の藤原敏行の恋の歌です。敏行は在原業平の義理の兄弟です。素晴らしい歌詠みです!

     つれづれの

  ながめにまさる

     涙川

  袖のみぬれて

  逢ふよしもなし

(意)何も手につかず物思いに耽っていると、長雨に増水する川のように涙の川も水嵩が増してくる。あなたに逢いに行けなくて、私は袖ばかりを濡らして過ごしている。

E2211324 E2211327 E2211329 E2211331 E2211336 E2211339 E2211343 E2211345 E2211346 E2211347 E2211349 E2211351 E2211354 E2211355 E2211356_1 E2211357_1

Imgp2055_1












水戸光圀は黄門様として有名ですが、この話は幕末の講釈師達が作り上げたお話です。助さん格さんは実在しましたが、黄門様が実際に行ったのは鎌倉だけのようです。光圀公は1657年彰考館(史局)を駒込藩邸に作り「大日本史」の編纂に取り掛かりました。後に史局は小石川藩邸に移されました。完成したのは1906年明治39年でした。ほぼ250年もかかった大事業でした。水戸藩は大日本史などの編纂事業に巨額の金銭を注ぎ込み、結果として、光圀が藩主時代は8公2民と言う超重税をかけたため農民の逃散や、一揆の頻発を招きました。また幕末には天狗党の蜂起の鎮圧に勢力を使い切り、幕末の尊王攘夷思想の中心にはなりましたが、幕末の動乱の中心は薩摩・長州に奪われました。15代将軍徳川慶喜が水戸藩の出身だったのも明治維新の中心になれなかった大きな理由の一つだったのでしょう。慶喜には尊王を至上命題とする水戸学の思想が根底にあり京都の朝廷と対立することは無理だったのでしょう。ここでもしも歴史のもしもがあれば、薩摩・長州指導の明治維新は無かったかも知れません。小栗上野介など幕府側高級官僚の指導する明治維新があったかもしれません。小栗上野介は私の尊敬する偉人の一人です。彼が幕末にフランスの援助で横須賀に作った横須賀造船所の3トン・スチームハンマーは幕末から平成12年まで150年近くも動き続けました。これは日本のマザーマシンと呼ばれ、このスチームハンマーで日本の産業を興す工具や部品を造るための機械を造ったのです。日本の全ての工業の母でした。スケールの大きな凄い話です!小栗上野介は幕末にこの施設を作る時「土蔵付き売り家の栄誉が残せる」と言っていたそうです。つまり政権が代わっても次の時代に財産を残せるとの意味です。話が飛びすぎて長くなりました。この話はいずれ近いうちに又したいと思います。

2007年2月25日 (日)

小石川後楽園1

2月21日の小石川後楽園です。この公園は徳川御三家の一つ水戸徳川家の上屋敷に初代藩主頼房が築いた庭園を2代目藩主水戸光圀が改修した回遊式泉水庭園です。梅が綺麗でした。都心にありながら田舎の感じがする庭園です。

水戸光圀公の歌で、正妻前関白近衛信尋の次女尋子を偲んだ歌が常山詠草に残されています。この歌は江戸常駐が義務付けられていた水戸藩主の光圀が上屋敷のこの庭で亡き妻を思い出して歌ったものではないでしょうか?

    もろともに

  見しその人の

    形見ぞと

  思へば思へば

  月もなつかし

(意)一緒にながめたあの人を思い出す手がかりと思えば、月も慕わしく感じられる。

E2211279 E2211283 E2211284 E2211285 E2211287 E2211292 E2211293 E2211294 E2211298 E2211302 E2211303 E2211304 E2211306 E2211307 E2211310 E2211313 E2211316 E2211317 E2211320

2007年2月24日 (土)

湯島天神

2月21日に上野公園から湯島天神へ回り、最後は小石川後楽園へ行ってきました。湯島天神は勉学の神様菅原道真を祭った神社で、境内の絵馬はほとんどが合格祈願です。湯島の白梅で有名なように湯島は白梅が多い土地です。

明治40年の大和新聞の連載小説で有名になった泉鏡花の「婦系図」は湯島天神を舞台にした話です。この小説の中では、次のお蔦の言葉で有名です。「切れるの別れるのって、そんな事は芸者の時に言うものよ・・・・。私にゃ死ねと言って下さい」。モデルは泉鏡花自身と夫人の元神楽坂芸者桃太郎、伊藤すずさんです。

湯島天神は江戸三大天神の一つで、江戸時代は幕府公認の江戸三富の一つで富くじを出していました。三富とは湯島天神・谷中の感応寺・目黒不動です。

菅原道真の有名な和歌で道真の死後約100年後の勅撰和歌集「拾遺和歌集」に載っています。

     東風(こち)ふかば

  にほひをこせよ

     梅の花

  あるじなしとて

  春な忘れそ

上野公園から不忍池

Imgp1993 Imgp1994 Imgp1996 Imgp1999 Imgp2000 Imgp2004 Imgp2005 Imgp2006








湯島天神

Imgp2015 Imgp2017 Imgp2022 Imgp2024 Imgp2031 Imgp2033 Imgp2035 Imgp2036 Imgp2039 Imgp2040 Imgp2043 Imgp2045 Imgp2046 Imgp2051 Imgp2053 Imgp2054

2007年2月23日 (金)

新宿御苑5寒桜

2月16日の新宿御苑の続きです。寒桜の開花が進んでいます。今回は寒桜が中心です。三椏のそばに咲いていた椿の赤い色が強烈な赤でした。心に残る赤です。

新古今集から式子内親王の歌

     はかなくて

  過ぎにしかたを

     かぞふれば

  花にもの思ふ

  春ぞ経(へ)にける

(意)夢のように過ぎ去ってしまった過去のことを、あれこれ数え上げてみると、花で物思いをして多くの春が過ぎ去ってしまったことだ。

この歌の時代の花は桜でしょうが、式子内親王のこの歌の花には実体がなく何の花でもよかったような気がすると白洲正子氏は著作の中で述べています。確かのそんな感じの歌だと思います。

Imgp1643 Imgp1650 Imgp1654 Imgp1656 Imgp1659 Imgp1663 Imgp1669 Imgp1673 Imgp1674 Imgp1688 Imgp1687_1 Imgp1724 Imgp1727 Imgp1713 Imgp1714 Imgp1716 Imgp1718 Imgp1720 Imgp1704

2007年2月22日 (木)

新宿御苑4梅花

2月16日に新宿へ行く用事があったので、少し早く浦和を出て新宿御苑へ行ってきました。梅は8~9分咲きでした。寒桜も5~6分咲きの状態でした。

やはり梅は良いですね。梅の香りに包まれると心が落ち着きます!桜の花を見ると心が騒ぎます!

古今集より紀貫之の歌。百人一首にも選ばれている歌

     人はいさ

  心もしらず

     ふるさとは

  花ぞむかしの

  香ににほひける

(意)住む人はさあどうか、心は変ってしまったか。それは知らないけれども、古里では、花が昔のままの香に匂っている。人の心は移ろいやすいが梅の花は昔と変わらず私を迎え入れてくれる。

新古今集より源俊頼の歌

     心あらば

  問はましものを

     梅が香(か)に

  たが里よりか

  にほひ来(き)つらん

(意)梅の香りにもしも心があるならばそれに向かって問いかけよう。いったい誰の里から匂ってきた来たのだろうか。

Imgp1611 Imgp1613 Imgp1740 Imgp1612 Imgp1614 Imgp1615 Imgp1618 Imgp1619 Imgp1622 Imgp1625 Imgp1630 Imgp1631 Imgp1633 Imgp1634 Imgp1635 Imgp1683 Imgp1695 Imgp1698 Imgp1701 Imgp1708 Imgp1738

2007年2月21日 (水)

川口グリーンセンター

2月15日に川口グリーンセンターへ行ってきました。春一番の強風の吹く日でした。カメラを構えていて風で体が動いてしまうほどでした。梅林の花も風で舞っているようで、ピントを合わせるのに大変な苦労をしました。園内は早春の花が咲いていて、これから本格的な春の花に変わってくると思います。今後が楽しみな場所です。

先日購入したシグマのペンタックス用10-20mmの初撮りでした。もう少し使い込んでみないと分かりませんが、良い超広角ズームレンズだとの初印象でした。

E2151237 E2151202 E2151204 E2151205 E2151207 E2151209 E2151211 E2151214 E2151216 E2151219 E2151208

Imgp1519 Imgp1522 Imgp1523 Imgp1524 Imgp1537 Imgp1539 Imgp1540 Imgp1543 Imgp1544 Imgp1546 Imgp1548 Imgp1555 Imgp1556 Imgp1563 Imgp1565

Imgp1568 Imgp1569 Imgp1571 Imgp1576

2007年2月20日 (火)

渡良瀬遊水地の朝焼け3

2月17日に渡良瀬遊水地へ朝焼けを撮りに行ってきました。17日夕方から天気が崩れる予報だったので、早朝は霧が湧くはずと見当を付けて早起きをしました。渡良瀬遊水地の土手の上に立つと霧が微かに湧いていましたが、土手のそばには湧く気配がないので思い切って遊水地の中ほどへ移動しました。幸いにして川霧が湧き始めました。最初はカメラマンは数人でしたが、やがて遊水地のあちらこちらから人が集まり始め30名以上のカメラマン達が集まりました。久しぶりの霧に皆が興奮し夢中でシャッターを押していました。霧は刻一刻と表情が変わってきます。渡良瀬の霧としては大した霧ではありませんでしたが、今年の冬では久しぶりに湧いた貴重な霧でした。

Imgp1758 Imgp1762 Imgp1771 Imgp1773 Imgp1778 Imgp1779 Imgp1781 Imgp1787 Imgp1790 Imgp1796 Imgp1803 Imgp1805 Imgp1808 Imgp1814 Imgp1816 Imgp1818 Imgp1826 Imgp1833 Imgp1835 Imgp1839 Imgp1848 Imgp1851 Imgp1852 Imgp1854 Imgp1855 Imgp1863 Imgp1865 Imgp1874 Imgp1884

2007年2月19日 (月)

さいたま市大宮第二公園

2月の初めに大宮第二公園の梅林へ行ってきました。大宮第二公園には花菖蒲の季節に行ったことが何度かありましたが、梅の季節は初めて行きました。

西行法師の山家集より

     ゆきずりに

  一枝折りし

     梅が香の

  ふかくも袖に

  染(し)みにけるかな

(意)軽い気持ちで一枝手折っただけの梅の香りが、こんなにも深く私の袖に染みこんでしまうとは!

男と女は奥が深く、昔も今も同じなのですね!

E2030958 E2030961 E2030962 E2030964 E2030965 E2030967 E2030969 E2030970 E2030973 E2030974 E2030976 E2030980 E2030986 E2030990 E2030992 Imgp1023 Imgp1029 Imgp1033 Imgp1039 Imgp1041

2007年2月18日 (日)

伊東の伊豆高原

今回の伊豆高原です。桜は城ヶ崎海岸の河津桜で桜の木の根元には花弁が沢山落ちていました。菜の花は城ヶ崎への道の途中に咲いていました。クリスマスローズはあちらこちらで咲いていました。寒アヤメも一輪だけ見かけました。やはり伊豆高原にはミモザの黄色い色が合います!

E2121177 E2121181 E2121178 E2121184 E2121199 Imgp1247 Imgp1250 Imgp1253 Imgp1254 Imgp1256 Imgp1259












伊豆高原の家の二階からの夕景。大室山の上に赤い雲が出ました。木々の向こうは海です。天城連山と伊豆大島も見えるのですが、電線と電柱が邪魔になり写真になりません。東京の人は海と言いますが、地元の人は大室山と天城連山の方が良いと言います。伊豆高原から海と伊豆大島が見えるのは冬だけですので住んでみると地元の人たちの意見に納得します。

Imgp1411 Imgp1412








富士山は沼津御用邸記念公園の外の海岸からの富士山です。沼津漁港そばに沼津魚市場があります。この時は朝10時過ぎですが買い物客で混雑していました。食堂は11時頃から開きだします。10時頃だと開いている食堂が少ないので営業している店は大混雑します。市場は鮮魚や干物などを売っている店が沢山ありま。買い物をして食堂が開くのを待っています。確かにお土産の魚も食堂の食事も安くて美味しいです!11時頃になると有料駐車場は満杯になります。

Imgp1504 Imgp1507 Imgp1508









昨夜、新しいWINDOWS VISTAのパソコンが配達されてきました。今まで自宅用に使っていたWindows XPのパソコンが動かなくなってきたので買い換えました。本当はもうしばらく待ちたかったのですが、起動するのに20分近くかかるようになってしまい、ついに諦めました。何とか昨夜中に新しいパソコンでメールとインターネットができるようにしました。使えるソフトが未だ少ないので心配です。

2007年2月17日 (土)

伊豆の城ヶ崎の朝

  城ヶ崎海岸の朝です。相変わらず伊豆大島の上に厚い雲が出てしまい綺麗なシャープな朝焼けではありません。雲が適当に出て、そこそこの朝焼けでした!太陽が顔を出すのと同時に鳥たちが一斉に飛び立ちます。

E2121090 E2121094_1 E2121159_1 E2121122 E2121136 E2121149 E2121152 Imgp1434 Imgp1456 Imgp1472 Imgp1480 Imgp1485 Imgp1490 Imgp1497

2007年2月16日 (金)

伊豆バイオパークの梅園

11日に東伊豆町稲取の伊豆バイオパークにある梅園へ行ってきました。サファリに隣接している梅園で、なかなか綺麗でした。熱海より南にあるので明るく感じられます。雛のつるし飾りは園内に展示されていました。ペリカンはモモイロペリカンです。園内のレストランの窓ガラスの外側にジッとしていました。最初は人形かと思っていたのですが!タンポポは絶滅危惧種の日本タンポポです。最近少なくなりました。西洋タンポポはガクが外へ開いていますが日本タンポポは開いていません。

古今集から 紀友則の歌

     君ならで

  誰にか見せむ

     梅の花

  色をも香をも

  しる人ぞしる

(意)あなた以外の誰に見せたらいいのでしょうか、この梅の花の色にせよ香りにせよ、ものの美しさを解するあなたにだけに分かっていただけるのです。

E2111068 E2111069 E2111072 Imgp1345 Imgp1350 Imgp1359 Imgp1368 Imgp1371 Imgp1389 Imgp1373 Imgp1376 Imgp1377 Imgp1379 Imgp1380 Imgp1382 Imgp1385

Imgp1387_1   Imgp1398

Imgp1399_1 Imgp1362_1

Imgp1395Imgp1392

2007年2月15日 (木)

河津桜

2月11日に河津桜を撮りに河津町の河津川に行ってきました。桜は5分咲き程度で、菜の花が7分咲きでしょうか!菜の花と桜の開花がなかなか合わないのですが、今年は合った様です。11日は風が強く花が風で揺れてしまい、なかなか難しかったです。朝早く行ったので最初は人出が少なかったのですが、途中から観光バスなどが大挙して押し寄せてきてしまい観光客で大混雑となってしまいました。混雑の中で2頭の愛犬のうちのマリアンちゃんの引き綱を持っての撮影でしたので片手撮りとなり、かなり苦労しての撮影でした。

これから桜のシーズンの始まりのはじまりです。梅も盛が始まりますので忙しい季節になります。春ですね!

古今集より 在原業平の歌

     世の中に

  絶えて桜の

     なかりせば

  春の心は

  のどけからまし

同じく古今集から 惟喬親王(これたかのみこ)の歌

     桜花

  散らば散らなむ

     散らずとて

  ふるさと人の

  来ても見なくに

(意)綺麗に咲き乱れた桜の花、散りたければさっさと散って欲しい。散らないと言って頑張ったところで、私の昔馴染みは見にも来てくれない。

上の在原業平の歌は惟喬親王の領地で詠まれた歌。業平の歌は名歌ですね。惟喬親王の歌も「散る」節回しが素晴しい歌だと思いますが、少しひねくれた歌かも知れませんね。

     

E2111046 E2111056 E2111058 E2111062 Imgp1272 Imgp1273 Imgp1278 Imgp1284 Imgp1285 Imgp1290 Imgp1299

Imgp1302_1 Imgp1304_1 Imgp1308 Imgp1311 Imgp1314 Imgp1318 Imgp1319 Imgp1328 Imgp1331 Imgp1332 Imgp1337 Imgp1343

2007年2月14日 (水)

鎌倉英勝寺と福寿寺

今回の鎌倉の最後です。鎌倉は関東圏では一番古い歴史の残る町です。山が迫っていて狭い土地ですので京都のような感じではありません。

花のお寺海蔵寺を後にして歩いて10分ほどで英勝寺に至ります。

英勝寺は大田道灌が館を建てていた場所とも言われています。その後水戸徳川家の姫君が代々住職となる鎌倉で現存する唯一の尼寺です。山門は関東大震災で倒壊し、一時別な場所で保管されていました。最近復興の話があり、現在、古い部材は分解されて境内に保管されているそうです。

Imgp0858 Imgp0878 Imgp0859 Imgp0860 Imgp0862

E2010845 E2010848 E2010850 Imgp0865 Imgp0869 Imgp0870

Imgp0872_3 Imgp0873 Imgp0879








福寿寺は英勝寺の隣にあるお寺で源実朝と北条正子の墓があると言われています。私は時間がなくて境内の奥まで行けませんでした。

Imgp0882 E2010851  Imgp0881 Imgp0884 Imgp0885

Imgp0883

2007年2月13日 (火)

熱海梅園

2月10日に伊豆高原へ行く途中、熱海梅園へ行ってきました。熱海梅園の梅は例年より少し早い開花ではないかと思います。見頃は今週末頃になると思います。数年前には2月の中旬前に見頃を迎えたことがありました。熱海は梅園で有名ですが熱海桜でも有名です。熱海桜は寒緋桜と山桜の交配で生まれたと言われています。河津桜は寒緋桜と大島桜の自然交配と言われています。毎年この季節には熱海を通りますが梅と桜の両方が咲いているのは久しぶりに見ました。今年は熱海桜が綺麗でした。寒緋桜系は寒さに弱いそうで開花時期は気候に大きく左右されるそうです。

11日は河津に行ってきましたが、まだ蕾の桜もあり咲いている桜も5分咲き程度が多かったです。今年はタイミング良く菜の花が咲いていていました。河津桜の写真は後ほどアップします。

Imgp1196_2 E2100998_1 E2101002 E2101007 E2101013 E2101016 E2101010 E2101027 Imgp1205 Imgp1207 Imgp1211 Imgp1214 Imgp1219 Imgp1220 Imgp1221 Imgp1222 Imgp1225 Imgp1228 Imgp1229 Imgp1230 Imgp1234 Imgp1238 Imgp1240

 

2007年2月12日 (月)

鎌倉海蔵寺

明月院の次に花のお寺として有名な海蔵寺へ行きました。亀ヶ谷切通しを抜けて海蔵寺へ入りました。亀ヶ谷の切通しは昔は亀が歩くようにユックリと歩くほどの急な坂道だったそうです。今は完全舗装の割合緩やかな坂道です。旧道はさすが急なようですが通行止めのようです。

海蔵寺への途中

E2010816 Imgp0832 E2010817 E2010818 Imgp0833







西行法師の歌。山家集より

     ぬしいかに

   風わたるとて

     いとふらむ

   よそにうれしき

   梅の匂(にほ)ひを

(意)道を隔てた向かい側の僧坊の主は、どうして風が吹くのを嫌がるのだろうか。梅の花が散るのを惜しむからだろうが、その風のお陰でこちらは梅の香りに恵まれるのだ。

E2010835 E2010831  E2010828   

E2010822_3 E2010825_1 E2010827

E2010838 Imgp0836 Imgp0838 Imgp0845 Imgp0846 Imgp0847 Imgp0848 Imgp0850 Imgp0856 Imgp0857

2007年2月11日 (日)

さいたま市花の丘農林公苑

2月9日さいたま市の旧大宮花の丘農林公苑へ行ってきました。正式名称は良く分かりません。最近出来た公園のようで最近ブログを見て知った公苑です。カーナビにも載っていませんでした。自宅から30分弱で着きました。

菜の花がかなり咲いていましたが写真ほど菜の花の数は多くありません。と言うより早く咲きすぎてしまって苗が育っていないようでした。カメラはK10Dクローズアップ・フィールターとフォギー・フィールターを時々使っています。

Imgp1166 Imgp1167 Imgp1168 Imgp1170 Imgp1172 Imgp1178 Imgp1180 Imgp1182 Imgp1183 Imgp1186 Imgp1189 Imgp1191  Imgp1187

Imgp1193 Imgp1192

Imgp1188

2007年2月10日 (土)

北鎌倉明月院

北鎌倉の明月院です。少し花が少ない季節です。このお寺は一年中楽しめるお寺です。特に紫陽花が有名で、季節には大混雑します。2月1日は丁度ロウバイが満開を過ぎたところで、香りが素晴らしかったです。マンサクと椿も綺麗でした。最初の3枚は明月院への道の途中です。

E2010791 E2010792 E2010814 E2010793 E2010797 E2010801 E2010803 E2010812 E2010806 Imgp0827 Imgp0830

Imgp0825_2







井戸は鎌倉十井の一つ「瓶の井」(つるべのい)です。

Imgp0828











「明月院やぐら」です。上杉憲方の墓とも言われています。鎌倉で一番大きいやぐらです。やぐらとは中世の鎌倉の横穴式墳墓・供養所で上流階級の墳墓だけ「やぐら」と呼びます。

E2010804 Imgp0826

2007年2月 9日 (金)

皇居東御苑

2月6日に仕事の合間を見て、皇居の東御苑へ行ってきました。色々な花が咲き始めの感じでした。梅林坂の梅が全体では5分咲き程度でした。

和田倉噴水公園近辺

Imgp1046

Imgp1048





大手門

Imgp1050  Imgp1049




東御苑

Imgp1064 Imgp1058 Imgp1065 Imgp1068 Imgp1069 Imgp1075 Imgp1074 Imgp1089 Imgp1091 Imgp1101 Imgp1080 Imgp1086

Imgp1084_1













東御苑内 諏訪の茶屋

Imgp1103 Imgp1112 Imgp1146 Imgp1149 Imgp1150 Imgp1151 Imgp1132 Imgp1138











東御苑内 梅林坂 

残念ながらここでバッテリーが切れてしまいました。ちょうど昼休みだったので、近所のオフィスに勤めている多くの会社員達がカメラを持って写真を撮っていました。

Imgp1157 Imgp1158 Imgp1162 Imgp1163

2007年2月 8日 (木)

北鎌倉浄智寺

北鎌倉の浄智寺です。現在有名な鐘楼門は解体修理中です。井戸は鎌倉十井の一つと言われる「甘露ン井」(カンロノイ)です。

Imgp0801

E2010778_1 Imgp0824 E2010781 E2010780 E2010786 E2010787

E2010783 Imgp0820 Imgp0805 Imgp0823 Imgp0811 Imgp0813 Imgp0807 Imgp0817 Imgp0806 Imgp0818











たぬきの像がありました。竹林に囲まれて静かに佇んでいました。布袋さんはオバサンたちの人気の的で皆さんお腹を撫でて笑い転げていました!何かを思い出しているのかもしれませんね。布袋様は未来を加護する弥勒様の化身です。お釈迦様が亡くなってから57億6千万年後の未来に本来の弥勒如来として現われ、私達人間を救ってくれるというのです。弥勒様は中国の唐の時代に契此(かいし)というお坊さんになって一度現れたそうです。ここの布袋様は、この契此様を石像にしたものです。

Imgp0812 Imgp0814

2007年2月 7日 (水)

見沼グリーンセンター2

見沼グリーンセンターの主に温室の写真です。前回はE-330での画像でしたが、今回はK10Dの画像です。ペンタックス用のマクロレンズを持っていないのでシグマの18-200mmレンズ一本だけです。時々クローズアップフィールターを使いました。

Imgp0391 Imgp0393 Imgp0398 Imgp0399 Imgp0401 Imgp0402 Imgp0404 Imgp0405 Imgp0408 Imgp0409 Imgp0411 Imgp0414 Imgp0416 Imgp0418 Imgp0420 Imgp0425 Imgp0427 Imgp0429 Imgp0431 Imgp0432 Imgp0437_1












最後に、昨年12月の小石川植物園での「落羽松の根」です。

Ec067452

2007年2月 6日 (火)

渡良瀬遊水地の朝

E2030863_1  2月3日に渡良瀬遊水地へ行って来ました。天気予報では冷え込んで天気が良いはずでしたが、天気は良かったのですが、冷え込みませんでした。気温は氷点下1度でした。2月にしては春のような暖かい朝でした。そのため今回も霧は全く湧きませんでした。残念無念!霧が湧くのなら堤防の上から撮るのですが霧がないので堤防の中の大沼の湖畔に三脚を立てました。

Imgp0892満月でした。





古今集から百人一首にも選ばれている壬生忠岑(みぶのただみね)の歌。

    有明の

  つれなく見えし

    別れより

  あかつきばかり

  憂きものはなし

(意)有明の月が、夜の明けたのも知らぬげにしらじらと空に残っていた、あの別れ以来、暁ほど厭わしいものはなくなった。

古今集の逢わぬ恋の中に入っている歌で、女性に逢いに行ったが逢えずに有明(月が空に残ったまま夜が明ける)の月を見ながら帰ってきた時の歌であろうと言われている。藤原定家の絶賛した歌。たぶん忠岑が女性のもとへ忍んでいったところ、先客がいてガッカリして帰ってきた時の歌ではないかな?と思いますが!私は朝霧に逢えずに有明の月を見ながら帰ってきました。思わずこの名歌が頭に浮かびました!

E2030866 E2030879 Imgp0895 Imgp0902

E2030899_1 E2030902  Imgp0909

E2030911E2030922 E2030923 Imgp0926

Imgp0934 E2030930 E2030936_1 E2030938 Imgp0943 Imgp0951 Imgp0975

E2030941 Imgp0989 Imgp1001 Imgp1005

Imgp1009_1 Imgp1013

2007年2月 5日 (月)

北鎌倉東慶寺

北鎌倉の東慶寺です。早春の花の女王はやはり梅ですね。梅の香りで頭がクラクラしそうでした。

東慶寺は江戸時代は縁切寺・駆け込み寺として有名でした。昔は尼寺でしたが現在は男僧の寺となりました。江戸時代は女性には離婚請求権はありませんでした。当時の日本には江戸幕府公認の二寺だけが縁切寺として認められており、縁切り寺に駆け込めば女性から離婚の請求が出来ました。その縁切寺は鎌倉の東慶寺と群馬県太田市の満徳寺だけでした。満徳寺は鎌倉時代に徳川家康の先祖の領地とも言われている徳川(得川)郷にあるお寺です。もともとその周辺は新田氏の勢力範囲で徳川家康も新田の末裔とも言われています。江戸時代には徳川郷の百姓は脇差を差し大名行列に出会っても土下座しなかったとも言われています。女性がこの二寺に駆け込むと、お寺が相手亭主に呼び出し状を発給し、まずお寺で離婚の調停をします。現在の家庭裁判所の調停と同じようなものですね!その場で亭主が三下り半(離婚状)を書けば離婚成立となります。あるいは話し合いがついて元の鞘に納まるケースが多かったようです。不成立の場合は女性は駆け込み寺で3年(後に2年)過ごせば離婚成立となります。それだけ権威のあるお寺だったのです。この制度は明治6年に女性からの離婚請求権が確立されるまで続いたそうです。現在は東慶寺は花のお寺として有名です。満徳寺は明治になり廃寺とされました。

今日は縁切りについての勉強でした!

E2010754 Imgp0784 E2010774

E2010756











古今集から素性法師の歌

    ちるとみて 

  あるべきものを

    梅の花

  うたてにほひの

  袖にとまれる

(意)どうせ何時かは散る梅の花だと思っていればよかったのに、困ったことに匂いが袖に留まってしまった。

同じ時代の大中臣能宣の歌 能宣集から

 <女のもとへ紅梅をさしてつかはしし>

   なげきつつ

  涙にそむる

   花の色の

  おもふほどより

  うすくもあるかな

(意)何度も嘆いては涙で染めた花の色ですが、私の思いに比べれば薄いようです。

恋人のもとへ、手紙に紅梅を差し挟んで贈ったのである。色鮮やかな紅梅を血涙で染めたと言い、それでも自分の恋心の深さに比較すれば浅い色だと主張する。余裕の感じられるユーモアが漂う歌。女の返歌は「うぐひすの涙はさともなきものをいくらそめてか色となるらん」。梅の花なら涙の主は鶯でしょう、そんな小さな鳥がどれほど血涙を注いだものやら。

その女性の名前は何処の誰だか分かっていません。昔の人は余裕と言うか情感が細やかで・・・・!

E2010758 E2010763 E2010764 Imgp0776 Imgp0786 E2010770_1 Imgp0795 Imgp0797

2007年2月 4日 (日)

新宿御苑の温室

先週の新宿御苑の温室です。花の種類はすこし少ないように感じましたが、やはり熱帯の花は綺麗です!

E1270495 E1270499 E1270505 E1270518 Imgp0631 E1270506_1 E1270507 E1270512 E1270521 E1280620 E1280633 E1280645 E1280647 Imgp0606 Imgp0607 Imgp0608  Imgp0619 Imgp0625 Imgp0626

Imgp0617

E1270524 Imgp0634 Imgp0637

Imgp0645_1

2007年2月 3日 (土)

北鎌倉円覚寺

一昨日、鎌倉へ行って来ました。円覚寺~東慶寺~浄智寺~明月院~海蔵寺~英勝寺~寿福寺と回ってきました。花は少なかったですが蝋梅・梅・水仙・マンサク・椿・・・・等が綺麗に咲いていました。今回は円覚寺です。

西行法師の歌

    梅が香を

  谷ふところに

    吹きためて

  入り来ん人に

  染(し)めよ春風

西行法師は佐藤義清(のりきよ)と言う北面の武士でしたが、出家し西行と名乗りました。新古今集に94首と最高入集歌数を誇る当時一流の歌詠みでした。新古今歌風とは一味違う歌風で私の好きな歌詠みの一人です。

E2010746 Imgp0735 Imgp0744 Imgp0772_1

E2010729 E2010734 E2010741 E2010742 E2010749 Imgp0751 Imgp0752 Imgp0754 

Imgp0761_1 Imgp0763 Imgp0765 Imgp0766 Imgp0768 Imgp0771 Imgp0774




オリンパスとペンタックスの撮り比べです。ドチラも同じように感じます!

E2010732 オリンパスE-330

Imgp0758 ペンタックスK10D











再び西行法師の歌

   散ると見れば

Imgp0733_2 また咲く花の

   匂ひにも

  後れ先だつ

  ためしありけり

(意)一方で散る花があると思うと、一方では咲く花もある。先後があるとはいえ、人の世と同じくいずれは散り行くもので、無常を示す例である。

一昨日は朝に大船駅で飛び込み自殺があり、鎌倉へ行くのに約1時間ほど余計に時間がかかってしまい浄光明寺には行けませんでした。最近の首都圏は鉄道への飛び込み自殺が非常に多くて、毎日数件はあります。珍しくなくてニュースにもなりません。おかげで電車がいつも遅れます。迷惑ですね!しかし1時間近くも遅れるのは珍しいです。普通は20~30分の遅れで済むのですが!今回はよほど酷い死に方だったのでしょうね!人間生きる自由もあれば死ぬ自由もあると思います。自殺するのはそれなりに理由があるのでしょうが、人の迷惑になる死に方だけは止めてもらいと思います。

2007年2月 2日 (金)

新宿御苑3

27日&28日の新宿御苑の写真です。暖かい日でしたので芝生の上では家族連れで賑わっていました。遊びに夢中になっているとカラスがお弁当を狙って舞い降りてきます。

シャボン玉で遊ぶ家族はお母さんの表情がとても生き生きして素敵でした。

E1270543 E1270544 E1270536 Imgp0585

Imgp0574  Imgp0577 Imgp0579  Imgp0663 E1280615 Imgp0558 Imgp0583 E1280691 Imgp0667 Imgp0569

Imgp0691Imgp0661

2007年2月 1日 (木)

ルイ君とマリアンちゃんとココちゃん

我が家のルイ君とマリアンちゃんが先輩パピオンのココちゃんとデートをしてきたようです。ルイ君とココちゃんの写真しかありません。ココちゃんは義姉の家に飼われている♀パピオンです。美人系です。一応はルイ君の許嫁なのですが・・・・!ルイ君はココちゃんの迫力に圧倒されています。

2007_01260219 2007_01260220 

2007_01260221
Dscf1019ココちゃん



我が家のルイ君とマリアンちゃん。

Imgp0719 ルイ君はソファーの背中の上の安全地帯に鎮座

R0011330 時々仲良く

R0011047

Imgp0720   R0011042 R0011043

Imgp0723

Imgp0722鼻が短いのがルイ君(たぬき顔)

鼻が長いのがマリアンちゃん(キツネ顔)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ