« 小石川後楽園1 | トップページ | さいたま市内の2月 »

2007年2月26日 (月)

小石川後楽園2

2月21日の小石川後楽園の続きです。ますます田舎の雰囲気ですね!都心の後楽園ドームの隣にこんな自然が残っているのは不思議ですね!小石川後楽園は神田上水の分流を庭内に流し込み築園しました。園内は水が流れていて都心のオアシスのようです。

古今集の藤原敏行の恋の歌です。敏行は在原業平の義理の兄弟です。素晴らしい歌詠みです!

     つれづれの

  ながめにまさる

     涙川

  袖のみぬれて

  逢ふよしもなし

(意)何も手につかず物思いに耽っていると、長雨に増水する川のように涙の川も水嵩が増してくる。あなたに逢いに行けなくて、私は袖ばかりを濡らして過ごしている。

E2211324 E2211327 E2211329 E2211331 E2211336 E2211339 E2211343 E2211345 E2211346 E2211347 E2211349 E2211351 E2211354 E2211355 E2211356_1 E2211357_1

Imgp2055_1












水戸光圀は黄門様として有名ですが、この話は幕末の講釈師達が作り上げたお話です。助さん格さんは実在しましたが、黄門様が実際に行ったのは鎌倉だけのようです。光圀公は1657年彰考館(史局)を駒込藩邸に作り「大日本史」の編纂に取り掛かりました。後に史局は小石川藩邸に移されました。完成したのは1906年明治39年でした。ほぼ250年もかかった大事業でした。水戸藩は大日本史などの編纂事業に巨額の金銭を注ぎ込み、結果として、光圀が藩主時代は8公2民と言う超重税をかけたため農民の逃散や、一揆の頻発を招きました。また幕末には天狗党の蜂起の鎮圧に勢力を使い切り、幕末の尊王攘夷思想の中心にはなりましたが、幕末の動乱の中心は薩摩・長州に奪われました。15代将軍徳川慶喜が水戸藩の出身だったのも明治維新の中心になれなかった大きな理由の一つだったのでしょう。慶喜には尊王を至上命題とする水戸学の思想が根底にあり京都の朝廷と対立することは無理だったのでしょう。ここでもしも歴史のもしもがあれば、薩摩・長州指導の明治維新は無かったかも知れません。小栗上野介など幕府側高級官僚の指導する明治維新があったかもしれません。小栗上野介は私の尊敬する偉人の一人です。彼が幕末にフランスの援助で横須賀に作った横須賀造船所の3トン・スチームハンマーは幕末から平成12年まで150年近くも動き続けました。これは日本のマザーマシンと呼ばれ、このスチームハンマーで日本の産業を興す工具や部品を造るための機械を造ったのです。日本の全ての工業の母でした。スケールの大きな凄い話です!小栗上野介は幕末にこの施設を作る時「土蔵付き売り家の栄誉が残せる」と言っていたそうです。つまり政権が代わっても次の時代に財産を残せるとの意味です。話が飛びすぎて長くなりました。この話はいずれ近いうちに又したいと思います。

« 小石川後楽園1 | トップページ | さいたま市内の2月 »

コメント

下左冬とは感じない青々としていますね。

こんばんは。

小石川後楽園は自宅からもさほど遠くないのでよく行くところです。

見慣れたところであるはずなのに、違う視点で撮られたシゲさんの写真がすごく新鮮です。 すばらしいですね。

the-fujiさん、今晩は。
今年は暖かいせいでしょうか、緑が生き生きしています。小川の流れに冬の感じがしてきませんね。

Noribenzさん、今晩は。
小石川の近所にお住みなのですか!写真は撮る人によって同じ場所で撮っても全く違うものになりますね。そこが面白いところなんでしょうね!

こんばんわ。

昨夜無事帰りました。
こうして拝見すると日本の春はいいですね!
外に出て、しみじみと日本の四季の素晴らしさを
実感いたします!

何時もながらシゲさんの薀蓄のあるお話、
興味深く拝読させていただきました。
写真はもとより、こちらも凄い勉強になり、
感謝、感謝です。

暫くは写真の整理に追われそうです。

お帰りなさい紅さん、おはようございます。
アメリカの写真が楽しみです!しばらくは写真の整理で大変でしょうね。あまり無理をしないでください。時差ボケもあるでしょうから少々大変ですね!

おはようございます。
いろいろな趣のある公園ですね。
さすが歴史を感じます。
それに加えてシゲさんの記述がとても楽しみに拝見させていただいております。
この公園は桜も素晴らしいと聞いています。
これからが楽しみですね。

tanuki_oyajiさん、おはようございます。
都内には江戸時代の遺跡や遺物が大して残っていないそうです。江戸時代は世界で一番大きく人口も多い都市だったのですが、遺跡が残っていないのは不思議です。その中で小石川後楽園は貴重ですね!

まさに春ですね。
私は水戸出身なので同級生に徳川君がいたりしました。
そう黄門様は実際は漫遊はしなかったんですよね。でも、いろんな逸話が残っていますよ。
>霞ヶ浦の帆船について
年に数回観光用に出ます。
早朝撮影は12月の2回のみのようです。
晴れるか?風がでるか?は運ですね。
今年も挑戦してみたいと思っていますが
近くに住む人じゃないと無駄足になってしますかも・・・

hikariさん、こんにちは。
霞ヶ浦の帆船は風情がありますね!天気に恵まれれば最高の写真が撮れるでしょうね!同級生に徳川君とは凄いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/5443376

この記事へのトラックバック一覧です: 小石川後楽園2:

» 小石川後楽園 [京の昼寝〜♪]
小石川後楽園黄門様のお庭で梅まつり   初めてですが、小石川後楽園に散歩に行ってきました。 梅もぼちぼち終わりかなと思って天気もいいので出かけてみましたが、「黄門様のお庭」も4日が最終日。 ほぼ梅は終わっていました(笑)           ご存知、あの水戸の黄門様こと水戸光圀の庭園です。 黄門様はこの庭園を造る際に、明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え�... [続きを読む]

« 小石川後楽園1 | トップページ | さいたま市内の2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ