« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

千鳥ヶ淵の桜

3月28日の千鳥ヶ淵緑道の桜です。桜は6分咲き程度でした。染井吉野の桜の木が年を取って来たのか少し色が薄いように感じました。千鳥ヶ淵は人の通行が規制されていて千鳥ヶ淵から北の丸へ抜けたほうが写真を撮るには都合が良いです。この日は平日で桜も満開ではなかったので人出が割合少なかったです。今週末は凄いでしょうね!

西行法師の山家集より

     花を見る

   心はよそに

     隔たりて

   身につきたるは

   君がおもかげ

(意)桜を愛でる心は我が身から抜け出て他の場所に行ってしまい、その代りに自分の身についているのは、恋しいあの人の思い出だけだ。

Imgp3918 Imgp3921 Imgp3928 Imgp4005 Imgp4006 Imgp4008 Imgp4013 Imgp4020 Imgp4025 Imgp4033 Imgp4037 Imgp4043 Imgp4045 Imgp4047 Imgp4050 Imgp4053 Imgp4055 Imgp4063 Imgp4070 Imgp4076 Imgp4082 Imgp4091 Imgp4092 Imgp4096 Imgp4101 Imgp4104 Imgp4113 Imgp4132 Imgp4148

2007年3月30日 (金)

新宿御苑の桜2

新宿御苑の桜のK10Dの続きです。柳の木の芽吹きが綺麗でした!花見の席取りに朝早くから来ている人がいました。仕事とはいえ大変ですね!

前回に続いて古今集から素性法師の歌。

     みわたせば

   柳桜を

     こきまぜて

   都ぞ春の

   錦なりける

(意)都をはるかに見渡せば、柳の緑と、桜の白と、交ぜ込んで、さながら春の錦であった。

Imgp3766 Imgp3772 Imgp3773 Imgp3775 Imgp3785 Imgp3791 Imgp3798 Imgp3801 Imgp3802 Imgp3804 Imgp3807 Imgp3808 Imgp3811 Imgp3840 Imgp3843 Imgp3858

Imgp3862 Imgp3885 Imgp3888 Imgp3904 Imgp3909 Imgp3911 Imgp3914 Imgp3916

2007年3月29日 (木)

新宿御苑の桜1

ココログのメンテナンスで皆様にご迷惑をかけたようです。NIFTYにかわってお詫びいたします。最近トラブルが頻発しているようです。

私事ですが桜の咲く季節となり、仕事と個人的なお付き合いそれと花追いの撮影に追われて大忙しになりました。一昨日はマリアンちゃんの1歳の誕生日、昨日は私の大台に乗る誕生日でした。

3月27日新宿御苑へ行って来ました。桜は綺麗に咲いていました。まだ蕾の桜もありました。全体としては6分咲き程度だったと思います。今回はK10Dの画像の1回目です。同じような感じになりますがE-330での画像も近々アップします。

10時前に新宿御苑に着きましたが、もうすでに花見客で混雑していました。写真を撮るのにかなり苦労しました。

古今集から素性法師の歌。

     いつまでか

   野辺に心の

     あくがれむ

   花しちらずは

   千世もへぬべし

(意)桜の咲く野辺に、いつまで私の心は憧れ続けることだろうか。花が散らなかったなら、千年もそのまま経過してしまうにちがいない。

Imgp3622_1 Imgp3623 Imgp3627 Imgp3631 Imgp3635 Imgp3636Imgp3647 Imgp3656 Imgp3679 Imgp3681 Imgp3685 Imgp3691 Imgp3695 Imgp3696 Imgp3698 Imgp3704 Imgp3705 Imgp3706 Imgp3709 Imgp3715 Imgp3717 Imgp3724 Imgp3729 Imgp3732 Imgp3740 Imgp3748 Imgp3749 Imgp3750 Imgp3755 Imgp3756 Imgp3758 

2007年3月28日 (水)

小石川植物園の春2

3月23日の小石川植物園のつづきです。

E3232886 E3232896 E3232898 E3232904 E3232905 E3232907 E3232911 E3232913 E3232915 E3232916 E3232919 E3232921 E3232923

E3232926 E3232928 E3232933 E3232936 E3232937 E3232940 E3232943

2007年3月27日 (火)

カタクリの里

3月24日に古河総合公園の桃を撮ってから佐野市の三毳山(みかもやま)の万葉自然公園カタクリの里へ行ってきました。カタクリの里は凄い人出でした。カタクリの花は満開に近い状態で、アズマイチゲも一緒に咲いている場所もありました。白いカタクリも2輪咲いていて黄色い雄蕊もシッカリ見えました。ニリンソウも花はまだ咲いていませんが沢山の葉を見る事ができ、あとしばらくすると咲き出すと思います。生憎の天気で雨は降りませんでしたが今にも降りそうな天気でした。暗くなってきたのでアズマイチゲが花をつぼめるかと思いましたが、幸いにして咲き続けてくれました。カタクリの里での撮影を昼頃に切り上げ帰宅しましたが、帰り道でカタクリの里へ向かう車が2Km以上渋滞で混雑していました。やはり駐車場の数が不足して車の流れを捌けないようでした。

カタクリの写真は途中からソフトフィールターをつけて撮影しました。カタクリの花はソフトにむいていると思います。

E3242975 E3242983 E3242988 E3242989 E3242995 E3243015 E3243019 E3243022 E3243027 E3243028 E3243032

E3243033 E3243041 E3243045 E3243046 E3243061 E3243065 E3243073 E3243083 E3243097 E3243101 E3243104 E3243106 E3243121 E3243126 E3243138 E3243142 E3243145 E3243155

2007年3月26日 (月)

武蔵丘陵森林公園2

武蔵丘陵森林公園の続きです。公園内の梅園は前回3月2日に行ったときは梅が最盛期でしたが、さすがに3月中旬過ぎると梅はほとんど終わっていて、何本かの梅に花が残っている程度でしたがサンシュユとの組み合わせは今年の梅の最後を飾る美しさでした。鶯の鳴き声を今年初めて聞き、いよいよ春を感じることができました。

西行法師の山家集から

     梅が香に

   たぐへて聞けば

     うぐひすの

   声なつかしき

   春の山里

(意)梅の香りと一緒に聞こえてくる鶯の声が本当に懐かしく思われる春の山里です。

E3212695 E3212697 E3212700 Imgp3347 Imgp3351 Imgp3362 Imgp3364 Imgp3365 Imgp3368 Imgp3370 Imgp3374 Imgp3377 Imgp3380 Imgp3383 Imgp3391 Imgp3385 Imgp3389 Imgp3420

2007年3月25日 (日)

小石川植物園の春1

3月23日に六義園の後に小石川植物園へ行って来ました。まだ桜の本格的なシーズンには早かったですが色々な花が咲き出していました。桜は山ザクラやイズヨシノやアマギヨシノなどが咲き出していました。小石川植物園は今週の末頃からが一番綺麗かも知れませんね!小石川植物園は隠れた桜の名所だそうです。

今朝の東京地方は朝から強い雨です。幸い桜の満開の前ですので花散らしの雨にならなくて良かったですね。

西行法師の山家集から

     身をわけて

   見ぬこずゑなく

     尽くさばや

   よろづの山の

   花の盛りを

(意)自分の身を可能な限り分けて、あらゆる山の桜の花盛を見落とす梢のないように、すべてを見尽くしたい。

この西行法師の歌のように、これから桜の盛の数週間は出来ることなら体を分けてでも各地の桜を見尽くしたいものですね!

   

E3232812_1 E3232813_1 E3232816_1 E3232818_2 E3232821_1 E3232825_1 E3232828_1 E3232834_1 E3232840_1 E3232845_1 E3232846_1 E3232850_2 E3232855_2 E3232857_2 E3232868_2 E3232873_2 E3232876_2










オオリキュウバイ(バラ科・中国原産)

E3232838_1








シナミズキ

E3232879_1 E3232880_1

2007年3月24日 (土)

訂正です

3月21日のブログの題名をサンシュウの巨木はサンシュユの巨木に訂正いたします。

学名:Cornus officinalis
 別名:ハルコガネバナ(春黄金花),アキサンゴ(秋珊瑚)
 花期:春

 秋には赤い実をつけます。滋養・強壮の薬効がある山茱萸酒を作ることもできます。

一般的にサンシュウとも呼ばれていますが正式にはサンシュユと呼ぶそうです。

六義園(りくぎえん)の春

3月23日に六義園から小石川植物園へ行ってきました。有名な六義園の枝垂桜は3分咲きでした。来週初め頃は見頃を迎えると思います。枝垂桜の周りの桜は8分咲き程度でしょうか!六義園は大きなコブシの木が数本あります。コブシは8~9分咲きで綺麗な白い花をつけていました。山吹の花が咲いているのには驚かされました。小石川植物園は次回にアップします。

六義園(りくぎえん)は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていました。元禄8年(1695年)、柳沢吉保は五代将軍・徳川綱吉よりここ駒込に下屋敷を与えられ、吉保自ら陣頭指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来するそうです。

E3232702 E3232704 E3232705 E3232707 E3232708 E3232713 E3232718 E3232801 E3232807 E3232808 E3232721 E3232723 E3232725 E3232729 E3232734 E3232746 E3232749 E3232752 E3232768 E3232775 E3232784 E3232811 E3232742 E3232743 E3232755 E3232757 E3232758 E3232762 E3232765 E3232766 E3232772 E3232778 E3232789

2007年3月23日 (金)

武蔵丘陵森林公園1

3月21日お墓参りを済ませてから埼玉県滑川町の国営武蔵丘陵森林公園へワンちゃん達を連れて散歩に行って来ました。丁度、花の端境期でしたので花の数は少なかったですがカタクリが沢山咲いていました。梅林もサンシュウと梅が多少残っていました。

ついに鶯の鳴き声を公園内で聞く事が出来ました。おまけに鶯の谷渡りも聞けました。いよいよ春ですね!

E3212687_1 E3212688_1 Imgp3321_1 Imgp3324_1 Imgp3328_1 Imgp3331_1 Imgp3332_1 Imgp3333_1 Imgp3341_1 E3212693_1 Imgp3308_1 Imgp3315_1 Imgp3310_1 Imgp3312_1 Imgp3397_1 Imgp3398_1 Imgp3411_2

2007年3月22日 (木)

東御苑2

東御苑の続きです。東御苑の二の丸庭園は相変わらず綺麗でした。もうシャガが咲いていました。梅は東御苑の梅林坂に綺麗な花がほんの少し残っていました。

Imgp2976 Imgp2977 Imgp3035 Imgp3049 Imgp3052 Imgp3053 Imgp3057 Imgp3059













東御苑二の丸庭園

Imgp2987 Imgp2991 Imgp2994 Imgp2997 Imgp3000_3 Imgp3011 Imgp3015 Imgp3021 Imgp3024 Imgp3026

2007年3月21日 (水)

サンシュユの巨木

宇都宮市内の民家にサンシュユの巨木があります。日本で最古のサンシュユの木だと思います。サンシュユの木は初めて中国から薬用の木として輸入されたのが享保年間(1716-1736)でこの木はその頃に植えられたそうですので樹齢は250年以上のようです。3月18日に写真を撮りにおじゃましました。最盛期から2日ほど過ぎてしまい、少し色が落ちたそうです。それでも素晴らしい枝振りで綺麗な黄色い花をつけていました。手入れが毎年大変だそうです。庭の隅にはモチノキが植わっています。このモチノキも樹齢200年以上だそうです。これだけの樹木を個人で所有するのは大変な事だと思います。帰りがけに美味しいコーヒーを御馳走になりました。ありがとうございました。

Imgp3212 Imgp3198 Imgp3204 Imgp3206 Imgp3216 Imgp3223 Imgp3225 Imgp3228 Imgp3229 Imgp3238 Imgp3239 Imgp3243 Imgp3245 Imgp3256 Imgp3261 Imgp3275 Imgp3281 Imgp3227 Imgp3266

2007年3月20日 (火)

皇居のお堀

3月15日の東御苑の後でお堀を歩いてきました。途中で時間がなくなり超特急で歩いてきました。菜の花と寒緋桜の組み合わせは綺麗でした。途中、紫木蓮の大木がありました。

春ですね!まだ少し早いでしょうか!今年は鶯の姿はチラリと見ましたが、鶯の声は聞いていません。

古今集から壬生忠岑(みぶのだたみね)の歌

     春きぬと

   人はいへども

     鶯の

   なかぬかぎりは

   あらじとぞ思ふ

(意)春が来たと世間の人は言うけれども、鶯が鳴かないうちは、まだ春ではあるまいと私は思うよ。

Imgp3069 Imgp3072 Imgp3074 Imgp3081 Imgp3084 Imgp3089 Imgp3092 Imgp3093 Imgp3100 Imgp3103 Imgp3107 Imgp3111 Imgp3113 Imgp3115 Imgp3118 Imgp3120

Imgp3121_2 Imgp3122 Imgp3125 Imgp3128 Imgp3130 Imgp3133 Imgp3136 Imgp3137

2007年3月19日 (月)

東御苑1

3月15日に横浜へ行く途中で皇居の東御苑へ行ってきました。天気は曇りでした。大手門から入って平川門から出ました。帰りに乾濠から千鳥ヶ淵へ抜けました。平川濠のそばで菜の花と寒緋桜の綺麗なところがありました。東御苑は入場無料で入場時に受付でカードを渡され退場時にカードを返却することになっています。

Imgp2917_2 京浜東北線の与野駅です。この駅は不思議な駅なのです。京浜東北線は大宮駅から東京駅まで上り線は1番線なのですが与野駅だけは上りが2番線で下りが1番線なのです。駅の構内放送を聞くと不思議な感じがします。

Imgp2921_1 Imgp2928_1

和田蔵門で馬車が皇居から出てきました。先駆けの馬と後駆けの馬つきでした。外国からの賓客を東京駅へ迎えに行ったのでしょうか?

Imgp2930_1

Imgp2932_1 Imgp2935_1 Imgp2940_1 Imgp2942_1 Imgp2943_1 Imgp2950_1

Imgp2951_1 Imgp2952_1 Imgp2961_2 Imgp2963_2 Imgp2965_1 Imgp2966_2 Imgp2967_1 Imgp2973_1 Imgp2974_1

2007年3月18日 (日)

新宿御苑2春の花

3月13日の新宿御苑のつづきです。

梅は終っていました。寒桜も綺麗な葉桜になっていました。柳が芽吹いて緑が綺麗でした。花ニラと花大根も綺麗に咲いていました。サンシュウも満開です。ツツジも咲き出していました。ボケの花も満開でした。新宿御苑は一気に春模様でした。

Imgp2706 Imgp2711_1 Imgp2712 Imgp2715 Imgp2724 Imgp2725 Imgp2726 Imgp2731 Imgp2784 Imgp2790 Imgp2794 Imgp2797 Imgp2853 Imgp2860 Imgp2865 Imgp2868 Imgp2875 Imgp2888

2007年3月17日 (土)

川口グリーンセンター3

3月10日の川口グリーンセンターの続きです。温室の花も綺麗でした。

E3102489 E3102492 E3102494 E3102498

E3102499_1 E3102504 E3102505 E3102510 E3102512 E3102519 E3102521 E3102529 E3102530 E3102533 E3102464

E3102466 E3102467 E3102469 E3102471 E3102472 E3102473 E3102474 E3102475 E3102481 E3102483 E3102484 E3102513 E3102517

2007年3月16日 (金)

新宿御苑1白木蓮と桜

3月13日時間の隙間をぬって新宿御苑へ行ってきました。白木蓮が綺麗でしたが少し傷み始めていました。桜はヨウコウをはじめ早咲きの桜が咲き始めていました。天気は最初のうちは太陽が出ていましたが途中から曇りとなってしまいました。もう少し光が欲しかったですね!

Imgp2702 Imgp2717 Imgp2718 Imgp2722 Imgp2748 Imgp2746 Imgp2754 Imgp2750 Imgp2891 Imgp2895 Imgp2896 Imgp2904 Imgp2908 Imgp2911 Imgp2737 Imgp2741 Imgp2768 Imgp2806 Imgp2808 Imgp2828 Imgp2839 Imgp2843 Imgp2858

Imgp2704_1 Imgp2887_1 Imgp2905

2007年3月15日 (木)

川口グリーンセンター2山野草

3月10日の川口グリーンセンターのセンター内で行われていた川口市内の愛好者の山野草展です。素晴らしい山野草がいっぱい展示されていました。

E3102385_1 E3102375_1 E3102387 E3102388 E3102390 E3102391 E3102392 E3102393 E3102395 E3102396 





左上から・・・・

ヒメリュウキンカ、クモマクサ、リュウキンカ、ムラサキナズナ、オキナグサ、ヒトリシズカ、黄スミレ、深山カタバミ、立金草、ソナレアズマギク、

E3102397 E3102398 E3102399 E3102400 E3102401 E3102402 E3102403 E3102404 E3102405 E3102406 E3102407 E3102408 E3102409












アケボノ風呂、黄花アマナ、星咲一輪草、姫リュウキンカ、雪割イチゲ、ルリ草、洋種バイモ、キクザキイチゲ、黄花ハナナラ、雪割草、雪割草、キタバクワガタ、ハゴロモキンポウゲ、

E3102410 E3102411 E3102413 E3102414 E3102416 E3102417 E3102418 E3102419 E3102420 E3102421 E3102423










ショウジョバカマ、タンチョウソウ、チシマタンポポ、イエイオン、雪割草、星咲一輪草、雪割草、姫リュウキンカ、エゾエンゴサク、白花春ラン、リンドウ

2007年3月14日 (水)

川口グリーンセンター1

3月10日天候が回復したので川口グリーンセンターへ行ってきました。かなり色々な花が咲き始めてきました。これからが本格的な春ですね!

E3102324 E3102325 E3102328 E3102335 E3102431 E3102358 E3102446 E3102460 E3102341 E3102344 E3102345 E3102440 E3102453 E3102456 E3102427 E3102430 E3102438 E3102359 E3102369 E3102374 E3102365 E3102370 E3102433

E3102350_1 E3102353

E3102458 E3102462 E3102461

2007年3月13日 (火)

花之江の郷

3月8日の栃木市の花之江の郷です。カタクリの花と雪割草が綺麗でした。イチゲも綺麗に咲いていました。ワンちゃんは園内の彼岸花の中で寝ていました。人懐っこい犬でした。雪割草は綺麗でかわいいですね。花の色も色々あります。新潟県に群生している場所があるようです。長岡市を中心とした国営越後丘陵公園、雪国植物園と大崎雪割草の里の三か所を結ぶ道を越後雪割街道と呼ぶそうです。近いうちに一度行ってみたいものだと思っています。偶然に3月10日に川口グリーンセンターで展示会をやっていましたので、のぞいてきました。綺麗で可愛い花たちでした。

カタクリは万葉集の時代は「かたかご」(傾いた籠)と呼ばれていたようです。万葉集に1首だけ大伴家持の歌が入っています。

     もののふの 

   八十娘子(やそおとめ)らが

     汲みまがふ

   寺井の上の

   かたかごの花

(意)たくさんの若い娘たちがやってきて、入り乱れるように水を汲んでいる。井戸の傍らに咲くカタクリの花の何と美しいことか。

E3082191 E3082200_1 E3082194

E3082206_1 E3082207 E3082211 E3082212 E3082221 E3082224 E3082234 E3082239 E3082244 E3082247 E3082252 E3082254 E3082256 E3082273 Imgp2636 Imgp2644 Imgp2650 Imgp2659 Imgp2664 Imgp2670 Imgp2674 Imgp2677

2007年3月12日 (月)

伊豆松崎への道

3月3日に下田から松崎へ足を延ばしました。松崎町は江戸時代から栄えていた港町で街の中にはナマコ壁の民家が残っていて雰囲気のいい街です。下田から松崎に入る少し手前に大沢温泉があります。それを越えると道の駅「花の三聖苑」があります。これは松崎の生んだ三聖人(幕末の漢学者土屋三余・明治期の実業家依田佐二平・その弟で北海道十勝平野干拓の依田勉三)の業績と松崎の文化を展示している道の駅です。ここはお花が何時も綺麗に植えられていて裏の那賀川沿いの染井吉野と菜の花は毎年3月末頃は綺麗です。花の三聖苑を過ぎてしばらく行くと那賀川沿いに約6Kmにわたり1,200本の染井吉野と菜の花が咲き乱れます。道路の反対側は田んぼを使った一面のお花畑です。現在はアフリカキンセンカ・るりからくさ(ネモフィラ)が咲いています。これからは姫金魚草・つましろひなぎく・ひなげし・矢車草も加わって咲き出します。毎年3月末ごろは那賀川沿いの桜と菜の花と田圃のお花畑で混雑します。5月の連休にはお花畑は摘み取り自由になります。今年は菜の花が早く咲きだしているので・・・・!

Imgp2458 Imgp2460 Imgp2461_1 E3032006 E3032010 Imgp2399 Imgp2404 Imgp2405 Imgp2416 Imgp2420 Imgp2421 Imgp2422 Imgp2424 Imgp2430 Imgp2446 Imgp2451 E3032014 E3032020 Imgp2466 Imgp2468 Imgp2474 Imgp2476

2007年3月11日 (日)

星野の里

3月8日に栃木市の星野の里と花之江の郷へ行ってきました。星野の里のセツブン草はほとんど終っていました。イチゲが少し咲いていましたが、カタクリの開花は21日頃とのことでした。カタクリは花之江の郷で雪割草と一緒に咲いていました。星野の里はこれから本格的な春に向かっての暖機運転の状態だと思います。まだ紅白の梅とサンシュウの組み合わせが綺麗でした。色の組み合わせなどから前回の星野の里より上品で艶やかであると思います。今年撮った梅の花の写真の中でも秀逸ではないかと思います。星野の里はこれからカタクリが咲き出すと他の花々が一斉に咲きだします。

古今集から凡河内躬恒(おほしかふちのみつね)の歌二首

     月夜には

   それとも見えず

     梅の花

   香(か)をたづねてぞ

   しるべかりける

(意)花も白く月の光も白いので月夜にはどれが花なのか見分けがつかない。香りを目当てに探せばどれが梅の花か分かるものだ。

     春の夜の

   闇(やみ)はあやなし

     梅の花

   色こそ見えね

   香やはかくるる

(意)春の夜はたとえ闇夜でも闇夜の役目をしない。暗闇に咲く梅の花は目には見えないがその香りのおかげで、そこにあることが一目瞭然だ。

E3082118 E3082139 E3082141 E3082150 E3082151 E3082153 E3082155 E3082156 Imgp2611

E3082110

E3082103 E3082106  E3082116

E3082127 E3082128 E3082164 E3082165 Imgp2610 Imgp2613 Imgp2615 Imgp2619 Imgp2621 Imgp2628 Imgp2630 E3082170 E3082183 E3082187

2007年3月10日 (土)

伊豆高原2

伊豆高原の桜などです。河津桜はほとんど葉桜になっていました。ピンクの桜は彼岸桜だと思います。白っぽい桜は大島桜で最初は真っ白ですが満開を過ぎると花芯が赤くなり散り始めます。葉っぱは塩漬けにされ桜餅の葉になります。全国の桜餅の桜葉のほとんどは伊豆の松崎町近辺の産出です。新緑が始まりました。今年は早いです。梅も伊豆高原の山の中ではこれから満開です。昔から伊豆高原は冷たい山風と暖かい海風が交互に吹く所でした。最近は非常に冷たい北風が強烈に吹くようになり別荘地の高いところではスタッドレスを履かないと凍結で危険なところもあります。我が家のアロエは何度も冷たさでとろけてしまい植えるのを諦めまし

古今集より紀貫之の歌

     ひとめ見し

   君もや来ると

     さくら花

   今日(けふ)はまちみて

   散らば散らなむ

(意)一目見ただけですきになってしまったあのお方が、今夜こそ来てくださるだろうかと思って待っている我が家の桜!今日のところは待っていてごらん。それでだめなら潔く散っておしまい。

Imgp2514 Imgp2520 Imgp2522 Imgp2531 Imgp2535 Imgp2538 Imgp2539 Imgp2543 Imgp2547 Imgp2551 Imgp2555 Imgp2557 Imgp2562    Imgp2550 Imgp2564

Imgp2573Imgp2549Imgp2565

2007年3月 9日 (金)

伊豆城ヶ崎

3月4日の伊豆の城ヶ崎の朝です。やはり厚い雲が伊豆大島の上に出ていました。最近は雲が切れません。すっきりとした朝焼けを撮ることができません。この日の朝も月に2回はここの場所から日の出を撮りに来る人と一緒になりました。いろいろ話をしたのですがやはり昔のような朝焼けがなくなってきていると言っていました。風の流れなどが変わってきているのでしょうね!最近の伊豆高原は昔と違って異様に寒いんです!

E3042022 E3042031 E3042033 E3042045 E3042047 E3042053 E3042061 E3042071 Imgp2483 Imgp2495 Imgp2505 Imgp2509

2007年3月 8日 (木)

伊豆高原1

伊豆高原の家の庭です。ミモザの黄色い色が綺麗です。姫コブシは別名シデコブシだそうです。椿は侘助と藪椿です。枝垂桃、枝垂桜と大島桜はまだ蕾が硬そうでした。

E3031933 E3031936 E3031949  E3031976 E3031982 E3031938 E3031939 E3031942 E3031946 E3031950

E3031952_1 E3031953 E3031958 E3031963 E3031974 E3031995 E3031998 E3031969 E3031996

2007年3月 7日 (水)

武蔵丘陵森林公園2

国営武蔵丘陵森林公園の続きです。

黄色い色の花はサンシュウです。サンシュウの黄色と、梅の白・ピンク・赤の色が混ざり合って本当に見事な梅林でした。今年の春は早いので偶然に全ての花が一斉に咲き出したようです。

古今集から紀友則の歌

     花の香(か)を

   風のたよりに

     たぐへてぞ

   鶯さそふ

   しるべにはやる

(意)暖かな春風を手紙として、あたり一面に漂う梅の香りをそれに添えて、まだ姿を見せない鶯(恋しい人)を誘い出す案内として贈ろう。

やはり新古今集とは一味違います。新古今集はこねくりまわしたような感じの歌が多く、華麗です。古今集は率直で風雅で上品です。私はどちらかと言うと古今集が好きです。新古今集なら西行法師の歌ですね。

E3021789 E3021794 E3021796 E3021802 E3021806 E3021809 E3021810 E3021817 E3021820 E3021821 E3021830 E3021835 E3021836_1 E3021841 E3021844 E3021845

E3021852_1 E3021859

2007年3月 6日 (火)

湯河原梅林

3月3日に湯河原梅林の幕山公園へ行ってきました。早朝で天候は曇天、一時雨がパラパラで、撮影には最悪でした。ISO400では手持ち撮影がなかなか難しい状況で、最初の頃はISO800で撮っていました。梅は9分咲きでしょうか!晴れていれば綺麗だったと思います。早朝で観光客が少なかったのが救いでした。幕山公園の梅は3,000本を現在は4,000本に増やしたそうで、山の斜面を利用したスケールの大きな見事な梅林でした。熱海の梅園は庭園のような梅林で湯河原梅林とはかなり趣が違っています。熱海の梅園は上品です。一方、湯河原の梅林は凄いの一言です。しかし、梅林の中に入ってしまうと普通の梅林です。少し離れて見ると綺麗です!枝ぶりを撮るなら熱海梅園でしょうね。スケールを撮るなら湯河原梅林ですね!

E3031876 E3031884 E3031906 E3031908 E3031912 E3031914 E3031915

E3031928_1 Imgp2244 Imgp2245 Imgp2247 Imgp2263 Imgp2266 Imgp2274 Imgp2281 Imgp2285 Imgp2288 Imgp2299 Imgp2309 Imgp2312 Imgp2315 Imgp2323 Imgp2328 Imgp2332 Imgp2336

2007年3月 5日 (月)

武蔵丘陵森林公園1

3月2日に国営武蔵丘陵森林公園へ行ってきました。梅林が満開でした。野草園へも回りたかったのですが時間がなく梅林だけ写真を撮ってきました。残念でした。最初の画像は公園内にある山田城址の空堀の跡です。豊臣秀吉の小田原攻めの時に落城したそうです。多分このあたりだと鉢形城の出城だったのではないかと思います。また公園内に鎌倉時代の鎌倉街道も残っています。熊谷を通り東松山から比企丘陵を抜け鎌倉まで至る街道です。昔は「いざ鎌倉」の軍用道路でもあり商業道路でもありました。新田義貞の鎌倉攻めにも使われました。

E3021698 E3021707 E3021709 E3021713 E3021717_1 E3021718_1 E3021731 E3021732 E3021738 E3021743 E3021748 E3021754 E3021756 E3021757 E3021759 E3021764_1 E3021765 E3021768 E3021777 E3021779 E3021780 E3021782 E3021785 E3021786 E3021787

2007年3月 4日 (日)

小石川植物園の早春

3月1日に小石川植物園へ行ってきました。小石川植物園は江戸時代の徳川吉宗の時代に小石川養生所として開設されました。山本周五郎の小説「赤ひげ診療譚」と黒澤監督の映画で有名です。現在は東京大学大学院の植物研究施設です。この日も入場券を正門前の雑貨屋さんで購入して正門から入ると受付で入場券の半分を切り取る人が難しそうな専門書を読んでいました。大学院の先生なんでしょうね!畏れ多いですね!

分園が日光にもあります。日光の植物園は高山植物系も多く私にとって貴重な撮影ポイントです。

小石川植物園内は梅が終りかけ、桜も寒桜が葉桜になりかけていました。つつじは綺麗に咲き始めていました。これから桜の季節になれば最高の桜を見せてくれるでしょう!あと少しですね。

E3011588 E3011590 E3011593

E3011606 E3011607 E3011613 E3011615 E3011617 E3011618 E3011620_1 E3011626 E3011632 E3011633 E3011634 E3011644 E3011645 E3011654 E3011639 E3011641 E3011651 E3011655 E3011668 E3011684 E3011687 E3011692

E3011638_1

2007年3月 3日 (土)

和光樹林公園2

和光樹林公園の続きです。梅が綺麗でした。サンシュウも咲き始めていました。ユキヤナギも咲いていました。公園内は運動で歩く人が沢山いました。昔、このキャンプにゴルフ場がありました。基地内なのでアメリカ人オンリーのゴルフ場でしたが、返還されることが決まってからはコネがあれば日本人もプレイさせてくれたようです。何度かここでのゴルフを誘われたことがありましたが一度も行きませんでした。

Imgp2237_1 E2271572_1

E2271510 E2271521 E2271539 E2271540 Imgp2158 Imgp2161 Imgp2162 Imgp2180 Imgp2198 Imgp2229 Imgp2232 Imgp2235 Imgp2241 E2271543 E2271549 E2271553 E2271567

2007年3月 2日 (金)

和光樹林公園1

2月27日午後遅く和光樹林公園へ行ってきました。マンサクは満開で梅も満開に近い状態でした。桜も綺麗に咲いていました。天候は曇り勝ちで時々太陽が顔を出す程度でした。桜は河津桜に似ていましたが、河津桜は最近発見された桜なので河津桜にしては大きすぎるので違う種類だと思います。市役所に問い合わせても不明とのことでした。彼岸桜の一種だと思います。寒桜かもしれません。それにしても早い開花です。

和光樹林公園はキャンプ朝霞の跡地です。米軍の基地でした。先日、銀座の飲み屋でボーイさんがジャズの古いLPを聴かせてくれました。彼のお祖父さんがキャンプ朝霞の基地のそばで米軍兵相手のショットバーを経営していたそうで、当時店で聴かせていたジャスのLPを銀座の店に持ってきているそうです。ジャズが好きな客が来ると聴かせてくれます。CDとは違いLPのアナログ音は良いですね!

マンサクと桜E2271507 E2271508 E2271525 E2271532 E2271533 E2271537 Imgp2166 Imgp2168 Imgp2170

E2271529 Imgp2220_1

E2271557 E2271560 E2271564 Imgp2201 Imgp2207 Imgp2212 Imgp2215















最後に私の大好きな平安中期の歌人平兼盛の歌。続古今集から

     山桜

  あくまでいろを

     見つるかな

  花ちるべくも

  風ふかぬよに

(意)山桜の美しさを心ゆくまで堪能しました。風のない穏やかな世にあって花が散りそうには見えない。

今年の春がこの歌のように穏やかならば良いのですが!今年は大変そうです!

2007年3月 1日 (木)

旧浦和市内の春

一昨日、市内のNTTのビルの脇にある桜の木に花が咲きました。この桜の木の名前は分かりませんが、昔から市内で一番早く咲く桜でした。同じ桜が何本かあるのですが早く咲く桜はこの木1本だけです。通常は3月10日過ぎに咲き始めるのですが今年は早いです。

拾遺集より凡河内躬恒の歌

     さかざらむ

  ものとはなしに

     桜花

  おもかげにのみ

  まだき見ゆらむ

(意)いつかは咲かないわけはないのに、桜の花があまり待ち遠しくて、面影にばかり、咲かないうちから見えるのだろう

E2271478 E2271481 E2271482 E2271483 E2271485















旧浦和市役所(さいたま市役所と浦和区役所)の前庭に咲く木蓮ですが桜の開花より早く開花します。今年は早くも咲き出しました。木蓮は満開までは綺麗ですが満開を過ぎるときたない色になってしまいます。その点下向きに咲くコブシのほうが艶やかさはないですが木蓮より小さく可愛くて私は好きです。

E2271490 E2271493 E2271495 E2271496 E2271497 E2271499 E2271500 E2271501 E2271503 E2271504

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ