« 訂正です | トップページ | さいたま市花の丘農林公苑 »

2007年4月12日 (木)

更埴アンズの里2と荒砥城址

アンズの里から荒砥城址へ行ってきました。荒砥城は村上氏→武田氏→上杉氏→徳川氏と変遷した山城です。城主は村上一族の山田氏→村上家の家臣から武田家の家臣となった屋代氏と変遷し武田家滅亡後上杉景勝に従い、屋代秀正が上杉方の海津城の副将として海津城に在番中に徳川家康に内応し、この荒砥城に立てこもったが上杉方に攻められ落城し屋代秀正は徳川領に逃亡し徳川方の大名の一人となった。後に領内の統治に問題があり改易され、旗本として幕末まで至る。現在放送中のNHKの風林火山の撮影にも使われたそうです。

アンズの里2

古い中国の書物に「按ずるに、梅は 花 早くして白く、杏は 花 晩くして紅し。梅は 実 小にして酸く、核 細文有り。杏は 実 大にして甜く、核 文采無し。白梅は食及び齏を調うるに任うも、杏は則ち此の用に任えず。世人或いは辨つこと能わず、言いて梅・杏 一物と為すは、之を失うこと遠きなり」とあるそうです。この白梅とは日本の梅干のことのようです。調味料にするほか、梅の実を燻製にしたものを烏梅(ウバイ・・・黒い梅)と呼び、こちらは薬用にするそうです。私は喉が少し弱いので、喉が少し痛いときはアンズ酒をロックにしてユックリと飲みます。

長野県は右を見ても左を見ても山が見えます。いまの季節は白い雪を被った山です。空気も澄んでいて天気ならば気持ち良く過ごせます。長野の山々を見ているとラベルの作曲した「亡き王女のためのパヴァーヌ」を思い出します。すごく合っているんです。ぜひ機会があれば聴いてみてください。ピアノ曲ではなく管弦楽で聴いてください。目をつぶって聴くと南アルプス・中央アルプス・北アルプスの山々が目に浮かびますよ!

Imgp4755 Imgp4756 Imgp4760 Imgp4761 Imgp4763 Imgp4765 Imgp4767 Imgp4768 Imgp4771 Imgp4773 Imgp4775 Imgp4779 Imgp4785 Imgp4786 Imgp4788 Imgp4789







荒砥城址。

ワンちゃんはマリアンちゃんです。水仙の花を食べようとしています。水仙は花にも茎にも毒がありワンちゃんには大敵なんですが、馬鹿だから・・・、食べさせませんがね!

Imgp4796 Imgp4800 Imgp4802 Imgp4806 Imgp4810 Imgp4812 Imgp4813 Imgp4814 Imgp4816 Imgp4821

« 訂正です | トップページ | さいたま市花の丘農林公苑 »

コメント

今日も綺麗な写真がずらっと並んでいますね
ここは一度行ってみたい場所のひとつです。
高速を使うとそんなに時間をかけずにいけるのですがなかなか・・・
周りの山々に囲まれ本当に綺麗な場所なんだろうなと連想します

しーたけさん、こんにちは。
少し北に行くと枝垂れ桜で有名な高山村です。高山村の枝垂れは何本も有って綺麗ですよ!

シゲさん音楽にもお詳しいのですね。
私ぜんぜんダメです。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」一度聴いてみたいと思います。
目をつぶってじっくりとですね。

アンズの里なんて所があるなんて、世の中まだまだ
知らないことが多いなー。シゲさんには教えて頂くこ
とが多く感謝してます。アンズ酒のロックも飲んでみたい^^

今晩は!
大自然の中にいると気持ちがいいでしょうね。
この花はアンズなのでしょうか?
可愛らしいですね!

水仙も毒があるんですか?
うちも猫がいるので、ベランダの花に気をつけないとだめですね。
水仙はないので、よかったです!

hikariさん、こんばんは。
音楽なら任せてください!!なんて言ってしまった!最近はもっぱらジャズのヴォーカルを聴いています。昔はクラッシクの沼にドップリ浸かっていました。

こんばんは。
長野の山々に、ラベルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」ですね。
覚えておきます。
今日は(も)勉強になりました。
しかしシゲさんは懐が深いですね。

花さん、こんばんは。
昔はアンズの里はすいていたのですが、最近は人出が凄いです。このあたりは桜と同じぐらいアンズの木が多いです。アンズ酒は杏露酒(シンルチュウ)と呼ばれています。お酒の量販店で安く売っています。炭酸割り・お湯割り・水割りも美味しいですよ!

マロンさん、こんばんは。
水仙は気を付けた方が良いですよ!
アンズの花は色が綺麗です。咲き方も桜や梅とは違います。

photobananasさん、こんばんは。
浅く広く時々深く!これHな事ではありませんよ!

こんばんは
 杏の色合い、はんなりして美しいですね!!
 桃源郷もこんなに美しいのでしょうね。
 女流画家が心惹かれるのもわかります。
 「亡き王女のためのパヴァーヌ」の曲を探してきます。
 マリアンちゃんは水仙を食べちゃったのですか?
 大丈夫ですか?

シゲ様
mimiと申します。
きれいな写真とステキな文章ですね。
古典の歌は、どれも懐かしいものばかり・・・・
これからお付き合いのほどよろしくおねがいいたします。
ご自身は、歌は詠まれないのですか・・・

ささゆりさん、おはようございます。
マリアンちゃんはこの時水仙の花をガブリとやるところでしたが、強く引き綱を引いたので空振りでした。
亡き王女のためのパヴァーヌはもともとはピアノ曲でした。ピアノで聴くのと管弦楽曲で聴くのとは別な曲のように感じますよ!

miniさん、おはようございます。
ありがとうございます。残念ながら和歌は自分では詠めません。私個人的には古今集が好きです。新古今集なら西行法師でしょうか。

初めてお邪魔します。
杏の花って清楚でいいですねえ!
信州は学生時代のスキー以来良く行きましたが、心の故郷的感じがして大好きです。(^^♪

びーぐるさん、こんにちは。
私もアンズの花が大好きです。信州はとても良いところです。北信は豪雪で大変ですが春になると春の小川がさらさら流れます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/6027859

この記事へのトラックバック一覧です: 更埴アンズの里2と荒砥城址:

« 訂正です | トップページ | さいたま市花の丘農林公苑 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ