« 4月末の野尻湖とその周辺1 | トップページ | 皇居東御苑 »

2007年5月23日 (水)

雲巌寺と法輪寺

5月12日、栃木県の雲巌寺と法輪寺へ行ってきました。

雲巌寺は禅寺の日本四大道場のひとつです。他は筑前の聖徳寺・紀州の興福寺・越前の永平寺です。雲巌寺は仏国国師の開基で臨済宗の禅寺です。栃木県の旧黒羽町(現大田原市)の北東部に位置する八溝山への道の途中にあります。八溝山の山頂は栃木県と福島県と茨城県の県境に位置します。八溝山はその名が示すとおり、八溝山地を代表する山で、山地の最北端にして最高峰の山となっています。山頂には八溝嶺神社があり、古くから山麓の人々の信仰の対象となっています。お蕎麦でも有名です。水が美味しいのですね。

雲巌寺は新緑も綺麗ですが秋の山モミジの紅葉は見事です。私もあちらこちらへ行っていますが、雲巌寺の紅葉はトップクラスの美しさです。

仏国国師が雲巌寺を開いたばかりの頃の歌。

     月はさし

   水鶏(くいな)はたたく

     槙(まき)の戸を

   あるじがほにて

   あくる山風

(意)月は隙間から射し込んで入れろと言い、水鶏は叩くように鳴いて入れろと言う。そんな我が庵の槙の戸を、まるで主人ぶった様子で開ける山風よ。

仏国国師が雲巌寺に庵を作ったときの歌のようで、昔は寂しい土地だったと思います。後嵯峨上皇の第三皇子と言われている仏国国師が武蔵野国から那須の国へ辿り着き黒羽の山の中に庵を結んだ時でしょう。

E5120481 E5120489 E5120491 E5120493 E5120494 E5120495 E5120497

E5120499 E5120504 E5120510 E5120512 E5120515 E5120520 E5120522 E5120524

Imgp7695 Imgp7696 Imgp7700 Imgp7704 Imgp7706 Imgp7707 Imgp7709 Imgp7714 Imgp7717 Imgp7732 Imgp7735 Imgp7740 Imgp7745

Imgp7746







次は西行桜で有名な旧湯津上村(大田原市)の法輪寺へ行ってきました。この法輪寺は神仏混淆の寺院です。西行法師がみちのくへの旅の途中このお寺に立ち寄った時に、桜の木に杖を立てかけ、この桜のたもとで有名な歌を歌っています。現存する桜は樹齢800年で西行法師が杖を立てかけた桜の孫のようです。そのほかに桜の大木が数本あります。桜の咲く頃は綺麗でしょうね!来年は挑戦します。糸桜はヒガン桜の枝垂れの大きな桜を糸桜と呼びました。

     盛りには

   などか若葉は

     今とても

   心ひかるる

   糸桜かな

旧湯津上村は昔の那須の国の中心地でした。法輪寺から数キロのところに国宝「那須国造(ナスノクニノミヤツコ)碑」があります。日本三大古碑の一つです。この古碑は水戸光圀公が地元の人達の話を聞いて漫談の助さん役であった国学者の佐々木三郎宗淳を差し向け調査させ、風雨を避けるため碑文の上に建物を建てさせました。

碑文の大意は・・・・
  
永昌元年己丑の四月に、飛鳥浄御原の大宮から、那須国造の追大壹でありました那須の直葦提(あたい、いで)は、”評督”との官職を授かりました。そして庚子の歳の正月二日壬子の日の辰の節に、長逝しました。そこで遺嗣子の意志麻呂を首とします私共は、碑銘を立て遺徳を頒し、故人を偲び祀りました。
 うやうやしく仰ぎ奉りかえりますと、長逝しました公は、広氏の尊い後胤で、那須国の柱、朝廷の重鎮とも言うべき方でありました。その一生は、浄御原の大宮より追大壱にあげられ、さらに評督職を下賜されて、二度にわたっての光栄にあづかり、光輝のある命脈を高めました。

碑文は冒頭3行に漢字を用いた和文脈で永昌元年(689)の(「永昌」は後周則天武后の元号で持統天皇3年にあたる)葦提の評督任官および「庚子年」すなわち文武天皇4年(700)の死去記事と息子と思われる意斯麻呂らによる本碑建立の意を記す。

今回は古碑には寄れませんでしたが古碑のそばには道路からも沢山の古墳を見ることが出来、この地が那須の国の国造家の中心地であったと思われます。那須与一は那須国造の子孫とも言われています。豊臣秀吉の小田原攻めまで烏山城を中心に栄えた那須家は那須与一の子孫です。

Imgp7755

Imgp7759 Imgp7761 Imgp7762 Imgp7765 Imgp7766 Imgp7768 Imgp7774 Imgp7776 Imgp7778 Imgp7780 Imgp7781

« 4月末の野尻湖とその周辺1 | トップページ | 皇居東御苑 »

コメント

こんばんは。
雲厳寺、私も行きました。桜が咲く頃だったと思います。特に宛もなく地図を見ながらぶらぶらしていたら着きました。
ちょっと寂しいところにありますよね。紅い太鼓橋を渡って・・・・。あのときの記憶がよみがえります。

さんぽみちさん、こんばんは。
雲巌寺は八溝山への途中にあります。昔、仏国国師の頃は、もっと寂しいところだったでしょうね。
紅葉の頃は本当に綺麗です。あまり有名ではないので人も少ないです。

西行の歌はいいですね。
写真も全て、拡大して見せていただきましたが、すばらしいです。
新緑がまぶしいです。

新緑が眩しいですね、中でも最初の右上が印象的です。

mimiさん、こんばんは。
西行の歌は新古今集の時代にしては特異だと思います。私は西行法師の歌が大好きです。

the-fujiさん、こんばんは。
あの地蔵様は2列に並んでいるのです。もう少し角度をずらせばもっと面白い写真になったかと思っています。

こんばんは♪
写真もさることながら、毎回の歴史考察、詩歌の解説には頭が下がります。
シゲさんのご専門なんでしょうか?

今回の緑、かなり気になるのですが、大分意識していらっしゃいますか?

しげさんこんばんわ。
私の行動範囲ですね。
行ったことはありませんが紅葉の時期よさそう。
新緑まさに目にしみますね。
栃木情報うれしいです。メモメモ・・・

紅さん、こんばんは。
歴史は昔から大好きでした。和歌は最近ですね!和歌を読んでいると不思議と心が落ち着くのです。年のせいですかね。新緑の緑と紅葉の赤と黄色は好きです。緑は心を落ち着かせる色ですね。私は見た目は穏やかですが、心は激しいのです。それだからでしょうか音楽や写真それと和歌などで心の安定を求めるのでしょうか!間違えても宗教にはハマりません。

hikariさん、こんばんは。
新緑も紅葉もお勧めです。八溝山も当然行動範囲でしょうね!一昨年の秋に八溝山から白河へ抜けようとしたのですが、ちょうど八溝山で携帯が通じてしまい、仕事で呼び戻されたことがあります。八溝山は綺麗な紅葉でした!

こんばんは。
まばゆいばかりの新緑ですね。
そのなかの質素な佇まいが、印象的です。

photobananasさん、こんばんは。
新緑の田舎の寺院は綺麗ですね!都会はこんなに奇麗な新緑はありませんね。平林寺あたりは綺麗かな~!

すばらしい青椛なのですが、大田原牛も見てみたい!
できれば肉になったものもw

和三郎さん、おはようございます。
大田原牛は数年前まで大田原から宇都宮あたりまでのローカルな食肉牛でした。昔は大田原の街道筋の古い小汚い店でレストランをやっていたのですが・・・!麻布十番の店に肉を食べに行こうと思いましたが店の前の値段表を見てUターンしました。あまりにもふざけた値段!バブルですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/6509111

この記事へのトラックバック一覧です: 雲巌寺と法輪寺:

» ぶるぶる振動ダイエットマシン [ぶるぶる振動ダイエットマシン]
今話題のダイエット振動マシン「スリムシェイカー」を特別価格にて販売実施中!特別価格34800円(定価108000円)での販売は5月31日までとなっていますのでお早めに! [続きを読む]

« 4月末の野尻湖とその周辺1 | トップページ | 皇居東御苑 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ