« 伊奈町バラ園 | トップページ | 花之江の郷2 »

2007年5月16日 (水)

黒羽町大雄寺(だいおうじ)1

4月12日に栃木県大田原市黒羽町(くろばねまち)の大雄寺へ行ってきました。牡丹で有名なお寺で、13日は尺八と琴の演奏会が本殿前の牡丹園で行われることになっていました。12日は朝8時過ぎにお寺の境内に着きましたが1時間半ほど写真を撮っている間、誰も訪れて来ませんでした。静かで良い時間を過ごすことが出来ました。

大雄寺は黒羽城址の隣にあり、黒羽城主大関氏の菩提寺です。大関氏は武蔵七党の児玉党の出と言われていて、地頭として下野の国へ下ったと言われています。大関氏は那須氏(那須与一の子孫)の重臣として那須氏の本拠であった烏山城へ詰めていたり、那須氏に対して反乱を起こして佐竹氏や大田原氏と組んで那須氏と戦ったり戦国時代は激しい動きをした一族です。豊臣秀吉の小田原攻めでは、いち早く参陣し、本領を安堵されました。かたや那須氏は参陣が遅れたため領地を召し上げられてしまいました。その後徳川氏に随身し上杉征伐では上杉氏の押さえとして黒羽城に在城しました。その後は一度も国替えが無く、明治維新まで19代続きました。関東の外様大名では大田原氏と大関氏だけが明治維新まで国替えされることがなく続きました。

話は脱線しますが、武蔵七党とは実際は明確に七党ではなく、もっと党派がありました。そもそも平家と源氏と藤原氏の3系統から武蔵国の役人として都から下って来た役人が土着し、それぞれ地名を苗字として名乗りました。彼らは都の本家と密接に関係し武蔵国の大族として栄えました。この3系統に入らない武蔵国生え抜きの武装開拓農民が武蔵七党です。関東地方は圧倒的に平家が多く、源頼朝の旗揚げには関東の大族である平家の頼朝側への参戦で成功することができました。頼朝は何時、平家の秩父氏や千葉氏が裏切るか心配だったでしょうね。だから鎌倉から動けなかったのかも知れませんね!

話が違いますが黒羽町は市町村合併で大田原市になっていました。知りませんでした。何か情緒が無くなってしまいますね。

Imgp7594 Imgp7596 Imgp7601 Imgp7618 E5120364 E5120365 E5120369 E5120372 E5120374 E5120380 E5120383 E5120387 E5120390 E5120391 E5120392

E5120399_1 E5120402 E5120409 E5120413 E5120414

E5120415 E5120419 E5120421 E5120426 E5120428 E5120432 E5120434 E5120436 E5120438 E5120443 E5120444

E5120451_1 E5120452 E5120453

« 伊奈町バラ園 | トップページ | 花之江の郷2 »

コメント

お寺と牡丹というのは良い組み合わせですね
どの写真のいいなぁ
ところで市町村合併でかなり名称が変わってしまいました。
私のところでも妻沼町、大里町、江南町はなくなりましたし・・・

行政サービスの効率等を考えての合併でしょうがなんか風情がなくなってきました。

しーたけさん、こんにちは。
お寺と牡丹の組合わせはいいですね。大雄寺は屋根が瓦ではなく、萱葺きなので本当にいいです。
市町村合併は行政サービスの効率化と言うのは嘘です。公務員の給料は高い方に、行政サービスは悪い方にあわせるのが市町村合併の基本です。地方公務員は首切りはできません。新規採用を減らす程度ですが新規採用を止めれば、そのつけは後で市民町民村民へ行政サービスの低下としてかかってきます。議員の定数を減らす程度ならば合併などしないで手作りの行政改革を個別にしたほうが効率は良いのです。国民は、いまだに自民党と小泉と中央官僚に騙されているのです。

う~~ん、理系ですので歴史とか詳しくないんです(笑)
でもお寺と牡丹の組み合わせは本当いいですよね!(^o^)

ボタンいろいろな種類ありますね
アップの写真すばらしいです
今平成の大合併で範囲が広くわからないのが多くなりました

大輪の牡丹、素晴らしいですね。
本当にお寺に牡丹は良く合います。
上野に始まって今年も牡丹をたくさん撮りましたね。
シゲさんに楽しませていただいております。

我が家の牡丹、そろそろ咲きだすかしら?
明日出かけて見ます。
そうそう、我が村も3町村合併でみなかみ町となりました。
水上温泉のイメージが強く猿ヶ京温泉真っ青です!

昨夜八重山より帰りました。

真中下から二番目の牡丹いいですね。

doroemonさん、おはようございます。
お寺とボタンの組み合わせは良いですね!境内の本殿前に、これだけの牡丹を植えているところはなかなかないと思います。

たなちゃんさん、おはようございます。
平成の大合併など、日本の情緒がますます無くなるように思えるのは年のせいでしょうか!

紅さん、おはようございます。
沖縄は大変でしたね!
牡丹はこれでお終いでしょう。これからはバラで行くつもりです!
水上町ですか!確かに猿ヶ京温泉はダメージでしょうね!水上町イコール水上温泉のイメージですね。紅さん、カメラ買わなくてはいけないかも知れませんね!修理がきくと良いのですが、それにしてもしばらくは不便ですね。

the-fujiさん、おはようございます。
牡丹は今年の撮り納めになりますね。大好きな花です。これからはバラです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/6414314

この記事へのトラックバック一覧です: 黒羽町大雄寺(だいおうじ)1:

» 豊臣秀吉 [いま人気のコトバとは?]
豊臣秀吉 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

« 伊奈町バラ園 | トップページ | 花之江の郷2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ