« 湯沢高原アルプの里2 | トップページ | 上三依水生植物園 »

2007年6月29日 (金)

所沢ゆり園2

6月24日の所沢のゆり園の続きです。やはり素晴らしい美しさですね。カラフルとでも言いましょうか!人の心にショックを与えるような鮮やかさです。しかし、私はやはり野に咲く可憐な百合が好きですね!6/26にアップした時の式子内親王のユリの歌のようなのが良いですね。あの歌で詠われているユリはササユリに違いないと思いま

万葉集から大伴坂上郎女の歌。

     夏の野の

   繁みに咲ける

     姫百合の

   知らえぬ恋は

   苦しきものぞ

拾遺愚草から藤原定家の歌。

     さゆり葉の

   しられぬ恋も

     あるものを

   身よりあまりて

   行く蛍かな

拾遺愚草は冷泉家時雨亭文庫に現存している藤原定家の自撰・自筆歌集です。中世以前の自撰・自筆歌集として現存する日本最古のもので、国宝指定されています。この歌は拾遺愚草の1330番目の夏歌です。他にもユリの歌が少々あります。冷泉家は藤原定家の孫冷泉為相(ためすけ)を初代とする家で和歌の家としての格式を保ち現在まで至りました。冷泉家時雨亭文庫は1980年まで門外不出の文庫で、一部研究者に知られているだけでした。現在はまだ一般公開されていませんが徐々に研究成果が発表されています。

E6243852_1 E6243856_1 E6243873_1 E6243910 E6243914 E6243930 Imgp8972 Imgp8976 Imgp8977 Imgp8990 Imgp8994 Imgp9004 Imgp9009 Imgp9015 Imgp9032 Imgp9039 Imgp9055 Imgp9068 Imgp9074 Imgp9077 Imgp9078 Imgp9080 Imgp9086

« 湯沢高原アルプの里2 | トップページ | 上三依水生植物園 »

コメント

今日もユリがいっぱいですね!
カメラマンもいっぱい
なんだかわかる気がします

入場料もそこそこしますが来年はいってみようかな

しーたけさん、こんにちは。
今年はもう少し遅いかも知れませんね。来年も凄いユリの花を咲かせてくれるでしょう!

 素晴らしいユリですねぇぇぇぇぇ・・・!
これだけ咲いていると、香りが凄いんでしょうね!
 こんなにカラフルだとは思いませんでしたぁ ^-^*/
 これはこれで美しいですが、
私もササユリのような、野に咲く楚々とした1輪のユリに魅かれます・・・ ♪
   でも確かに圧巻でしょうねぇ

 アッ、HN.忘れていましたぁ・・・ごめんなさーい!

これでもかと圧倒される光景ですね
わたしもどちらかといえば 野に咲くユリが好きですね
今年はササユリだけしか撮れませんでした

こんばんは
 私が住んでいる街は、ニュータウン開発前まで
ササユリが群生していたそうです。
 今は山に登っても滅多に咲いていないそうです。
 ヤマユリも、鹿の子ユリもほとんど見られなくなりました・・・
 鬼百合も、アザミまでも・・・
 ニュータウンに住んでいる身としては複雑です・・・
 ササユリもヤマユリも庭に植えても、消えてしまいます・・・
 自然を壊すと回復が難しいことを実感しております・・・

右側下段雰囲気があって素晴らしいです。ポチ

百合の絨毯、シゲさんのブログで初めて拝見し
百合の持つイメージがくつがえされました。
圧倒されます。
百合と言うと野山にぽつんと咲く、あのイメージが好きです。
こうなると百合として見ないで、富良野の花の帯の様に見たほうがいいですね。
色とりどりの花の帯、壮観です。

大伴坂上郎女の歌はいいですね。
大友家のまとめ役として立派な片だったのでしょう。家持も信頼を寄せていたようですね。

昔の人のこういう歌に接すると、今の自分が潤いのない人間に思えてきます。

先日近くにホタルを見にゆき、久しぶりに和泉式部の歌を思い出しました、

  ものもえば
   沢のホタルもわがみより
  あくがれいずる
   魂かとぞみる

おはようございます。
色とりどりの百合が咲いているのですね。
こんなに色んな色があるのも知りませんでした。
でも、白百合が一番、好きだわ(笑)

おはようございます。
ご無沙汰しております。
ゆり園1も拝見しましたが、見事ですね。
こんな素晴らしい百合を見たのは初めてです。
ほんとにショックを受ける鮮やかさです。
またこんなに背丈があるとは、思いませんでした。

私もここ行きましたよ~
なんせ自宅から近いもので(笑)
作られたものとはいえ、起伏の激しさはそのままですから絵になりますよね~

hiziyさん、こんにちは。
百合の大群は圧倒されるほど凄いです。百合にこんなに種類があるとは私も知りませんでした。

k-masa77さん、こんにちは。
これだけ凄い百合を見たらしばらくは派手な百合はいりませんね!やはり百合に限りませんが野に咲く花は可愛いです。

ささゆりさん、こんにちは。
そうなんですね、私達が生活すること自体が自然破壊につながるのですね。難しいところです。

the-fujiさん、こんにちは。
右側下段はソフトの画像ですね。ソフトのかけ方が難しくて・・・・!フィールターではなくソフトレンズだったので絞りのかけ方次第で全く様相が変わってしまいます。

紅さん、こんにちは。
富良野の花の帯・・・・!確かに面白いですね。その通りだと思います。

mimiさん、こんにちは。
後拾遺集からですね!奇麗な歌ですね。この頃、和泉式部には男が訪れていなくて、貴船神社へ参拝した時にホタルを歌ったそうです。私は恋に悩むこんな和泉式部が良いと思います!

マロンさん、こんにちは。
私も白い山百合が好きです。山の斜面にそっと咲く白い百合の花・・・!

potobananasさん、こんにちは。
これでもかこれでもかって感じの百合園ですね。それはそれで素晴らしいですよ!

doroemonさん、こんにちは。
群生する花は起伏がないと映えませんね!ユネスコ村の頃は、ここは何だったのでしょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/6922612

この記事へのトラックバック一覧です: 所沢ゆり園2:

« 湯沢高原アルプの里2 | トップページ | 上三依水生植物園 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ