« 花之江の郷1 | トップページ | 伊豆高原 »

2007年7月 7日 (土)

行田市古代蓮の里1

今日は七夕ですね。本来は旧暦の7月7日の行事を新暦7月7日に行うのは少々問題があるのかもしれません。新暦の晴天確率は30%、旧暦では47%だそうです。旧暦の7月7日はほとんどが立秋以降になるので七夕は秋の季語です。また旧暦7日は上弦の月となり天の川を渡る舟に見立てるようです。日本での七夕は地方によって新暦・旧暦・新暦の一月遅れの3通りがあるようです。我が家の近所は新暦です。

6月5日に埼玉県行田市の古代蓮の里へ行って来ました。現地に着くのが9時近くなってしまいましたが蓮の花は綺麗でした。蓮の花の寿命は4日間です。早朝花が開き昼前には蕾んでしまいます。行田の古代蓮は大賀蓮とは違うのでしょうか?大賀蓮のほうが古そうですね。大賀蓮は同時に発掘された遺物から約2000年前と言われています。行田の古代蓮は1390年前±65年との研究結果が発表されています。行田の古代蓮は昭和46年にゴミ焼却施設の造成工事で地下に眠っていた蓮の種が自然に発芽しました。昭和48年に造成工事で出来た池に蓮の葉が浮かび大騒ぎになったそうです。古代蓮は行田蓮と呼ばれ、上品な濃いピンクの花で大型です。色は素晴らしい自然の色です。

古今集の秋歌上から紀友則の歌。

     天の川

   浅瀬しら波

     たどりつつ

   渡りはてねば

   明けぞしにける

(意)天の川の浅瀬を知らないで、白波をたどりながら渡り切らないでいると、夜が明けてしまった。

「白波」と「知らな」とは掛け言葉。彦星が織女のいる対岸に渡る浅瀬を知らなくて、探しているうちに夜が明けてしまったと解釈するのか、あるいは逢えても思いが充ち足りないうちに夜が明けて別れなければならないことを歌ったとの説もあるようです。

もう一つ古今集秋歌上から読み人知らず。

     恋ひ恋ひて

   逢ふ夜はこよひ

     天の川

   霧たちわたり

   あけずもあらなむ

(意)1年中恋い慕ってやっと今夜逢えるのだ。霧よ、天の川にいっぱいに立ちこめて今夜が永遠に明けないようにしてほしい。

T7050300 T7050306 T7050310 T7050311 T7050316 T7050319 T7050323 T7050328 T7050344 T7050347 T7050350 T7050353  T7050371 T7050373 T7050375

T7050376

T7050378 T7050383 T7050391T7050395 T7050403 T7050409 T7050422

« 花之江の郷1 | トップページ | 伊豆高原 »

コメント

おはようございます。
今日七夕って忘れてました。何やってるんだろ。
行田に行かれたんですね。もうわたしが行ってから
2週間以上経つけど、いったいいつが最盛期なんでしょう。
ひょっとして今日だったりして^^

今日は1日雨降り。
天の川は見えそうにありません。
シゲさんのほうでは、蓮根とか蓮田とかの地名が残っているようですね。
睡蓮もいいのですが、私は蓮田の神亀という酒が好きですw

おはようございます。
ここは有名ですね。そういう経緯があったとは知りませんでした。
開いてるのも綺麗ですが、丸くなってるのも素敵ですね。
蜂、ナイスタイミングです。

花さん、こんにちは。
多分明日までが最盛期だと思います。広いですから最盛期を過ぎても何処かで綺麗に咲いていますよ!今朝、古河総合公園の蓮池へ行って来ました。明日からが一番かも知れません。蕾が沢山ありました。古河総合公園は大賀蓮で行田蓮とは違います。今日、大賀蓮と行田蓮の違いに気が付きました。大賀蓮は白っぽいピンクで花弁の先が少し濃いピンクです、行田蓮は少々濃いピンクで少し大賀蓮より大型です。

和三郎さん、こんにちは。
こちらは曇りです。今夜もダメなようです。
埼玉県は利根川が度々流れを変えたのであちらこちらに湿地が残りました。関東郡代の伊奈忠次の利根川と荒川の付け替えで流れが定まり耕作面積が飛躍的に増加しました。蓮田あたりも昔は蓮の花が咲き乱れていたのでしょうが、湿地が新田開発され米どころになりました。
蓮田の亀神は有名ですね。確かに美味しいお酒です。昔は、地元に少々安い値段で発売されていて、ほとんどが上方へ輸出されて伏見や灘でブレンドされて出荷されていました。地酒ブームで息を吹き返したのでしょう。埼玉県内の造り酒屋はスケールが小さいですが美味しいお酒がありますよ。私は帝松や秩父錦が好きでした。最近味が落ちたそうですが!

photobananasさん、こんにちは。
やはり蓮の花は綺麗ですね!逆光の花を狙うのですがなかなか良い形や色のタイミングが合いません。

あ~~、蓮の花が撮りた~~い!!!
行田の蓮田、有名ですよね。
フットワークの良いシゲさん、さすがすぐに出かけましたね!
何時も十日町の弁天沼に大賀バスを撮りに行ってましたが、矢張り時間の問題がありますね。
早朝到着出来ませんから・・・。
今年はシゲさんのギョウダバスで楽しませていただきます。

 こんにちは。
なるほど~旧暦、新暦のお話は勉強になりました^^
蓮の花、、、どの写真もお見事です。 ここ何年か蓮の花は撮りに行ってないのですが、、、撮りに行きたくなりました^^

紅さん、こんにちは。
蓮の花は時間が勝負です。昼過ぎていても少しは咲いているものですが、やはり数が少なすぎます。今朝も行田の古代蓮の里は大混雑だったようです。途中で出会ったカメラマンたちが話していました。やはりNHKで放送すると人出が凄くなりますね。

源之助さん、こんにちは。
旧暦と新暦で約1ヶ月近く違います。旧暦での行事を新暦でそのまま当てはめるのは無理がありますね!蓮の花は綺麗ですよ!特に行田蓮がお勧めです。埼玉県内は行田蓮が多いようです。

ビックリ!埼玉でこんな場所があるんですね~~
調べてみたら今が最盛期のようですね!
月曜日にでも行ってこようと思います。
教えていただいてありがとうございます(^_^)/

doroemonさん、こんにちは。
朝早く行ってください。早朝は綺麗ですよ!10時頃までは大丈夫ですよ。売店で行田の漬物を売ってると思います。行田は漬物でも有名です。

一年にたった一度の織姫と彦星の逢引(古いか?)ですから、そっとしてあげようと天の神様の思し召しかも・・・
東京も夕方になって晴れましたから、もしかしてデートシーンが見られる?

それはともかく、とうとう今年は古代蓮も見に行けずでした。
今からでも間に合うかも知れませんが、ちょっと気力が・・・
どうも最近はお疲れモードです(涙)

すごーい!
これだけ写真をUPされると圧倒されます!
めちゃくちゃ綺麗だなぁ!

僕も今年初"蓮の花"を撮りましたが・・・撃沈。
出直します・・・orz

ZEISSさん、こんばんは。
浦和は曇っています。今夜は天の川は見えそうもありません。
私も最近はお疲れモードです。季節がらしかたがないのでしょうね。頑張らなくては!

raukeさん、こんばんは。
ありがとうございます。
raukeさんも綺麗に蓮を撮ったじゃないですか!

シゲさ~~~ん!!!

わぁ~~~~~
素敵素敵!!!
ピンクの世界一色なのに
ちっとも飽きずに見れました!!!
不思議な魅力ですね~~
この花は 本当にすごい歴史を感じます!!
人がたくさん入ってるフォトが
すごくうれしかったです!!
どうしてって・・・
私 この花見たこと無いのです
ブログであちこちで アップでみせてもらってるだけで・・・
こんなに 大きいこと わかりませんでした~~~
すごい感動しました!!!

シゲさん

ありがとうございました

こんばんは。
行田の蓮。ここもすっかり有名になったようですね。多くの方が写真を撮られている姿からも人気の高さを知りますね。
やはり私はこの濃いピンクに心奪われます。今シーズンは一度も撮っていないので、そろそろ撮らないと。

こんばんは(^^)
やっぱり人多いですねぇ。。
今日桔梗で有名なお寺に行ったんですが、同じようにカメラを抱えた方で一杯でした。。(^^;

今年は開花が早かったので、見頃も早いですね~。
まだ台風が来ていないので葉っぱも綺麗で写真を撮るには最高の頃ですよね!

しかし人がイッパイです・・・

vertさん、おはようございます。
いま関東では蓮の花が最盛期です。これだけ数が揃っているのは珍しいと思います。行田の古代蓮は本当に綺麗です。昨日、古河総合公園の大賀蓮を撮って来ました。近々アップしますが大賀蓮も綺麗です。埼玉県の羽生市の羽生水郷公園のホテイアオイが咲き出していました。奇麗でしたよ。

さんぽみちさん、おはようございます。
行田の古代蓮の里もすっかり有名になり、整備も進んでいます。これだけの人を呼べるのですから大したものだと思います。しかし、NHKで放映するとドット人が押し掛けるのは凄い現象です。

ひろさん、おはようございます。
京都は桔梗ですか!上品でいいですね。蓮は上品と言うより目にフレッシュでフラッシュです。

maeteruさん、おはようございます。
今年は早いですね!色も綺麗です。人が多すぎますね。今日あたりはメチャ混みの大混雑でしょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/7049496

この記事へのトラックバック一覧です: 行田市古代蓮の里1:

« 花之江の郷1 | トップページ | 伊豆高原 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ