« 妙高山から飯山市富蔵 | トップページ | オリンパスE-510 花の都公園~西伊豆~天神原植物園 »

2007年7月 3日 (火)

太平山のアジサイ2

6月19日の栃木県太平山のアジサイの続きです。

藤原定家の拾遺愚草からアジサイの歌。

     あぢさゐの

   下葉にすだく

     蛍をば

   四ひらの数の

   添ふかとぞ見る

(意)日も暮れてアジサイの花も夕闇に沈んで行く。ホタルがアジサイの下葉に集まってくるとアジサイの花(ガクアジサイのガク片は4枚)が増えたように見える。

不思議な事にアジサイは平安時代ではあまり歌に詠われていません。理由は分らないのです。アジサイの葉っぱを大昔はトイレの落とし紙に使ったとの説もあります。平安時代の事典(新撰字鏡)に和製漢字でアジサイを「草かんむりに便」と記されているのが根拠とも言われています。

アジサイは日本固有の植物でガクアジサイです。アジサイを紫陽花と書くのは間違えて紫陽花としたらしいです。もともと中国の唐時代の詩人白居易(白楽天)の漢詩の中で紫陽花詩の詞書で「花の名前は誰も知らない紫で芳香がある花」とあるのを平安時代の辞書「和名類聚抄」の作者「源順」が誤訳したとの説があります。良く分りません。意図的に誤訳したのかも知れません。あまりにもピタリとした誤訳です。私は意図的に誤訳したのではないかと思います。ちなみに現代中国の研究でも白居易の「紫陽花」は何の花か未だに分りません。

しかし、紫陽花→よ(四)ひらの花→宵と連想するとは、昔の日本人の感性の豊かさにはビックリさせられますね!

E6193614 E6193619 E6193620 E6193621 E6193626

E6193628 E6193629 E6193632 E6193637 E6193645 E6193648 E6193649 E6193657 E6193660 E6193667 E6193663

E6193669 E6193670 E6193676 E6193685 E6193694 E6193699 E6193702 E6193706 E6193710 E6193711 E6193716 E6193718 E6193721

« 妙高山から飯山市富蔵 | トップページ | オリンパスE-510 花の都公園~西伊豆~天神原植物園 »

コメント

ヒダリ4番目自然の中の情景ある部分を切り取りましたね。

おはようございます(^^)
うわぁ〜たくさんの紫陽花、素敵ですね☆
今年は、ご近所様の紫陽花ショットしか見ていなかったので
とても素敵な光景を見させていただきました(*^^*)
ありがとうございます(^_-)

the-fujiさん、こんにちは。
この画像の上にもアジサイが咲いていました。全部入れると纏まりがなくなるので!

chocorinさん、こんにちは。
今年は雨が少なかったためかアジサイの寿命が短いようでした。色もイマイチでした。

シゲさん こんにちは
紫陽花って 本当に情緒がありますね
そして神社仏閣に とても似合っていて。。。。
この花をみると 日本人の感性って素敵だなぁと思います

そんな歴史があったのですね
なるほどですね。
4ひらの花びら・・・
しみじみ見ることの無かった今まで・・・
でもカメラ持つようになって 本当に自然の美しさに
四季の変化に感動します

紫陽花 たくさんの顔を見せていただきました
ありがとうございました
こちらは まだ咲いていません。
つぼみです~~

vertさん、こんばんは。
ヘェ~!、そちらは紫陽花はまだなのですか!このあたりは少し色が悪くなっています。例年はもう少し綺麗なのですが!雨不足のせいでしょうか?

大平山だ!!
近いです。
6月19日の撮影ですか。
しっとりと落ち着いてすごくいい感じですね。
今年は紫陽花撮らずに終わってしまいました。
残念。
シゲさんのところで太平山の紫陽花にあえてよかったです。

hikariさん、こんばんは。
太平山はアジサイも良いのですがツツジや紅葉が素晴らしいですね!桜も良いです!

今晩は♪
1枚目の写真、だ~い好きです♪
ひっそりと・・でも、爽やかでそして、優しくて
見ていてホッとできるような雰囲気がとても気に入りました。

マロンさん、おはようございます。
ありがとうございます。私も自然の中の紫陽花は好きです。緑をバックにした花は引き立ちますね。私はこの写真のような紫陽花の色が好きです。

今日は初めまして、たんぽぽです。
素晴らしい風景やお花の写真拝見しました。
出来ましたらソッレゾレのお名前がついていましたらと思ったりしました。

たんぽぽさん、こんにちは。
確かに仰る通りなのですが、花の名前は苦手なのです。それとココログは一枚一枚の写真のコメントを付けるのが苦手なブログのようです。つまり画面のデザインがやり難いのです。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/6860436

この記事へのトラックバック一覧です: 太平山のアジサイ2:

» インターネットビジネスはまだ稼げます! [インターネットビジネス実践会]
あなたも流行の情報起業をしてみませんか?初期投資ゼロ!副業可能!たくさんの主婦、サラリーマン、学生が不労所得を獲得しています。月収10万程度ならほんとうに誰もが簡単に実現可能です。今ならA4サイズ30枚のレポートを無料進呈中!... [続きを読む]

« 妙高山から飯山市富蔵 | トップページ | オリンパスE-510 花の都公園~西伊豆~天神原植物園 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ