« 北鎌倉2 東慶寺 | トップページ | 7月のさいたま市内1 »

2007年7月30日 (月)

花之江の郷3

7月22日の花之江の郷の3回目です。

蝉の抜け殻がヤブミョウガにくっ付いていました。

源氏物語の空蝉の帖から

     空蝉の

   羽におく露の

     木がくれて

   しのびしのびに

   ぬるる袖かな

(意)蝉の抜け殻のような薄衣だけを残して姿を隠してしまいましたが人目を忍んで袖を濡らしています。

これは空蝉が義理の娘「軒端荻(のきばのおぎ)」と部屋で寝ていると突然光源氏が部屋に入って来た(夜這い)ので、空蝉は薄衣を残して部屋を逃げ出した。光源氏は暗闇の中で軒端荻を空蝉と思って抱いてみたが・・・違うことに気付くがもう止まらない!そのまま抱いて契ってしまう。翌朝、光源氏は軒端荻のもとから帰る時に空蝉の脱ぎ捨てた薄衣(蝉の抜け殻)を持って帰り、光源氏は空蝉に文を出す(空蝉の身をかへてける木のもとになほひとがらのなつかしきかな)。それを読んで空蝉は文の端に書き付けた歌が上の歌です。光源氏は何か良く分らない男ですね。男の理想形とも言えますが!この時に前夜抱いた軒端荻には後朝の歌を贈っていないようです。そもそも昔は・・・男「今夜行くよ!」女「今夜誰も来ないから空いているから良いよ!」・・・の世界だと思っていましたが夜這いとはね!

E-510

T7221663 T7221666 T7221670 T7221675 T7221679 T7221688 T7221689 T7221693 T7221694 T7221696 T7221703 T7221704 T7221707 T7221709 T7221720 T7221723 T7221724 T7221726 T7221729 T7221730 T7221731 T7221733 T7221734

T7221738T7221750 T7221758 T7221760 T7221767

« 北鎌倉2 東慶寺 | トップページ | 7月のさいたま市内1 »

コメント

こんにちは!
今日はなぜかクリックしてもほとんど見れませんでした!
残念です(><;)

夜這いの歴史って長そうですね。
その夜這いですらお互い日時を確かめ合ってから
忍びこむものだとばかり・・
こういうのって三者三様に辛いですよね。
一番罪なのはもちろん源氏の君でしょうけど・・

マロンさん、こんばんは。
申し訳ないですがココログは最近オカシイのです!
夜這いは古代以前からあったのでしょうね。そもそも日本は昔から女系家族で通い婚でしたから、男は幾らでも変わりのきく道具だったのかも知れません。それこそ「今夜は先口が部屋に来るから明日ならOKよ!」てな感じだったのでしょうね。今も昔も選択権は女性が握っていたのでしょうね!

こんばんは。
上段の3枚はソフトをかけているのでしょうか。柔らかい光になっていますね。
花之江の郷には最近行っていません。カタクリ以来行っていないな〜。

さんぽみちさん、こんばんは。
ソフトフィールターを使いました。少し面白く写せるようになりました。結構、デジカメとソフトフィールターの相性は難しいですね。これからはレンゲショウマが沢山咲きますよ!

レンゲショウマが咲き出したのですね。
我が家でも可愛い蕾を沢山付けていました。
今週末撮って来ます。

夜這いって男性に都合のいい様に出来て
いるのですね。

雨なので予定を早めて帰って来ました。
何処にも出かけられませんし・・・。

紅さん、おはようございます。
今年の天気は安定しませんね。今週末は天気になると良いのですが!
夜這いは女性の同意がなければ女性側の親兄弟や近所の若衆達に待ち伏せされて袋叩きにされたそうです。やはり決定権は女性です。もしも複数の男性と短期間に関係を持ち妊娠して父親が不明の場合は子供の父親を決めるのは女性で、男性側は異議をはさめませんでした。そもそも古代の歌垣は歌を歌い合って相手を決め、夜這いする手続きの第一歩で、この時に夜の打ち合わせをしたのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118343/7271604

この記事へのトラックバック一覧です: 花之江の郷3:

« 北鎌倉2 東慶寺 | トップページ | 7月のさいたま市内1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ